障がい者の活躍を
支援する取り組み

障がい者の活躍を
支援する取り組み

障害のある人々の能力の最大化を重視し、積極的な採用を行っています。

障害のある人々の能力の最大化を重視し、積極的な採用を行っています。

概要

日本IBMでは、「働く環境の整備」や「多様な働き方への許容」を徹底することで、社員の個々の事情への配慮を実現し、障害を制約とせず働けるよう、積極的に取り組んでいます。

また、アクセシビリティ研究・開発、インターンシッププログラム「Access Blue」の提供、代表取締役社長山口明夫が代表理事を務める一般社団法人ACEなどの活動を通じ、多様なニーズを持つ障がい者の社会参加をサポートしています。

受賞

「Access Blue」が第7回日本HRチャレンジ大賞(2018年実施)人材育成部門優秀賞を受賞。

主な取り組み

ノーマライゼーションの施策

障害のある社員が制約なく業務に従事できるよう、労働環境や支援制度の整備に力を入れ、個々の事情への柔軟な配慮を実現しています。

多様な働き方制度

障害を不利としないために、就業規則に含まれる時間的・空間的に柔軟な勤務形態を活用できるものとし、赴任の判定には独自の算定基準を用います。

災害避難行動支援制度

入社・異動・新規障害登録のタイミングで「障害のある社員のための緊急避難安全チェックリスト」を詳細に作成し、緊急時の避難に備えます。

職場環境整備の実施

情報情報保障ツールの貸与、自家用車・事業所駐車場の利用許可、事業所バリアフリー整備等、身体の障害で不利が生じないよう環境を整えています。

BUILDING ACCOMMODATION ASSESSMENT TOUR(BAAT)

障害のある社員が安全に勤務できるよう事業所内をツアー(チェック) し、問題があれば改善する取り組みです。入社時や事業所異動の際、必要に応じ実施します。

就労機会の提供と就労支援

障がい者向けインターンシップ・プログラム
Access Blue

時代のニーズに応えるカリキュラムを通じ、就職観形成とスキル修得ができる、日本では珍しい長期のインターンシップ・プログラムです。

新しい障がい者雇用のモデル
Business Concierge Service

各個人の事情に合わせた働き方を受容し、強みを引き出すことで統合的な労働力を創生し、会社の成長に貢献することを目指す一般事務を担う組織です。

※2021年の日本IBM障がい者採用は終了しました。

マッサージルーム

主に視覚障害のあるヘルスキーパー(マッサージ師)が施術することで、従業員が心身のリフレッシュをする施設です。

一般社団法人企業アクセシビリティ・コンソーシアム

日本IBMの「アクセシビリティ・フォーラム」を起源とした新たな障がい者雇用モデルの確立を目指す有志団体を前身とする社団法人です。

障がい者向けインターンシップ・プログラム
「Access Blue Program 2022」のご案内

ニューノーマルの新しい働き方を体験しながら、様々なビジネス・ITスキルを学べ、自分のキャリア形成についてじっくりと考察する機会を得られます。

日本IBMでは、次世代の障がい者の支援策として、働きながらITやビジネスの実践的なスキルを身につけられるインターンシップ、 Access Blue Program (以下、「Access Blue」) を実施しています。 Access Blueは、社会人に求められるビジネスマナー、コミュニケーションスキル、基礎的なプログラミング知識のほか、クラウドやAI、量子コンピューターといった最新のテクノロジーに触れられる日本では珍しい長期のプログラムです。多様な人材がチャレンジできるように、インターンシップ期間中は、参加者の障害特性に応じた配慮や情報保障も提供されます。

2014年のパイロット実施から8年間の間に、延べ205名の身体、精神・発達などさまざまな障害のある若者が参加しました。個人スキルに加え、グループ活動とプロジェクトを通じてチームワークやリーダーシップ、プロフェッショナルとしての行動原則を学ぶことで、その後の学業生活や就職活動に役立てています。新型コロナウイルスの感染が拡大した2020年以降は、ITツールをフル活用した完全オンライン・インターンシップとなりましたが、例年同様の充実したカリキュラムを実施しました(参考記事:Mugendai 『障がいがある学生の可能性を広げるインターンシップ』)。オンラインになったことで、首都圏以外の学生もより参加しやすくなり、年々そうした参加者が増えています。2022年プログラムも基本的にオンラインで実施の予定です。

IT企業のインターンシップというと、理工系学生でなければカリキュラムについていく事が難しいのではないかと思われるかもしれませんが、Access Blueの参加者の半数以上は文系の学生です。IBMにもコンサルタントや営業など多様な職種があり、様々なバックグランドの社員が活躍しています。Access Blueの修了生の多くも、プログラムでの経験を踏まえ、IBMを含むIT企業の専門職に就職していきました。一方で、プログラミングを含む開発スキルを高めたい、ITプロジェクトの実行能力を磨きたいといった経験者には、追加でさらに実践的なカリキュラムにチャレンジしていただくことが可能です。

自分がどのような職業に向いているのかがよくわからない、企業での就業体験を通じて自らの強みや障害特性をより深く理解したい、新しい知識や経験を得ることで選択肢を増やしたいという方は、大学の専攻に関係なく当プログラムにチャレンジいただけます。カリキュラムの中では、様々な職種で活躍する現役のIBM社員から業務紹介やアドバイスなどを得ることができます。また、自分と同じ障害のある先輩社員から、企業で能力を発揮するために日々どのような工夫や努力を行っているのか、直接話を聴いて学んでいただける貴重な機会となります。

またIBMは、障害のある社員の活躍モデルを業界・業種を越えてお客様企業とともに作り上げることを目指す、一般社団法人企業アクセシビリティ・コンソーシアム(通称ACE)という活動も行っています。Access Blueのカリキュラムでは、このACEで開催している夏のインターンシップの学生との合同セッションなど、より幅広い体験を積んでもらう場も設けており、参加者が就労に向けてより具体的なビジョンや職業観を形成する支援をします。

カリキュラムの内容は、最新のビジネス・技術動向などを踏まえ、毎年更新されています。個別のスキル・トピックに加えて、ユーザー体験を起点として有効なソリューションを導き出すビジネス手法のデザイン・シンキングや、日常使用する製品やサービスのサプライ・チェーンから業界全体を俯瞰的に理解する分析アプローチ、アンコンシャス・バイアスの存在を理解した上で適切な意思決定を行うためのマインドづくりなど、ビジネス全般にわたって有用な基盤となる知識を、ワークショップ形式で学習します。また、複数回行われるキャリア・デザイン・ワークショップを通じて、今後のAI社会で必要となる職業能力や価値創造について、考察を深めます。Access Blueの包括的なカリキュラムに主体的に取組むことで、就労に向けた総合的な準備を進めることができます。

*掲載写真は2019年以前にクラスルームで、レクチャーおよびデザイン・シンキングのセッションを実施した際の様子。新型コロナウイルスの感染状況により、内容は変更になる可能性があります。


Access Blueの3つの特徴

  • 学業、就職活動との両立を可能とする在宅勤務(テレワーク)を活用した柔軟なプログラム
  • ビジネス基礎から最新テクノロジーまで幅広いトピックを学習できるカリキュラム
  • 長期のプログラムでじっくり学び、体験し、自己理解を深めることで、企業で働く自信が身につく

ビジネス・カリキュラム

  • コミュニケーション、コラボレーション、リーダーシップ・スキルの習得
  • 様々な課題分析、ソリューション構築の方法論の演習
  • 仮想提案プロジェクトを通じたお客様価値創造の体験
  • 実際の業務部門における就業体験(OJT)

ITカリキュラム

  • プログラミング、Web開発などの基礎スキル習得
  • クラウドやAI、データサイエンスに関する基礎知識学習と使用体験
  • 技術理事をはじめとする最先端の技術者による特別講義
  • チームでのアプリ開発プロジェクト

参加者の声

Access Blueはあなたにとって、どんなプログラムでしたか? という質問への回答

(人間総合科学研究科。体幹機能障害)

(法学部。聴覚障害)

(文学部。発達障害)

(工学部。車椅子)

(教養学部。発達障害)

(工学部。発達障害)

(文学部。車椅子)

(政治経済学部。発達障害)

(学芸学部。精神障害)

(法学部。視覚障害)

(経済学部。視覚障害)

説明会のご案内、申し込み方法

Access Blueはインターンシップと皆さんの学業や就職活動との両立を第一に考えて設計されています。参加者の皆さんの大学履修スケジュールや就職活動の状況に応じて勤務日の調整を個別に行うほか、新しい時代の多様な働き方を推進する企業として、テレワークを前提とした業務成果の創出とお客様価値の創造について学べる場を提供します。学業とインターンシップとの両立が可能か、不安に感じていらっしゃる方は、ぜひお気軽にご相談ください。

来年度プログラムの募集期間にあわせて、説明会を下記のとおり開催する予定です。
Access Blueについてもっと詳しく知りたい方は、まずはぜひ説明会にご参加ください。

日本IBM 「Access Blue Program 2022」 オンライン説明会のご案内

開催日:

  • 第1回:2021年12月7日(火曜日) * 終了しました * 
  • 第2回:2021年12月21日(火曜日) * 終了しました *
  • 第3回:2022年1月7日(金曜日) 15:00~17:00頃予定(前半:プログラム説明 / 後半:個別相談会)

内容:2022年度プログラムとカリキュラムの概要、過去の参加生の体験談、Q&A
開催場所:Webexによるオンライン開催(URLは申込み後にお送りします)

説明会への申込み方法

下記必要事項を記載の上、にてお申し込みください。お申し込みの方には開催情報を別途メールでお送りします。

メールに含めていただく内容:

メールタイトル: Access Blue 2022 説明会申込み

  1. 氏名(よみがな)
  2. 大学名・専攻・学年または卒業年度
  3. 参加希望説明会の日程 (例. ①12/7 ② 12/21 )
  4. ご年齢
  5. お住まいの地域(都道府県名のみ)
  6. 障害の種別や必要な配慮について(なるべく詳しくご記載ください)

説明会申込み用メール宛先:

インターンシップ募集要項および関連書類

実施期間

2022年3月1日(火曜日) ~ 9月末:約7カ月間

※予定は変更される場合があります。
*新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、原則オンラインで実施を予定していますが、状況が改善すれば部分的な出社も検討します。

応募条件

以下の条件を満たす方で、インターンシップを通じて何かを学びたいという強い熱意のある方

  • 大学・大学院に在学中、もしくは2017年以降に卒業された方
  • 障害者手帳をお持ちの方
  • 原則、介助者なしでプログラムへの参加が可能な方(情報保障は弊社で用意します)
  • 会社のガイドや研修内容を踏まえて、PCを使って作業を行うことが可能な方

募集人数

40名程度

実施場所

オンライン、ただし、出社が必要な場合は、日本IBM 箱崎本社(東京都中央区日本橋箱崎町19-21)

待遇 ほか

  • 勤務時間:10時 ~ 17時(休憩1時間)
    ※ 日中に授業がある場合には、朝夕などの空き時間を活用し、最低4時間程度の業務を実施
  • 日給:6316円(出社の場合は、交通費は別途、実費を支給)
  • 保険の申し込み:弊社臨時雇用契約に基づき、労働保険に加入

募集スケジュール

2021年11月8日から 2022年1月14日正午(必着)

アクセシビリティ研究・開発

IBM東京基礎研究所は、「誰一人取り残されない」共生社会の実現のため、先進的なアクセシビリティ技術の研究開発を長年行ってきました。最新のテーマである「AIスーツケース」の社会実装に向け、複数の企業・団体との共創に取り組んでいます。