Think 2018

日本のお客様向けご紹介サイト

Think
Think

Think 2018

日本のお客様向けご紹介サイト

Think 2018とは?

全ブランドが集結するイベントで、IBM初の試みです。
全世界から約4万名以上のお客様、パートナー様、IBM社員が一堂に会する世界最大規模のイベントです。

世界が今、「考えて」いることとは?

日々、新しいテクノロジーが市場に登場しています。さまざまなテクノロジーを組み合わせることで、世界の大きな課題をどのように解決できるか、その方法をご紹介します。同じビジョンを共有するコミュニティー。そのビジョンを実現するためのテクノロジー。
飽くことなく「考える」人々こそ、世界の大きな課題を解決する力を持っています。
このイベントは、知識を身に着け、スキルを伸ばし、ビジネスを発展させる機会となると確信しております。

開催日
2018年3月19日(月曜日)〜22日(木曜日)
(米国現地時間)

開催場所
Mandalay Bay Hotel (米国 ネバダ州 ラスベガス)

開催日/開催場所

開催日/開催場所

開催日
2018年3月19日(月曜日)〜22日(木曜日)
(米国現地時間)

開催場所
Mandalay Bay Hotel (米国 ネバダ州 ラスベガス)

 

参加費用

登録期間:2017年11月18日〜2018年3月18日
$2,295 (USD)

※本料金にホテル宿泊費、渡航費は含まれていません。
※本料金には、受講料、( 指定会場での) 朝食および昼食が含まれています。
※パッケージツアーをご検討の方もIBMサイトのイベント参加申込みが必要です。

入力方法の詳細をご確認希望の方は下記よりご確認ください。

お申込み方法

お申込み方法

入力方法の詳細をご確認希望の方は下記よりご確認ください。

お申込みフォーム入力の手順はこちら

※お申し込みの際、「IBM ID」が必要になります。IBM ID を作成する場合は、登録サイトへアクセス頂き、登録を済ませてください。

ステップ1

申し込みサイトへアクセスし、IBM IDでログイン

 

[Sign in and register] をクリックします。

IBM ID(登録メールアドレス) を入力します。

 

IBM ID のパスワードを入力します。

 

ステップ2

必要情報の記入 (Identity)

Registration Type

お客様: Client
BP様: Business Partnerを選択します。

Primary Email

自動でセットされます。

Company

自動でセットされます。

Promo, Sponsor, Nomination Code or Voucher Number

未入力のままで問題ございません。

Country/Region

Japanを選択します。

上記入力完了後、Continueボタンを押します。

 

ステップ3

必要情報の記入 (Options)

Attendee Type

Attendeeを選択します。

 

Conference Option

Full Conference Experienceを選択 します。

Payment Type

Credit cardを選択します。

上記入力完了後、Continueボタンを押します。

 

ステップ4

必要情報の記入 (Personal)

Personal Information

個人情報(氏名/敬称/連絡先)とセキュリティ質問の回答を入力します。

 

IBM Contact Information

IBM製品お取引の主となる連絡先および担当者名を記入します。

IBM 営業の場合
IBM Sales Representative

ビジネス・パートナー様の場合
IBM Business Partner
上記入力完了後、Continueボタンを押します。

 

ステップ5

必要情報の記入 (Company)

Company Information

会社情報を入力、選択します。
(住所/従業員規模/業種)

 

Interest Information

興味エリアと現在の課題を英字にて最大500文字で記入します。

上記入力完了後、Continueボタンを押します。

 

ステップ6

必要情報の記入 (Conference)

今回のイベントを誰から情報を聞いて興味を持ったか選択します。

他の方々との情報共有に興味がある場合、Yesを選択します。

 

ホテル予約される場合には、Yes を選択してください。
別途、予約Webサイトのリンクがメールでご案内されます。

 

緊急連絡先のお名前と電話番号を入力します。
例) 東京03 2222 1111
+81 3 2222 1111
(+81 と市外局番最初の0を外します)

お食事の補助的なリクエストがある場合はこちらで選択します。(Gluten freeなど)

上記入力完了後、Continueボタンを押します。

 

ステップ7

必要情報の記入 (Payment)

お支払情報を記入します。
※使用されたカードは忘れずに現地に持参ください。

請求書の発送先:登録された住所以外への送付をご希望される場合には、Noを選択します。

 

Noを選択された場合には、請求書の送付先住所を記入します。

請求書の発送先:登録された住所以外への送付をご希望される場合には、Noを選択します。

 

この時点で「Continue」をクリックして次画面で最終確定します。
ホテル予約「Yes」を選択された方には、別途メールでご案内が届きますので、予約確定をお忘れずに済ませてください。