ともに「ツクル」を実現する "KMAP" とは?

KMAP (Knowledge Mall Activity Platform) は、IBM Community Japanでの「ツクル」場を中心としたナレッジモール活動において、知恵・経験・知見を持ち寄り、ともに「ツクル」を実現するためのインターラクティブな環境を提供するプラットフォームで、メンバーはIDとパスワードでログインして利用します。

IBM Community Japanの活動は様々なプラットフォームで支えられており、個人不識別でログイン不要の通常のWebページと、個人識別のためにログインが必要なKMAP Webページ、そしてイベントが担う位置付けの違いは概ね以下のとおり。

KMAP上でのインターラクティブな活動を支援する機能としては以下のものがあります。

  • 意見のやり取りができるディスカッションスレッド
  • 資料や動画などのファイルのアップロードができるライブラリー
  • コンテンツ作成によってメッセージ発信ができるブログ機能
  • イベントの告知機能
  • メンバープロファイルの閲覧・管理

KMAP基本構造:グローバルスペースとJapanスペース

KMAPそのものは、日本や米国を含めたすべての国のIBMでのコミュニティー活動を支えるインフラ上に構築されており、KMAPにログインすることでIBMグローバルのコミュニティースペースにも参加することが可能になります。

KMAP基本構造:Japanスペース内のコミュニティースペースの構造と一覧

Japanスペース内は階層構造になっており、IBM Community Japan(KMAP)にも複数のコミュニティースペースがあり、各コミュニティースペース内も様々なアクセス制御でエリアが管理されています。

  • パブリックエリア:IBM Communityのメンバーなくても誰でも閲覧可能なエリア
  • KMAPにログインして初めて閲覧可能となるエリア
  • 各コミュニティースペースに「参加登録」して初めて閲覧可能となるエリア

IBM Community Japan (KMAP) TOP

コミュニティースペース

ナレッジモール研究
- 技術探究

ナレッジモール研究
- 社会課題

ナレッジモール研究
- 情報システム

IBM i Club

Knowledge Mall

ツナガル・スクエア

ProVISION

Technology at a glance

最終成果物 (Deliverable) をある一定の期間で作成することを目的としたナレッジモール活動を支えるコミュニティースペース

ナレッジモール研究 - 技術探究


Status : メンバー募集終了


活動内容概要
AI、クラウドから量子コンピューターなど多岐にわたるテーマについてそれぞれ数名のワーキンググループを組み、研究し、論文や提言、アプリケーション・ツールなどの最終的なアウトプットを作り上げ、2021年10月に成果発表を実施予定。

活動メンバーの募集タイミング
10月〜11月

活動サイクル
1月〜10月

アクセス制御
・ビュー(閲覧):招待制
・ジョイン(アクション):招待制

ナレッジモール研究 - 社会課題


Status : メンバー募集終了


活動内容概要
医療・介護、食、環境問題、公共インフラ、教育など、多岐にわたるテーマの社会課題をITでどう解決するかをそれぞれ数名のワーキング・グループで研究し、最終的なアウトプットを作り上げ、2021年10月に成果発表を実施予定。

活動メンバーの募集タイミング
10月〜11月

活動サイクル
1月〜10月

アクセス制御
・ビュー(閲覧):招待制
・ジョイン(アクション):招待制

ナレッジモール研究 - 情報システム


Status : メンバー募集終了


活動内容概要
システム管理、プロジェクト管理、セキュリティー、システム・インフラなど多岐にわたる情報システムに関するテーマをそれぞれ数名のワーキンググループで研究し、最終的なアウトプットを作り上げ、2021年10月に成果発表を実施予定。

活動メンバーの募集タイミング
10月〜11月

活動サイクル
1月〜10月

アクセス制御
・ビュー(閲覧):招待制
・ジョイン(アクション):招待制

製品別コミュニティー活動を支えるためのコミュニティースペース

IBM i Club


Status : メンバー募集中


活動内容概要
・最新情報・事例紹介
・ディスカッション

参加対象
・自社システムとしてIBM i をご利用いただいている方。
・IBM i の採用をご検討中の方。
・IT部門長、ご担当者など様々なお立場の方にご参加いただけます。
*営業活動を目的としたご参加はお断りいたします。

活動メンバーの募集タイミング
・随時

活動サイクル
・特定サイクルなし

アクセス制御
・ビュー(閲覧):招待制
・ジョイン(アクション):招待制

整理された最終成果物を参照するためのコミュニティースペース

Knowledge Mall


Status : メンバーのみ閲覧可能


掲載コンテンツ概要
ナレッジモールでは各種アセットを当コミュニティー・メンバーが随時活用できるよう配置します。これまでのIBMユーザー研究会「電子図書館」内に蓄積した、IBMユーザー論文、JGS(Japan Guide Share)論文、IT研究会成果発表会動画・資料に加え、機関誌「IBM USERS」バックナンバーの閲覧が可能です。これに加え、当コミュニティーのツール活用資料、イベントや活動の動画や資料もライブラリーとして掲載予定です。

アクセス制御
・ビュー(閲覧):当コミュニティー・メンバー
・ジョイン(アクション):招待制(管理者のみ)

メンバー間の有機的なツナガリを促進するコミュニティースペース

ツナガル・スクエア


Status : オープン準備中


活動内容概要
ここは、IBM Community Japanのメンバーが誰でも参加できるオープンなオンラインコミュニケーションの場です。
投稿されたコンテンツはメンバー以外(ログイン不要)も閲覧できるパブリックなコミュニティスペースです。

アクセス制御
・ビュー(閲覧):パブリック
・ジョイン(アクション):招待制

 

テクノロジーの最新情報や旬のトピックをお届けするコミュニティースペース

ProVISION


Status : 閲覧可能


掲載コンテンツ概要
「ProVISION」は 1994年に創刊したお客様と日本IBMを繋ぐ技術情報誌です。さまざまなテクノロジー・テーマを取り上げ、先進的な技術情報やトピックスをお届けします。

アクセス制御
・ビュー(閲覧):パブリック
・ジョイン(アクション):招待制(管理者のみ)

Technology at a glance


Status : 閲覧可能


掲載コンテンツ概要
Technology at a glanceは、IBM テクノロジーの最新情報や旬のトピックをお届けするThink Lab主催のプログラムです。テクノロジーがこれからの社会とどう関わっていくのか、どういう方向に進もうとしているのか。皆さんと共有します。

アクセス制御
・ビュー(閲覧):パブリック
・ジョイン(アクション):招待制(管理者のみ)

IBM Community Japanについての
お問い合わせはこちら