MongoDB データベース

MongoDB (「humongous (巨大な)」という語に由来) は、拡張が容易で高性能なオープン・ソースの NoSQL データベースです。Liberty は、MongoDB Java™ Driver バージョン 2.10.0 以降の構成サポートを提供しています。

安定化されたフィーチャー: Liberty mongodb-2.0 フィーチャーは安定化されました。このフィーチャーがサポートする MongoDB Java ドライバーのバージョン 2.10.0 から 2.14.2 は、サービスが終了しました。mongodb-2.0 フィーチャーを使用する代わりに、Mongo の CDI プロデューサーを作成してください。CDI プロデューサーは、ユーザーの要件を満たすどの Mongo のバージョンも使用できます。

このフィーチャーにより、MongoDB Java Driver を使用できます。また、DB インスタンスをサーバー構成内で構成したり、EJB などの管理対象コンポーネントに注入したり、JNDI で検索したりすることができます。 アプリケーションは通常の MongoDB API を介してこれらの DB インスタンスと対話します。

Liberty には、アプリケーション用の MongoDB インスタンスおよび関連データベース接続を構成するために使用できる mongo-2.0 フィーチャーが用意されています。MongoDB 接続へのアクセスは、他の製品リソースと同様に、Java Naming and Directory Interface (JNDI) ルックアップまたはリソース注入のいずれかによって使用可能です。実際のすべてのデータベース操作は、ネイティブ com.mongodb API によって実行されます。

MongoDB サーバーおよびクライアント MongoDB ドライバーは、製品には付属していません。MongoDB データベース・サーバーおよびクライアント・ドライバーをダウンロード、インストール、および構成する必要があります。