Skip to main content
IBM 100年の軌跡
 

「THINK(考えよ)」という文化

1950年代までに、「THINK」のモットーとそのプレートは米国の企業文化と大衆文化に広く浸透し、メディアの注目を集めていました。さらに、漫画家や風刺作家、その他のユーモアを解する人々の関心も引いていました。ユーモア雑誌のMAD誌をはじめとするいくつかの出版物は、IBMのスローガンをもじって“THIMK”という言葉を作りました。これは、同様のユーモラスな矛盾を表す他の言葉や短い語句を生み出しました。例えば、“Plan Ahead”(将来の計画を立てる)では“Ahead”の最後の文字が小さくて読みにくい状態で表示されました。