製品の概要

製品、製品の新機能、およびこの資料内の各所で使用されている規則を簡単に理解することができます。

本書は、IBM® SDK, Java™ Technology Edition バージョン 8 および新しい版で明記されていない限り、以降のすべてのリリースおよびモディフィケーションに適用されます。

本書では、IBM SDK, Java Technology Edition, バージョン 8 という名前は、文章に特別に付記されていない限り、サポートされるあらゆる構成を参照するために使用されます。

このユーザー・ガイドは、Oracle Critical Patch Update (CPU) を含む IBM SDK, Java Technology Edition, バージョン 8 がリフレッシュされるたびに更新されます。 Oracle CPU は、お知らせ (https://www.oracle.com/technetwork/topics/security/alerts-086861.html) で概説されているように、3 カ月ごとにスケジュールされます。 その後まもなく、CPU を含む IBM パッケージが入手可能になります。

このユーザー・ガイドに含めることができなかった、IBM SDK, Java Technology Edition, バージョン 8 の最新情報は、次のサイトにあります。https://www.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg21672834

サービス・リフレッシュをサポートするために本書の内容が変更された箇所は、右向きの矢印と文字 SR1 を含むグラフィック。 などのグラフィック画像で示されています。 この画像の「SR1」は、サービス・リフレッシュ 1 で行われた変更個所の開始位置を示します。 フィックスパック・リリースで行われた変更については、省略語 FP を含む同様のグラフィック画像で示しています。変更箇所の終了位置には、左向きの矢印を含むグラフィック。 のマークが付けられています。

インストールされているバージョンのサービス・リフレッシュ・レベルまたはフィックスパック・レベルを 判別するには、バージョン情報の取得を参照してください。

本書の PDF 版をダウンロードできます。 ユーザー・ガイドとともに、『ダウンロード可能な資料』トピックを参照してください。