バージョン 28 の新機能

IBM SPSS Statistics 28

分析プロシージャー
メタ分析
メタ分析は、複数の研究で類似した調査の質問に答えている場合の、それらの研究から得たデータの分析です。これらの研究は 1 次研究と呼ばれます。メタ分析では、統計的手法を使用して、効果を総合的に推定したり、研究の間の異質性を調べたり、最終的な結果に対する出版バイアス (より一般的には小規模研究の効果) の影響を調べたりします。
以下のメタ分析プロシージャーは、バージョン 28 の新しいプロシージャーです。
メタ分析 (連続) (Meta Analysis Continuous)
アクティブ・データ・セットで提供される生データに対して連続アウトカムでのメタ分析を行い、効果サイズを推定します。
メタ分析 (連続) 効果サイズ (Meta Analysis Continuous Effect Size)
事前計算された効果サイズのデータがアクティブ・データ・セットで提供される場合に、連続アウトカムでのメタ分析を行います。
メタ分析 (2 値) (Meta Analysis Binary)
アクティブ・データ・セットで提供される生データに対して 2 値アウトカムでのメタ分析を行い、効果サイズを推定します。
メタ分析 (2 値) 効果サイズ (Meta Analysis Binary Effect Size)
事前計算された効果サイズのデータがアクティブ・データ・セットで提供される場合に、2 値アウトカムでのメタ分析を行います。
メタ分析 (回帰) (Meta Analysis Regression)
メタ分析回帰を実行します。
一般線型モデル (GLM) プロシージャー
一般線型モデル (GLM) プロシージャーのユーザー・インターフェースの「EM 平均 (EM Mean)」ダイアログに「単純な主効果の比較 (Compare simple main effects)」という設定が提供されるようになりました。目標リストに 1 つ以上の積 (交互作用効果。A*BA*B*C など) があるときは、この設定が使用可能になります。この設定は、単純な主効果 (他の因子のレベルの中にネストされる主効果) の間の比較の指定をサポートします。
線型回帰
カテゴリー変数の交互作用変数項がサポートされるようになりました。
一元配置分散分析
このプロシージャーが、数値以外のカテゴリー変数がサポートされるようになりました。
検定力分析
指定されたすべての POWER 範囲の値に対してグリッド形式で射影サンプル・サイズを表示する目的で、新しい「グリッド値 (Grid Values)」ダイアログには、POWER 値の範囲を指定するためのオプションが用意されています。
「サンプル サイズの推定」および「グリッド検定力値 (Grid power values)」オプションが選択されているときは、すべての検定力分析プロシージャーで「グリッド値 (Grid Values)」ダイアログを使用できます (ダイアログを表示するには「グリッド」コントロールをクリックします)。
比率統計
価格関連バイアス (Price-Related Bias) (PRB)
このプロシージャーで、価格関連バイアス (PRB) 散らばりメソッドがサポートされるようになりました。 PRB は、高価格の資産の場合に価格比の評価が系統的に高いか低いかを示す指標です。PRB は、評価値比のパーセント差を回帰します。差は、値の代替尺度の基数 2 の対数の中央値比から抽出されます。代替尺度は、「販売価格の平均」および「中央値に対する評価値の比率」として計算されます。この手法では、価値が 100 パーセント変化した場合の評価比の変化率も得られます。
変動係数 (COV)
新しい COV 散らばり法に、中央値中心化および平均値中心化の変動係数が組み込まれ、実質的に「中央値中心化の COV」「平均値中心化の COV」の散らばり法に取って代わっています。中央値中心化の変動係数は、中央値からの偏差の平方平方根を中央値のパーセントで表した値です。平均値中心化の変動係数は、標準偏差を平均値のパーセントで表した値です。
コマンド・シンタックス
COXREG
CONTRAST サブコマンドの DEVIATION キーワードにおいて、refcat のデフォルトが最初のカテゴリーになっています。詳しくは、CONTRAST サブコマンド (COXREG コマンド) を参照してください。
LOGISTIC REGRESSION
CONTRAST サブコマンドの DEVIATION キーワードにおいて、refcat のデフォルトが最初のカテゴリーになっています。詳しくは、CONTRAST サブコマンド (LOGISTIC REGRESSION コマンド) を参照してください。
META BINARY コマンド
この新しいコマンドは、生データがアクティブ・データ・セットで提供される場合の、効果サイズを推定するための 2 値アウトカムでのメタ分析プロシージャーを表します。詳しくは、META BINARY を参照してください。
META ES BINARY コマンド
この新しいコマンドは、事前計算された効果サイズのデータがアクティブ・データ・セットで提供される場合の、2 値アウトカムでのメタ分析プロシージャーを表します。詳しくは、META ES BINARY を参照してください。
META CONTINUOUS コマンド
この新しいコマンドは、生データがアクティブ・データ・セットで提供される場合の、効果サイズを推定するための連続アウトカムでのメタ分析プロシージャーを表します。詳しくは、META CONTINUOUS を参照してください。
META ES CONTINUOUS コマンド
この新しいコマンドは、事前計算された効果サイズのデータがアクティブ・データ・セットで提供される場合の、連続アウトカムでのメタ分析プロシージャーを表します。詳しくは、META ES CONTINUOUS を参照してください。
META REGRESSION コマンド
この新しいコマンドはメタ回帰プロシージャーを表します。詳しくは、META REGRESSION を参照してください。
RATIO STATISTICS
  • COV および PRB というキーワードが OUTFILE サブコマンドに追加されました。
  • COVPRB、および N というキーワードが PRINT サブコマンドに追加されました。
詳しくは、RATIO STATISTICS を参照してください。
関係マップ
関係マップは、変数が相互にどのように関連しているかを判別するのに有用で、各ノードとリンクが相互に持つ関連性と影響を視覚的に表します。関係マップは、ノードとリンクを通じて関連性と影響を視覚的に表します。ノードは変数および変数カテゴリーを表し、リンクはノード間の影響の強さを表します。大きいノードと太いリンク線ほど関連性と影響が強いことを表します。小さいノードと細いリンク線ほど関連性と影響が弱いことを表します。
関係マップ機能には、「グラフ」 > 「関係マップ... (Relationship Map...)」でアクセスします。
インストールとライセンス交付
本製品のインストーラーが、サブスクリプション版とライセンス交付版のうち、いずれかの IBM® SPSS® Statistics をインストールするオプションを提供するように更新されました。
サブスクリプション
アクティブにするには IBMid が必要です。サブスクリプション版の本ソフトウェアをインストールします。サブスクリプション方式で本製品をアクティブ化するには、IBM SPSS Statistics Subscription を購入する必要があります。
ライセンス交付
本ソフトウェアをアクティブにするには、許可ユーザー・ライセンスまたは同時ユーザー・ライセンスが必要です。単一ユーザー・ライセンスまたは同時ユーザー・ライセンスで本製品をアクティブ化するには、IBM SPSS Statistics のオンプレミス・ライセンスを購入する必要があります。
サブスクリプション版とライセンス交付版の違いについて詳しくは、『お客様に適したIBM SPSS Statisticsバージョンをご提案します』を参照してください。
出力の機能拡張
ワークブック
ワークブック・モードで出力を表示する機能は、SPSS Statistics のシンタックス編集機能とノートブック式アプローチとの橋渡しをするものであり、対話式にシンタックスを実行して、対応する出力を表示することができます。ワークブック文書 (*.spwb) は、個々の段落から構成されます。段落には出力要素 (シンタックス、テーブル、グラフなど) が入ります。シンタックスの段落には、シンタックス編集と実行の機能がすべて備わっています。リッチ・テキスト段落には、充実したリッチ・テキスト編集機能が備わっています。
図表とテーブルのエディターの使いやすさの機能拡張
ピボット・テーブル・エディター
ピボット・テーブル・エディターのユーザー・インターフェースにおいて、ダイアログの右側に、編集オプションの引き出し式ペインが組み込まれました。このペインには、行と列の処理、テキスト属性の指定、罫線パラメーターの定義、セル書式の指定、脚注およびテーブル・コメントの定義を行うためのオプションが表示されます。
インストールされた拡張
よく使用される追加の拡張は、製品とともに自動的にインストールされるようになりました。インストールされた拡張は、そのメニュー・エントリーの横にあるプラス記号で識別できます (例: Extension symbol)。
検索の機能拡張
検索機能が更新され、プロシージャー、ヘルプ・トピック、シンタックスのリファレンス、およびケース・スタディーの結果も得られるようになりました。検索機能が、各ユーザー・インターフェース・ダイアログおよびヘルプ・システムのトピックにあるすべての語句を検索するようになりました。
コマンド・シンタックスのヘルプが更新され、シンタックス・エディターでコマンドやサブコマンドにカーソルを合わせると、ツールチップにシンタックスの例が表示されるようになりました。
出力のエクスポートの機能拡張
Word 文書 (*.docx)
出力を Microsoft Word (*.docx) 形式でエクスポートできるようになりました。
テキスト - プレーン (*txt)、テキスト - UTF8 (*txt)、およびテキスト - UTF16 (*txt)
テキストのエクスポート設定が、各種のエンコード方式を備えた 3 つのオプションに分割されました。
Excel 出力
Microsoft Excel のエクスポート設定に、ワークブックおよびワークシートの両方を作成するためのオプションが提供されるようになりました。
印刷プレビュー
「ファイル」 > 「印刷プレビュー」で、PDF 形式での出力プレビューが可能です。
非表示の行
「ケースの選択」機能を使用して特定の行をデータ・エディターに表示しないように設定した場合は、データ・エディターから行をコピーするときに、非表示の行が選択されないようになりました。
図表ビルダーの使いやすさの機能拡張
「図表の外観」タブのテンプレート・コントロールを再設計し、テンプレート選択オプションを合理化しました。
アクセシビリティー
ユーザー・インターフェースでハイコントラスト・モードがサポートされるようになりました。このモードでは、背景とテキストの色が調整され、アプリケーションの表示が読みやすくなります。