Azure 対応 VHD の Azure へのアップロードおよび Azure イメージの作成

Microsoft Azure に仮想マシンをデプロイするには、Security Access Manager ファームウェアが格納された Azure 対応 VHD ファイルをストレージ・アカウントにアップロードし、これを使用してイメージを作成する必要があります。作成されたイメージ・アーティファクトは、テンプレートとして機能し、複数回デプロイできます。

このタスクについて

以下の説明では、Azure Portal (portal.azure.com) を使用した手順の実行方法を示しています。ただし、Azure CLI ツールや他の Azure 対応 API を使用してこの手順を実行することもできます。

手順

  1. Azure Portal を使用して VHD ファイルをアップロードします。
    1. 「Azure Portal」で、「ストレージ アカウント」を選択します。
    2. Security Access Manager VHD ファイルのアップロード先のストレージ・アカウントを選択します。
      • ストレージ・アカウントがない場合は、「追加」をクリックして作成します。
      • 選択した場所によって、イメージを作成し、後でデプロイできる場所が決まります。
    3. 「BLOB SERVICE」「コンテナー」を選択します。
    4. Security Access Manager VHD ファイルのアップロード先のコンテナーを選択します。
      • ストレージ・コンテナーがない場合は、「コンテナーの追加」をクリックして作成します。
    5. 「アップロード」をクリックし、アップロードする Azure 対応 Security Access Manager VHD ファイルを選択します。
      • BLOB タイプが「ページ BLOB」に設定されていることを確認してください。

    ネットワーク接続および Azure ストレージ・アカウントの場所によっては、このプロセスに時間がかかることがあります。

  2. Azure Portal を使用して、イメージを作成します。
    1. Azure Portal で、「イメージ」を選択します。
    2. 「追加]」 をクリックして、新規イメージを作成します。
      1. イメージの名前を指定します。このイメージはテンプレートであり、後で仮想マシンにデプロイする際には別の名前が使用されることに留意してください。
      2. 場所は、ストレージ・アカウントの場所と同じになるようにします。
      3. 「OS ディスク」セクションで以下を実行します。
        1. 「Linux」および OS の種類を選択します。
        2. 「BLOB ストレージ」フィールドで「参照」をクリックします。新しいパネルに、ご使用のストレージ・アカウントがリストされます。このパネルを使用して、ストレージ・アカウントおよびコンテナー内をナビゲートして、アップロードされた Security Access Manager VHD を見つけます。
      4. 「作成」をクリックして、イメージ作成プロセスを開始します。通常、この処理が完了するまで数分かかります。
    3. プロセスが完了したら、「イメージ」パネルに戻り、作成された新規イメージを確認します。

    このイメージを使用して、Azure 内に新規 Security Access Manager 仮想マシンをデプロイできます。