Skip to main content
IBM 100年の軌跡
 

IBM PC

パーソナル・コンピューティングの発展

1911年から2011年までの100年間で、無数のIBMメンバーが、私たちの進歩の世紀を築き上げたさまざまなイノベーションやマイルストーンに貢献しています。以下に、今回のアイコンのストーリーに関連する人たちの意見や感想をご紹介します。

IBM PCのリリースから4カ月も経たないうちに、Time誌は毎年恒例の「マン・オブ・ザ・イヤー(今年の重要人物)」特集号で、「マシン・オブ・ザ・イヤー(今年の重要なマシン)」としてIBM PCを選びました。IBM PCは圧倒的な成功を収めましたが、それはこのPCが最先端の製品だったからではありません。あれほどまでに注目された理由は、それがIBMによって構築されたPCだったからです。かつて業界のキャッチ・フレーズに、「IBM製品を買ったことが理由でクビになった者は1人もいない」というものがありました。当初のPCをきっかけとして数多くの標準が確立され、ISAなどを含むそれらの標準は2000年代のPCにも採用されていました。1985年ごろのIBM PCに使用されていた標準の8ビット・カードは、2-3GHzで動作する多くのIntel Pentiumコンピューターに組み込むことができ、正常に機能します。