気象データを活用したソリューションを、日本でもサービス開始

2017年3月、IBMは、世界各国で展開中のThe Weather Companyの気象データを活用したソリューションを、日本国内でも展開することを発表しました。日本のお客様のビジネスに役立つデータやソリューションを提供していきます。

お問い合わせ先 「IBMアクセスセンター」フリーダイヤル: 0120-550-210
ご注意: 当ページからのリンク先に記載のサービスには、日本で適用できない場合があります。あらかじめご了承ください。

気象データの活用を通じてビジネス上のよりよい意思決定を実現

IBM のグループ企業となった The Weather Company の極めて高精度な天候データを活用することにより、気象情報に関するビジネス・ソリューションを提供し、お客様のよりよい意思決定を支援します。航空、エネルギー、保険、メディア、政府機関等の各業界における世界のトップ・ブランドや企業がこの気象データを活用しています。IBM は毎日数十億件の予報を提供することで、ニュースキャスターや航空機のパイロットをはじめとして、エネルギー取引業者や 保険営業担当者 、さらには政府機関職員 や小売業の経営陣などさまざまなお客様に必要な気象データを提供しています。

The Weather Company のビジネス・ソリューションについてご確認ください。

The Weather Company データ・パッケージ

The Weather Company データ・パッケージ は現在の気象や将来の予報、季節的な気象状況や悪天候に関する気象データなど広範なデータを提供します。クラウド経由で迅速かつ簡単に気象データの API にアクセス可能で、必要なデータを、通知、予報データ、画像等を含めた様々な形式で提供します。

The Weather Company データ・パッケージでは次のようなパッケージを提供することで、ビジネスに気象データを活かせるようにサポートします。

  • Data Core – もっとも基本的な気象APIで、現在の気象と予報、 レーダーや気象衛星から提供される現在ならびに近い将来の予報に関する画像などのデータをカバーします。
  • Enhanced Current Conditions (より強力な観測データ)
  • Enhanced Forecast (より強力な予報データ) – このパッケージでは、最先端のアンサンブル・モデルによる予報、200人以上の気象学者や関連する分野の科学者、The Weather Companyの観測ネットワーク、レーダや衛星のデータ同化やモデリング機能を含んでいるThe Weather Companyの予報エンジンを使って、より強力な予報データを提供します。
  • Severe Weather (悪天候) – 悪天候に関する予報データ、リアルタイム観測データ、 積算降水量等の積算データなどを提供し、雷やひょう、強風や竜巻といった悪天候から企業の資産を守ります。
  • Lifestyle Indices (ライフスタイル指数) – このパッケージでは気象関連の事象をエンド・ユーザーのお客様へのサービス向上に活用できるよう、様々なライフスタイル指数をカバーしています。例えば健康関連指数として、大気の質をあらわす指数や花粉指数、インフルエンザ流行指数、痛み指数、呼吸指数、乾燥肌指数などをご用意しています。

The Weather Company データ

The Weather Companyの気象データをBluemix上のアプリから利用することができるよう、Bluemix上でもAPIを提供しています。無料プランもご用意していますので、Bluemixにログインしてお試しください。The Weather Company のData Coreパッケージ に準じるデータをご利用いただけます。

業種別ソリューション

メディア

The Weather Company のソリューションにより、テレビやその他のデバイス上で効果的なメッセージを届けることができます。テレビからオンライン・メディアやモバイルまで、The Weather Company がメディア業界にさまざまなサービスを提供していることをご確認ください。

航空

The Weather Company の正確で信頼性の高い航空・飛行向け気象データを活用し、飛行に関する意思決定を合理化します。航空業界向け気象ソリューションによって気象情報がどのようにフライトの安全性と効率性に役立つかをご確認ください。

エネルギー

The Weather Company のソリューションを導入すると、確信を持って重要な意思決定を行うことができます。エネルギー取引や風力発電などをサポートする The Weather Company のソリューションについてご確認ください。

保険

悪天候が発生しても、ビジネスへの悪影響 を軽減することができます。保険会社が The Weather Company のソリューションを活用することで、リスクを軽減し、保険金の請求を回避し、ビジネス・インテリジェンスを改善しながら、クライアントの安全と財産を守ることができることをご確認ください。

政府機関

1つのソリューションで 必要となる気象データを全て簡単にモニターできます。The Weather Company がアメリカの政府機関、連邦政府の資金で運営される研究開発機関、政府のためにサービスを提供する企業と力を合わせて気象データの活用に取り組んでいることをご確認ください。

小売

お客様は何をいつ購入しているのでしょうか?お客様に影響を与える要素の中で、特に天気について確認する必要があります。The Weather Company の気象データと予報サービスがもたらす知見をアクションに変える方法についてご確認ください。

関連情報

IBM Intelligent Operations Center for Emergency Management

急速に変化する状況に合わせて危機管理対応が可能になります。IBM Intelligent Operations Center for Emergency Management は、毎日の業務と危機的状況への対応に役立つインシデントと緊急事態の管理のためのソリューションです。

The Weather Companyのデータでユース・ケースを実現

気象は私たちの生活に常に存在する要素であり、実際のビジネスに影響を及ぼすことがあります。さまざまな業界で気象データを活用し天候の分析を行うことで、売上と業績の改善につながる知見が生まれています。

IBM Analytics: 気象をビジネスに活かす

従来のビジネス・データと Internet of Things (IoT) に対応したシステムとデバイスが生成するリッチ・データを気象データと組み合わせると、全社的な意思決定が大幅に改善する可能性があります。

IBM と The Weather Company: エネルギーや公益のビジネスを変革

知見が重要な役割を持つ経済環境のもとで業績を上げるには、ビッグデータとアナリティクスを活用しなければなりません。このインフォグラフィックは、可能性をさらに広げることで市場全体を革新するビジネスを実現することの重要性を示しています。

The Weather Company Data Packages の概要

企業はどの業種であっても気象に対する戦略を持つ必要があります。The Weather Company Data Packages の内容を読み、気象をビジネスに活かす方法をご確認ください。

お問い合わせはこちら

まずはお気軽にご相談ください