IBM Toolbox for Java の構成

IBM® Toolbox for Java™ は、IBM i のデータとリソースへのアクセスを最適化した Java クラスの ライブラリーです。IBM Toolbox for Java JDBC driver を使用すると、Java をサポートしている任意のプラットフォーム上で実行されるサーバー・サイドおよびクライアントの Java アプリケーションから、ローカルまたはリモートの DB2® UDB for IBM i データベースにアクセスできます。

始める前に

システムで使用したい IBM Toolbox for Java のバージョンを判別します。

このタスクについて

IBM Toolbox for Java は、以下のバージョンで使用可能です。
IBM Toolbox for Java ライセンス・プログラム
このライセンス・プログラムは、IBM i のすべてのリリースで使用可能です。このライセンス・プログラムは、ご使用の IBM i システムにインストールすることが可能であり、その後に IBM Toolbox for Java の JAR ファイル (jt400.jar) をご使用のシステムにコピーするか、またはご使用のシステムのクラスパス をサーバー・インストールの位置を指すように更新してください。IBM Toolbox for Java の製品資料は、IBM i 資料から入手できます (https://www.ibm.com/support/knowledgecenter/ssw_ibm_i)。資料を見つけるには、IBM i 資料のナビゲーション・ウィンドウで以下のパスをトラバースします。

「プログラミング」 > 「Java」 > 「IBM Toolbox for Java」

JTOpen
JTOpen は、IBM Toolbox for Java のオープン・ソース・バージョンであり、 ライセンス・プログラム・バージョンよりも頻繁に更新されています。 JTOpen は、https://www.ibm.com/systems/power/software/i/toolbox/ からダウンロードできます。「JTOpen Programming Guide」もダウンロードできます。 このガイドには、JTOpen のインストール手順および JDBC ドライバーに関す る情報が記載されています。

IBM Toolbox for Java JDBC Driver は、IBM Toolbox for Java の両方のバージョンに含まれています。 この JDBC Driver は JDBC 3.0 をサポートします。 IBM Toolbox for Java および JTOpen について詳しくは、https://www.ibm.com/servers/eserver/iseries/toolbox/index.html にある製品 Web サイトを参照してください。

[AIX Solaris HP-UX Linux Windows][z/OS]トラブルの回避: iSeries 以外のプラットフォームで製品を使用する場合、 Toolbox JDBC driver の JTOpen バージョンを使用してください。

手順

  1. [AIX Solaris HP-UX Linux Windows][z/OS] jt400.jar ファイルを JTOpen URL (https://www.ibm.com/systems/power/software/i/toolbox/) からダウンロードします。

    そのファイルを、/JDBC_Drivers/Toolbox などのワークステーション上のディレクトリーに置きます。

  2. [IBM i] IBM Toolbox for Java ライセンス・プログラムをインストールします。

    このライセンス・プログラムは、IBM i のすべてのリリースで使用可能です。このライセンス・プログラムは、ご使用の IBM i システムにインストールすることが可能であり、その後に IBM Toolbox for Java の JAR ファイル (jt400.jar) をご使用のシステムにコピーするか、またはご使用のシステムのクラスパス をサーバー・インストールの位置を指すように更新してください。

  3. 管理コンソールを開きます。
  4. 「環境」 > 「WebSphere 変数」を選択します。
  5. 使用可能な有効範囲のリストで、該当するノードを選択します。
  6. この有効範囲に定義されている変数のリストで、 WebSphere® 変数 OS400_TOOLBOX_JDBC_DRIVER_PATH を探します。

    選択したノードに定義されている 変数の数によっては、OS400_TOOLBOX_JDBC_DRIVER_PATH 変数を見つけるために、 複数の変数ページをナビゲートしなければならないこともあります。この場合、 ページの最後の矢印をクリックすると、選択したノードに対応する次の変数ページに移動します。

  7. 名前列で、「OS400_TOOLBOX_JDBC_DRIVER_PATH」をクリックします。
  8. 値を、ステップ 1 でダウンロードした jt400.jar ファイルへの完全なディレクトリー・パスに設定します。 この値には、jt400.jar を含めないでください。
    例えば、 jt400.jar ファイルの完全修飾パスが
    JDBC_Drivers/Toolbox/jt400.jar
    の場合は、 JDBC_Drivers/Toolbox を、OS400_TOOLBOX_JDBC_DRIVER_PATH 変数の値として指定します。
  9. 「適用」をクリックしてから「保存」をクリックして、 変更を保存します。