Skip to main content
IBM 100年の軌跡
 

人類全体の家系図の解明

 

ジェノグラフィック・プロジェクトは、数十万の人々のDNAサンプルを分析することにより、人類がどのように地球に広がったかを再現する画期的なプロジェクトです。2005年4月の開始以来、米国ナショナル・ジオグラフィック協会とIBMの共同作業により、共有の遺伝的遺産の包括的な共有の知識ベースが構築されています。これは、人類の歴史の知識を継続的に向上させる素晴らしい資産です。

われわれ一人ひとりのDNAは、およそ6万年前のアフリカに誕生した地球最古の人類の遺伝の記録を含んでいます。小さな変化も次の世代にすべて伝えられるため、生きている人々のDNAに見られる「遺伝のマーカー」により、共通の起源に始まる人類の移動の歴史を再現することができます。そのための条件は、世界中で十分なサンプルを収集すること、そしてそのサンプルを分析するテクノロジーが利用できることです。

プロジェクト・ディレクターのスペンサー・ウエルズ(Spencer Wells)博士は、「われわれのDNAには、これまでに書かれた中で最も偉大な歴史書が隠されていうるのです。」と述べています。

ジェノグラフィック・プロジェクトの主要な共同作業者として、IBMは、コンピュテーショナル・バイオロジー・センター(Computational Biology Center)をはじめとする全社規模で専門知識を提供するとともに、世界中の遺伝パターンと遺伝的多様性に関する史上初のデータベースを構築・分析するのに必要な先進技術を提供しました。IBMの最先端技術チームは、プロジェクト・チームと協力して、現地で収集したサンプルを記録するソフトウェアを開発しました。そしてIBM Foundationは、このプロジェクトに対するIBMの取り組みに資金を提供しました。

アジャイ・ロイユル(Ajay Royyuru)博士は、ニューヨーク州ヨークタウン・ハイツにあるトーマスJ.ワトソン研究所のIBM計算生物学センターのシニア・マネージャーです。同博士は、大量の遺伝的データを分析する新しい方法などを通じて、IBMとしての積極的な関与をリードし、こう語っています。「驚くべきことは、このデータから祖先のパターンを見いだせることだけではありません。IBMリサーチ・チームは、DNA分析のまったく新しい方法も開発しています。これは、以前なら知り得なかった洞察への道を開くものです」

ナショナル・ジオグラフィックは、DNAの収集を引き受けました。全世界で11の地域センターが調整役を務め、現地の研究者が各センターを管理しました。ジェノグラフィック・プロジェクトは、先住民族との連携に重点を置いて現地のチームからサンプルを求めました。現代社会では広範囲の移動が可能になり、遺伝マーカーの混合が進んでいるため、人類の起源を調べるのに役立つ明確なDNAは世代を経るごとに減少しています。そのため、一つの地域に留まっているコミュニティーは、数千年前を起源とする遺伝的差異を識別するために不可欠なものです。
ジェノグラフィック・プロジェクトは2005年から5年間の活動として開始されましたが、2011年現在も継続的な活動がおこなわれています。さらに、この比類のないデータベースは研究者に提供され、さらなる研究のリソースとして長年にわたって機能します。人類の移動の大まかな歴史は既に知られていますが、ジェノグラフィック・プロジェクトが加える詳細情報により、アフリカを起点にわれわれの祖先がたどった長く曲がりくねった道に関する理解が深まります。例えば、最古の人類が数千年の間、別々の集団に分かれて住んだあとで再び一緒になったことを示唆する遺伝情報があります。中東で見られるヨーロッパ人のDNAの特徴をさかのぼって調べると、11~13世紀の十字軍に行き着くことがあります。

当初、10万人を超える参加者が求められたジェノグラフィック・プロジェクトは、一般にも公開されています。39万5,000人以上の個人がキットを購入し、このプロジェクトに参加しています。このキットを使用して分析用のDNAサンプルを提出し、オンライン匿名として上がっている結果を確認することにより各自の遺伝的遺産を知ることができます。一般参加者は、それぞれの結果について、世界規模のデータベースへの追加を許可するように奨励されます。これは、匿名で自発的に行われることになっています。

アジャイ・ロイユルは一般参加者の一人であり、他のIBM社員14,500人も同様でした。彼はその結果についてこう述べています。「じっくり考えてから自分の信念を再確認することができました。それは、言語や階級、習慣など、われわれが現在目にするあらゆる多様性は、歴史的な時間の尺度でみればごく最近生じたことであり、地球上の人間は外観の相違が示すよりもはるかに近い関係にあるということです」