国内の多くの企業では,既存 IT システムの運用と保守の負担増加により、新規システム開発への投資が抑制される状況が続いています。この状況に対して経済産業省では「2025年の崖」というレポートで警鐘を鳴らし,DX(デジタル・トランスフォーメーション)の必要性を訴えています。このセッションでは,システムのコンテナ化がいかに運用と保守を効率化するかをお伝えし,既存の Java システムをコンテナ化するために IBM が提供するソリューションをご紹介します。

Event Details

既存システムのモダナイゼーション!企業のJava 基盤を刷新し、2025年の崖を乗り越える

Webinar

Live
Available On Demand until