IBMが2016年に買収したThe Weather Companyは米国国立大気研究センターと協働し、全地球を3kmメッシュで解析し予報を作成することができるモデルを開発しました。このモデルでは携帯端末や航空機などのIoT機器からデータを活用することでより精度を高める工夫もしています。いままで予報のためのデータが不足していた地域でも災害、農業、エネルギーなどの分野でビジネスのやり方を大きく変えています。この事例から企業のデジタル変革への適用例を紹介します。

Event Details

世界初!地球の隅々までの超高解像度気象データを活用したビジネス変革の実例

Webinar

Live
Available On Demand until