障がいのある社員や人々への取り組み

障がいのある人々の能力の最大化を重視し、積極的な採用を行っています。

障がいのある社員や人々への取り組み

障がいのある人々の能力の最大化を重視し、積極的な採用を行っています。

日本IBMでは1950年代初頭より障がいのある社員が働いており、今もさまざまな部署で勤務しています。募集する職種の仕事が遂行できれば、障がいの種類や程度に関係なく、採用の機会は均等であり、採用後の処遇も同一ルールによります。IBMでは現在、柔軟な働き方を推進しており、日本IBMでもフレックス・タイム、短時間勤務、在宅勤務などの制度を導入し、障がいの状況に応じて働き方を選択できるようにしています。

ソフト面では、全社60数部門ごとにバリアフリー・コーディネーターが任命されており、オフィス環境、仕事や将来のキャリアなどについて、いつでも本人や所属長が相談できる支援体制を整えています。一方、ハード面については、必要とされる就労環境の改善を常時行っています。2000年にはビルディング・アコモデーション・アセスメント・チームを発足させ、障がいのある社員の入社、転属に伴い、施設を点検するチームを結成しました。施設や総務、人事、安全衛生のスタッフと所属長および本人が配属先の事業所を巡回し、働く場・生活する場として適切であるかをチェックし、工夫を凝らして改善に努めています。

障がいのある人々への取り組み

IBMでは障がいをもつ人々にとっても使いやすいよう製品をデザインしています。

情報アクセシビリティーの向上

視覚情報や音声情報へのアクセスが困難な方をサポートする技術の研究開発やソフトウェアの提供を行っています。

1988年に社会貢献事業として「IBMてんやく広場」を開設し、2000年までの13年間、点訳ソフトの開発や提供などを行い、全国に点訳ネットワークを拡げました。この事業により、日本の視覚障がい者を取り巻く情報環境が大きく向上しました。また、1997年にはIBMフェローであり、視覚障がい者でもある浅川智恵子が「IBMホームページ・リーダー」を開発しました。世界11カ国語に翻訳され、世界中の視覚障がい者がウェブにアクセスできるようになりました。現在は、クラウド・ソーシングで複数のボランティアが同時に校正を行い効率的に電子書籍を作成できるシステムの研究開発に取り組んでいます。

今後も、視覚や聴覚に障害を持つ人をはじめ、あらゆる人の情報アクセスを実現するために研究開発を続けてまいります。

コグニティブ・アシスタント技術

IBMのコグニティブ・アシスタント技術は、新たな形での社会参加に貢献しています。

視覚障がいを持つ人を音声でナビゲーションするシステムは、周囲の状況の理解を助け、目的地まで安全に移動できるようサポートすることができます。また、IBM Watsonの音声認識機能を用いて音声を文字に書き起こすシステムは、聴覚障がいを持つ人に会議の内容をリアルタイムに伝え、他の参加者と一緒に会議に参加するのをサポートします。

今後も、IBMの最先端の技術により、多様なニーズを持つ人が社会に参加できるよう研究開発に取り組んでまいります。

アクセシビリティーへの取り組みについては、下記をご参照ください。

IBMのアクセシビリティへの取り組み

障がい者向けインターンシップ・プログラム「Access Blue Program 2018」のご案内

働きながらITスキルと英語、グローバル・リーダーシップを学んでいただけます

障がい者向けインターンシップ・プログラム「Access Blue Program 2018」のご案内

IBMでは次世代の障がい者の支援策として、働きながらITスキルや英語を習得し、 クラウドや人工知能IBM Watsonといった最新技術について学び触れられる、7ヶ月間のインターンシップ・プログラムを2015年から提供しています。当社の最前線の研究者や技術者が直接指導する他、技術者 や営業として活躍している当社の障害のある社員との交流の機会や、アクセシビリティー研究に携わるスタッフが参加者の障害に応じたサポートやツールの提供を行います。

当プログラムには、2014年のパイロット実施から今年まで延べ104名の精神や身体などさまざまな障害のある若者が参加し、技術の習得だけではなく、チームワークやリーダーシップを学び、その後の学業生活や就職活動に役立てています。

当プログラムは、 学業や就職活動と両立させることを第一の目的としており、春休みや夏休み期間以外は、在宅勤務という方法で業務を行えるようにカリキュラムを設計しています。対象者の皆様は奮ってご応募ください。

【Access Blueの3つの特徴】

  • 学業、就職活動との両立を可能とする在宅勤務(テレワーク)を活用した柔軟なプログラム
  • ビジネス基礎から最新テクノロジーまでを習得でき、新技術の実証実験に参加できるカリキュラム
  • 日本では珍しい長期のプログラムでじっくり学び、体験し、企業で働く自信が身につく

【ビジネス・カリキュラム】

  • コミュニケーションとコラボレーション・スキルの習得
  • 仮想提案プロジェクトを通じたお客様価値創造の体験
  • 異なる業界の複数企業との共同カリキュラム
  • 実際の業務部門におけるOn the Job Training (OJT)

【ITカリキュラム】

  • Javaの基礎知識とプログラミング・スキルの習得
  • クラウドベースのアプリ構築と開発コンテスト
  • 人工知能IBM Watsonの基礎理解と使用体験(ハンズオン)
  • 最新の各種IBM技術とアクセシビリティーの学習


Access Blue 2018 二次募集を開始します

実施期間

2018年6月1日(金曜日) ~ 9月末: ※予定は変更される場合があります
夏季休暇期間は弊社に出社いただき、それ以外の期間は在宅を中心とした業務になります

応募条件

以下の条件を満たす方で、インターンシップを通じて何かを学びたいという強い熱意を持っている方

  • 大学生、大学院生、卒業から5年以内
  • 障害者手帳をお持ちの方
  • 原則、介助者なしでプログラムへの参加が可能な方(情報保障は弊社で用意します)
  • プログラムの実施を行う事業所に通勤可能な方(宿泊施設のご用意はありません)
  • 会社のガイドや研修内容を踏まえて、PCを使って作業を行うことが可能な方
  • 参加前に個別面談を実施させて頂きます。

募集人数

10名程度

実施場所

  • 日本IBM本社(箱崎事業所) : 東京都中央区日本橋箱崎町19-21
  • 合同カリキュラムに参加する協力企業の事業拠点

(但し、カリキュラムにより、実施場所が変更になる場合があります。)

待遇 ほか

勤務時間: 10時 ~ 17時(休憩1時間)
※出勤がない日程の場合には最低4時間の自宅での作業
日給:5764円 交通費は別途、実費をお支払いします。
保険の申し込み: 弊社臨時雇用契約に基づき、労働保険に加入

募集スケジュール

2018年4月9日(月)から 2018年5月11日(金)(必着)


参加申込み

参加をご希望の方は下記必要書類をご記入のうえ、下記宛先までメールににてお申し込みをお願いします。

申込み先メールアドレス:ACCESS@jp.ibm.com
(締め切り:2018年5月11日(金曜日)必着

【エントリーにあたって必要な書類】

  1. 申し込み書(Word)(42KB)
  2. エントリーシート(Excel)(89.5KB)
  3. 障がい者手帳のコピー(※)
    ※1 障がい種別と等級が記載されているページをスキャンし、画像ファイルまたはPDFにしてください。
    ※2 手帳未取得/申請中の方は医師の診断書のコピーをお願いします。

お問い合わせ先

ご質問・お問い合わせなどございましたら、お気軽にご連絡ください。

日本アイ・ビー・エム株式会社 人事 ダイバーシティー
〒103-8510 東京都中央区日本橋箱崎町19番21号

E-Mail: ACCESS@jp.ibm.com