ロケールの命名規則

アクティブのロケールを選択する setlocale() ライブラリー 関数は、ロケールをロードし、アクセス可能にする前に、ロケールの記述名 をロケール・オブジェクトの名前にマップします。

z/OS® XL C/C++ プログラムでは、ロケール・モジュー ルはロケール記述名によって参照されます。 ロケール名自体は、大文字小文字を区別しません。 以下の規則に従います。
<Language>-<Territory>.<Codeset>
言語
言語名を 2 個の大文字で表した略語。 略語は ISO 639 標準規格によるものです。
地域
地域名を 2 個の大文字で表した略語。 略語は ISO 3166 標準規格によるものです。
コード・セット
特定のエンコードを所有する登録権限所持者を識別する、MIT X Consortium により登録されている名前。 登録名には修飾子を追加できますが、必須ではありません。 修飾子の形式は @codeset modifier で、登録権限所持者により定義されたコード化文字セットを指定します。

コード・セットの部分はオプションです。 それらを指定しない場合、Codeset は、デフォルトの IBM-nnn になります (nnn は、デフォルト・コード・ページで、EBCDIC ロケールについては 表 2 に、ASCII ロケールについては 表 3 に示されています)。 (修飾子の部分のデフォルトはありません。)

PDS 固有のロケールについて詳しくは、 ロケールの記述名とロケール・オブジェクトの 8 文字の名前の間のマッピングは、以下のとおりです。
  1. 言語 - 地域の部分は、2 文字の LT コードにマッピングされます。
  2. コード・セットの部分は 2 文字の CC コードにマップされます。
  3. オブジェクト名は、接頭部、2 文字の LT コード、および 2 文字の CC コードから成っています。 接頭部は表 1 内のいずれかです。 (PDS および z/OS UNIX のロケール名に含まれている @ 記号は、常に Latin-1/オープン・システム・エンコードであることに注意してください。IBM®-1047 CHARMAP を参照。)
    表 1. ロケール・オブジェクトの接頭部
    アプリケーション 修飾子なし @euro 修飾子 @preeuro 修飾子
    非 XPLINK EDC$ EDC@ EDC3
    XPLINK CEH$ CEH@ CEH3
    XPLINK ASCII CEJ$ NA NA
    AMODE 64 CEQ$ CEQ@ CEQ3
    AMODE 64 ASCII CEZ$ NA NA
種類 マッピング
XPLINK
Fr_BE.IBM-1148 は EDC$FBHO にマップされる
Fr_BE.IBM-1148@euro は EDC@FBHO にマップされる
Fr_BE.IBM-1148@preeuro は EDC3FBHO にマップされる
XPLINK
Fr_BE.IBM-1148 は CEH$FBHO にマップされる
Fr_BE.IBM-1148@euro は CEH@FBHO にマップされる
Fr_BE.IBM-1148@preeuro は CEH3FBHO にマップされる
ASCII
Fr_BE.ISO8859-1 は CEJ$FBI1 にマップされる
Fr_BE.UTF-8 は CEJ$FBU8 にマップされる
AMODE 64
Fr_BE.IBM-1148 は CEQ$FBHO にマップされる
Fr_BE.IBM-1148@euro は CEQ@FBHO にマップされる
Fr_BE.IBM-1148@preeuro は CEQ3FBHO にマップされる
AMODE 64 ASCII
Fr_BE.ISO8859-1 は CEZ$FBI1 にマップされる
Fr_BE.UTF-8 は CEZ$FBU8 にマップされる
z/OS UNIX ファイル・システムの常駐ロケールの場合、ロケールの記述名と z/OS UNIX ファイル名の間のマッピングは、以下のように実行されます。
  1. ロケール・オブジェクト・ファイル名は記述名と同じ名前を開始します。
  2. ロケール・オブジェクトが XPLINK の場合は、オブジェクト・ファイル名の最後に 接尾部 ".xplink" を追加します。
  3. ロケール・オブジェクトが AMODE 64 の場合は、オブジェクト・ファイル名の最後に接尾部 ".lp64" を追加します。
種類 マッピング
XPLINK
Fr_BE.IBM-1148 は Fr_BE.IBM-1148 にマップされる
Fr_BE.IBM-1148@euro は Fr_BE.IBM-1148@euro にマップされる
Fr_BE.IBM-1148@preeuro は Fr_BE.IBM-1148@preeuro にマップされる
XPLINK
Fr_BE.IBM-1148 は Fr_BE.IBM-1148.xplink にマップされる
Fr_BE.IBM-1148@euro は Fr_BE.IBM-1148@euro.xplink にマップされる
Fr_BE.IBM-1148@preeuro は Fr_BE.IBM-1148@preeuro.xplink
にマップされる
ASCII
Fr_BE.ISO8859-1 は Fr_BE.ISO8859-1.xplink にマップされる
Fr_BE.UTF-8 は Fr_BE.UTF-8.xplink にマップされる
AMODE 64
Fr_BE.IBM-1148 は FR_BE.IBM-1148.lp64 にマップされる
Fr_BE.IBM-1148@euro は Fr_BE.IBM-1148@euro.lp64 にマップされる
Fr_BE.IBM-1148@preeuro は Fr_BE.IBM-1148@preeuro.lp64
にマップされる
AMODE 64 ASCII
Fr_BE.ISO8859-1 は Fr_BE.ISO8859-1.lp64 にマップされる
Fr_BE.UTF-8 は Fr_BE.UTF-8.lp64 にマップされる
言語 - 地域と 2 文字 LT コードとの間のマッピングは、LT 変換テーブル EDC$LCNM で定義されており、次のようなアセンブラー・マクロで作成されます。
EDC$LCNM TITLE 'LOCALE NAME CONVERSION TABLE'
EDC$LCNM CSECT
         EDCLOCNM TYPE=ENTRY,LOCALE='DA_DK',CODESET='IBM-1047',CODE='DA'
         EDCLOCNM TYPE=ENTRY,LOCALE='DE_BE',CODESET='IBM-1047',CODE='DB'
         EDCLOCNM TYPE=ENTRY,LOCALE='DE_CH',CODESET='IBM-1047',CODE='DC'
         EDCLOCNM TYPE=ENTRY,LOCALE='DE_DE',CODESET='IBM-1047',CODE='DD'
         EDCLOCNM TYPE=ENTRY,LOCALE='JA_JP',CODESET='IBM-939',CODE='EJ'
⋮
         EDCLOCNM TYPE=END
         END   EDC$LCNM

LOCALE には 言語 - 地域の 名前を指定し、CODE には対応する LT コードを指定します。

新しく LOCALE 名マッピングを追加することにより、このテーブルをカスタマイズできます。 z/OS XL C/C++ では、英字の LT コードは予約済みですが、独自にカスタマイズした名前には数字を含むコードを使用できます。

言語-地域の名前と、それからの LT コードへのマッピングとしては、表 2 に示されているものが提供されています。

表 2. EBCDIC ロケールの場合にサポートされる、言語 - 地域の名前と LT コード
ロケール名 言語 国/地域 EBCDIC コード・セット 2 バイト LT コード
Ar_AA アラビア語 アルジェリア、バーレーン、エジプト、イラク、ヨルダン、クウェート、レバノン、リビア、モロッコ、オマーン、カタール、サウジアラビア、シリア、チュニジア、アラブ首長国連邦、イエメン IBM-425 AR
Be_BY ベロルシア語 ベラルーシ IBM-1025 BB
Bg_BG ブルガリア語 ブルガリア IBM-1025 BG
C     IBM-1047 CC
Ca_ES カタロニア語 スペイン IBM-924 CS
Cs_CZ チェコ語 チェコ共和国 IBM-870 CZ
Da_DK デンマーク語 デンマーク IBM-1047 DA
De_AT ドイツ語 オーストリア IBM-924 DT
De_CH ドイツ語 スイス IBM-1047 DC
De_DE ドイツ語 ドイツ IBM-1047 DD
De_LU ドイツ語 ルクセンブルグ IBM-924 DL
El_GR ギリシャ語 ギリシャ IBM-875 EL
En_AU 英語 オーストラリア IBM-1047 NA
En_BE 英語 ベルギー IBM-924 EB
En_CA 英語 カナダ IBM-1047 EC
En_GB 英語 英国 IBM-1047 EK
En_HK 英語 中国 (中国の香港特別行政区) IBM-1047 NH
En_IE 英語 アイルランド IBM-924 EI
En_IN 英語 インド IBM-1047 NI
En_JP 英語 日本 IBM-1027 EJ
En_NZ 英語 ニュージーランド IBM-1047 NZ
En_PH 英語 フィリピン IBM-1047 NP
En_SG 英語 シンガポール IBM-1047 NS
En_US 英語 アメリカ合衆国 IBM-1047 EU
En_ZA 英語 南アフリカ IBM-1047 EZ
Es_AR スペイン語 アルゼンチン IBM-1047 EA
Es_BO スペイン語 ボリビア IBM-1047 EO
Es_CL スペイン語 チリ IBM-1047 EH
Es_CO スペイン語 コロンビア IBM-1047 FG
Es_CR スペイン語 コスタリカ IBM-1047 ER
Es_DO スペイン語 ドミニカ共和国 IBM-1047 ED
Es_EC スペイン語 エクアドル IBM-1047 EQ
Es_ES スペイン語 スペイン IBM-1047 ES
Es_GT スペイン語 グアテマラ IBM-1047 EG
Es_HN スペイン語 ホンジュラス IBM-1047 FE
Es_MX スペイン語 メキシコ IBM-1047 EM
Es_NI スペイン語 ニカラグア IBM-1047 FA
Es_PA スペイン語 パナマ IBM-1047 EP
Es_PE スペイン語 ペルー IBM-1047 EW
Es_PR スペイン語 プエルトリコ IBM-1047 EX
Es_PY スペイン語 パラグアイ IBM-1047 EY
Es_SV スペイン語 エルサルバドル IBM-1047 EV
Es_US スペイン語 アメリカ合衆国 IBM-1047 ET
Es_UY スペイン語 ウルグアイ IBM-1047 FD
Es_VE スペイン語 ベネズエラ IBM-1047 EF
Et_EE エストニア語 エストニア IBM-1122 EE
Fi_FI フィンランド語 フィンランド IBM-1047 FI
Fr_BE フランス語 ベルギー IBM-1047 FB
Fr_CA フランス語 カナダ IBM-1047 FC
Fr_CH フランス語 スイス IBM-1047 FS
Fr_FR フランス語 フランス IBM-1047 FF
Fr_LU フランス語 ルクセンブルグ IBM-924 FL
He_IL ヘブライ語 イスラエル IBM-424 IL
Hr_HR クロアチア語 クロアチア IBM-870 HR
Hu_HU ハンガリー語 ハンガリー IBM-870 HU
Id_ID インドネシア語 インドネシア IBM-1047 II
It_CH イタリア語 スイス IBM-1047 IC
Is_IS アイスランド語 アイスランド IBM-871 IS
It_IT イタリア語 イタリア IBM-1047 IT
Ja_JP 日本語 日本 IBM-939 JA
Ko_KR 韓国語 韓国 IBM-933 KR
Iw_IL ヘブライ語 イスラエル IBM-424 IL
Lt-LT リトアニア語 リトアニア IBM-1112 LT
Lv_LV ラトビア語 ラトビア IBM-1112 LL
Mk_MK マケドニア語 マケドニア IBM-1025 MM
Ms_MY マレー語 マレーシア IBM-1047 MY
Nl_BE オランダ語 ベルギー IBM-1047 NB
Nl_NL オランダ語 オランダ IBM-1047 NN
No_NO ノルウェー語 ノルウェー IBM-1047 NO
Pl_PL ポーランド語 ポーランド IBM-870 PL
Pt_BR ポルトガル語 ブラジル IBM-1047 BR
Pt_PT ポルトガル語 ポルトガル IBM-1047 PT
Ro_RO ルーマニア語 ルーマニア IBM-870 RO
Ru_RU ロシア語 ロシア IBM-1025 RU
Sh_SP セルビア語 (ローマ字) セルビア IBM-870 SL
Sk_SK スロバキア語 スロバキア IBM-870 SK
Sl_SI スロベニア語 スロベニア IBM-870 SI
Sq_AL アルバニア語 アルバニア IBM-500 SA
Sr_SP セルビア語 (キリル文字) セルビア IBM-1025 SC
Sv_SE スウェーデン語 スウェーデン IBM-1047 SV
Th_TH タイ語 タイ IBM-838 TH
Tr_TR トルコ語 トルコ IBM-1026 TR
UK_UA ウクライナ語 ウクライナ IBM-1125 UU
Zh_CN 中国語 (簡体字) 中国 (PRC) IBM-935 ZC
Zh_TW 中国語 (繁体字) 台湾 IBM-937 ZT

表 3 では、ASCII ロケールの場合にサポートされる言語 - 地域の名前と LT コードを示しています。 ASCII ロケール名は、<uppercase><lowercase>_<uppercase><uppercase> とコーディングすることもできます。例えば、en_USEn_US はどちらも有効な ASCII ロケール名です。

表 3. ASCII ロケールの場合にサポートされる、言語 - 地域の名前と LT コード
ロケール名 言語 国/地域 ASCII コード・セット 2 バイト LT コード
be_BY ベロルシア語 ベラルーシ ISO8859-5 BB
bn_IN ベンガル語 インド UTF-8 BN
en_CA 英語 カナダ ISO8859-1 EC
cs_CZ チェコ語 チェコ共和国 ISO8859-2 CZ
en_ZA 英語 南アフリカ ISO8859-1 EZ
da_DK デンマーク語 デンマーク ISO8859-1 DA
de_CH ドイツ語 スイス ISO8859-1 DC
de_DE ドイツ語 ドイツ ISO8859-1 DD
el_GR ギリシャ語 ギリシャ ISO8859-7 EL
en_AU 英語 オーストラリア ISO8859-1 NA
en_GB 英語 英国 ISO8859-1 EK
en_HK 英語 中国 (中国の香港特別行政区) ISO8859-1 NH
en_IN 英語 インド ISO8859-1 NI
en_NZ 英語 ニュージーランド ISO8859-1 NZ
en_PH 英語 フィリピン ISO8859-1 NP
en_SG 英語 シンガポール ISO8859-1 NS
en_US 英語 アメリカ合衆国 ISO8859-1 EU
es_AR スペイン語 アルゼンチン ISO8859-1 EA
es_BO スペイン語 ボリビア ISO8859-1 EO
es_CL スペイン語 チリ ISO8859-1 EH
es_CO スペイン語 コロンビア ISO8859-1 FG
es_CR スペイン語 コスタリカ ISO8859-1 ER
es_DO スペイン語 ドミニカ共和国 ISO8859-1 ED
es_EC スペイン語 エクアドル ISO8859-1 EQ
es_ES スペイン語 スペイン ISO8859-1 ES
es_GT スペイン語 グアテマラ ISO8859-1 EG
es_HN スペイン語 ホンジュラス ISO8859-1 FE
es_MX スペイン語 メキシコ ISO8859-1 EM
es_NI スペイン語 ニカラグア ISO8859-1 FA
es_PA スペイン語 パナマ ISO8859-1 EP
es_PE スペイン語 ペルー ISO8859-1 EW
es_PR スペイン語 プエルトリコ ISO8859-1 EX
es_PY スペイン語 パラグアイ ISO8859-1 EY
es_SV スペイン語 エルサルバドル ISO8859-1 EV
es_US スペイン語 アメリカ合衆国 ISO8859-1 ET
es_UY スペイン語 ウルグアイ ISO8859-1 FD
es_VE スペイン語 ベネズエラ ISO8859-1 EF
fi_FI フィンランド語 フィンランド ISO8859-1 FI
fr_BE フランス語 ベルギー ISO8859-1 FB
fr_CA フランス語 カナダ ISO8859-1 FC
fr_CH フランス語 スイス ISO8859-1 FS
fr_FR フランス語 フランス ISO8859-1 FF
gu_IN グジャラート語 インド UTF-8 GI
he_IL ヘブライ語 イスラエル ISO8859-8 IL
hi_IN ヒンディ語 インド UTF-8 IN
hr_HR クロアチア語 クロアチア ISO8859-2 HR
hu_HU ハンガリー語 ハンガリー ISO8859-2 HU
id_ID インドネシア語 インドネシア ISO8859-1 II
it_CH イタリア語 スイス ISO8859-1 IC
it_IT イタリア語 イタリア ISO8859-1 IT
iw_IL ヘブライ語 イスラエル ISO8859-8 IL
ja_JP 日本語 日本 IBM-943 JA
kk_KZ カザフ語 カザフスタン UTF-8 KK
ko_KR 韓国語 韓国 IBM-eucKR KR
mr_IN マラーティー語 インド UTF-8 MI
ms_MY マレー語 マレーシア ISO8859-1 MY
nl_NL オランダ語 オランダ ISO8859-1 NN
no_NO ノルウェー語 ノルウェー ISO8859-1 NO
pa_IN パンジャブ語 インド UTF-8 PI
pl_PL ポーランド語 ポーランド ISO8859-2 PL
pt_BR ポルトガル語 ブラジル ISO8859-1 BR
pt_PT ポルトガル語 ポルトガル ISO8859-1 PT
ro_RO ルーマニア語 ルーマニア ISO8859-2 RO
ru_RU ロシア語 ロシア ISO8859-5 RU
sk_SK スロバキア語 スロバキア ISO8859-2 SK
sl_SI スロベニア語 スロベニア ISO8859-2 SI
sv_SE スウェーデン語 スウェーデン ISO8859-1 SV
ta_IN タミール語 インド UTF-8 AN
te_IN テルグ語 インド UTF-8 EN
th_TH タイ語 タイ TIS-620 TH
tr_TR トルコ語 トルコ ISO8859-9 TR
zh_CN 中国語 (簡体字) 中国 (PRC) IBM-eucCN ZC
zh_HKS 中国語 (簡体字) 中国 (中国の香港特別行政区) UTF-8 ZG
zh_HKT 中国語 (繁体字) 中国 (中国の香港特別行政区) UTF-8 ZU
zh_SGS 中国語 (簡体字) シンガポール UTF-8 ZS
zh_TW 中国語 (簡体字) 台湾 BIG5 ZT
Codeset と 2 文字 CC コードとの間の マッピングは、CC 変換テーブル EDCUCSNM で定義されます。 このテーブルは、以下のようなアセンブラー・マクロで作成されます。
EDCUCSNM TITLE 'CODE SET NAME CONVERSION TABLE'
EDCUCSNM CSECT
         EDCCSNAM TYPE=ENTRY,CODESET='IBM-037',CODE='EA'
         EDCCSNAM TYPE=ENTRY,CODESET='IBM-273',CODE='EB'
         EDCCSNAM TYPE=ENTRY,CODESET='IBM-274',CODE='EC'
         EDCCSNAM TYPE=ENTRY,CODESET='IBM-277',CODE='ED'
         EDCCSNAM TYPE=ENTRY,CODESET='IBM-278',CODE='EE'
         ⋮
         EDCCSNAM TYPE=END
         END   EDCUCSNM

CODESET にはコード・セットの名前を指定し、CODE には対応する CC コードを指定します。

新しく CODESET 名を追加することにより、このテーブルをカスタマイズできます。 各 CC 名の第 1 バイトが英字のコードは、将来の使用のために IBM で予約済みですが、独自にカスタマイズする名前では 数字で始まるコードを使用できます。

コード・セット名と、それから CC コードへのマッピングとしては、表 4 に示されているものが提供されています。
表 4. サポートされるコード・セット名と CC コード
コード・セット 主な国または地域 2 バイト CC コード
Big5 台湾 BT
IBM-037 米国、カナダ、ブラジル EA
IBM-273 ドイツ、オーストリア EB
IBM-274 ベルギー EC
IBM-277 デンマーク、ノルウェー EE
IBM-278 フィンランド、スウェーデン EF
IBM-280 イタリア EG
IBM-282 ポルトガル EI
IBM-284 スペイン、ラテンアメリカ EJ
IBM-285 英国 EK
IBM-290 日本 (カタカナ) EL
IBM-297 フランス EM
IBM-300 日本語 DBCS EN
IBM-420 アルジェリア、バーレーン、エジプト、イラク、ヨルダン、クウェート、レバノン、リビア、モロッコ、オマーン、カタール、サウジアラビア、シリア、チュニジア、アラブ首長国連邦、イエメン FF
IBM-424 イスラエル FB
IBM-425 アルジェリア、バーレーン、エジプト、イラク、ヨルダン、クウェート、レバノン、リビア、モロッコ、オマーン、カタール、サウジアラビア、シリア、チュニジア、アラブ首長国連邦、イエメン AR
IBM-500 国際 EO
IBM-838 タイ EP
IBM-848 ウクライナ (ユーロ)(キリル文字) AS
IBM-870 クロアチア、チェコ共和国、ハンガリー、ポーランド、ルーマニア、セルビア (ローマ字)、スロバキア、スロベニア EQ
IBM-871 アイスランド ER
IBM-875 ギリシャ ES
IBM-880 キリル ET
IBM-924 Latin 9/Open Systems DL
IBM-930 日本、拡張カタカナ (DBCS との組み合わせ) EU
IBM-933 韓国 GZ
IBM-935 中国 (PRC) GY
IBM-937 台湾 GW
IBM-943 日本 JA
IBM-943 中国 (PRC) No
IBM-943G 日本 AN
IBM-1025 ブルガリア、マケドニア、ロシア、セルビア (キリル文字) FE
IBM-1026 トルコ EW
IBM-1027 日本 (Latin) 拡張 EX
IBM-1047 Latin 1/Open Systems EY
IBM-1112 リトアニア GD
IBM-1122 エストニア FD
IBM-1123 ウクライナ (キリル文字) FH
IBM-1125 ウクライナ (キリル文字) AT
IBM-1140 米国、カナダ、ブラジル HA
IBM-1141 オーストリア、ドイツ HB
IBM-1142 デンマーク、ノルウェー HE
IBM-1143 フィンランド、スウェーデン HF
IBM-1144 イタリア HG
IBM-1145 スペイン、ラテンアメリカ HJ
IBM-1146 英国 HK
IBM-1147 フランス HM
IBM-1148 国際 HO
IBM-1149 アイスランド HR
IBM-1153 チェコ共和国、ハンガリー、ポーランド、スロバキア、スロベニア MB
IBM-1156 ラトビア、リトアニア HZ
IBM-1157 エストニア HD
IBM-1158 ウクライナ (ユーロ)(キリル文字) FI
IBM-1165 Latin 2/オープン・システム FG
IBM-1364 韓国 KZ
IBM-1371 台湾 ZT
IBM-1388 中国 (PRC) GV
IBM-1390 日本 HU
IBM-1399 日本 HV
IBM-4933 中国 (PRC) FJ
IBM-4971 ギリシャ HS
IBM-13124 中国 (PRC) FK
IBM-53668 アルジェリア、バーレーン、エジプト、イラク、ヨルダン、クウェート、 レバノン、リビア、モロッコ、オマーン、カタール、サウジアラビア、シリア、チュニジア、アラブ首長国連邦、イエメン FV
IBMEUCCN 中国 (PRC) BY
IBMEUCKR 韓国 BZ
ISO8859-1 すべての Latin 1 諸国 I1
ISO8859-2 クロアチア、チェコ共和国、ハンガリー、ポーランド、ルーマニア、セルビア (ローマ字)、スロバキア、スロベニア I2
ISO8859-5 ブルガリア、マケドニア、ロシア、セルビア (キリル文字) I5
ISO8859-7 ギリシャ I7
ISO8859-8 イスラエル I8
ISO8859-9 トルコ I9
TIS–620 タイ BU
UTF-8 すべての国 F8
次の特別なロケール名は、上記の規則の例外であり、それは既に認識されています。
  • C (EBCDIC と ASCII)
  • POSIX (EBCDIC と ASCII)
  • SAA (EBCDIC のみ)
  • S370 (EBCDIC のみ)
特殊な名前 CPOSIXSAA、および S370 は、常に組み込みロケールを参照するものであり、修正することはできません。 S370 ロケールおよび以下の名前は、localedef ユーティリティーではなく EDCLOC アセンブラー・マクロで作成された、旧フォーマットのロケールです。
  • GERM (EBCDIC のみ)
  • FRAN (EBCDIC のみ)
  • UK (EBCDIC のみ)
  • ITAL (EBCDIC のみ)
  • SPAI (EBCDIC のみ)
  • USA (EBCDIC のみ)

EDCLOC 生成のロケールは、AMODE 64 アプリケーションではサポートされません。

上記の特殊ロケール名の同義語として、表 5 の C マクロを使用できます。これらのマクロは locale.h ヘッダー・ファイルで定義されています。 これらのマクロは、EBCDIC ロケールの場合にのみ使用できます。 コンパイル・ロケールの列における <prefix> は、非 XPLINK ロケールでは EDCXPLINK ロケールでは CEH です。 「コンパイル済みロケール」の列内の接頭部をリストするロケール用の C マクロは、AMODE 64 コンパイル用には定義されていません。

表 5. 特殊ロケール名の同義語として使用される C マクロ
マクロ ロケール コンパイル済みロケール
LC_C C 該当なし
LC_POSIX POSIX 該当なし
LC_C_GERMANY "GERM" <prefix>$GERM
LC_C_FRANCE "FRAN" <prefix>$FRAN
LC_C_UK "UK" <prefix>$UK
LC_C_ITALY "ITAL" <prefix>$ITAL
LC_C_SPAIN "SPAI" <prefix>$SPAI
LC_C_USA "USA" <prefix>$USA

旧形式の組み込みロケールの定義済み名は S370 です。

それ以外の特殊名は、その特殊名の前に文字 EDC$ (非 XPLINK ロケールの場合) また は CEH$ (XPLINK ロケールの場合) を 付加したもの (EDC$FRAN など) を名前とする EBCDIC ロケール・オブジェクトを指します。