SDK ユーザーズ・ガイド

IBM® SDK, Java™ Technology Edition, バージョン8 についての情報が表示されます。

この情報は、すべてのサポート対象オペレーティング・システム上の、製品のエディションすべてに適用されます。 本資料では、IBM SDK, Java Technology Edition, バージョン8名は、特にテキストに明記されない限り、サポート構成のいずれかを指すように使われます。

このユーザー・ガイドでは、Oracle実装とIBM実装の区別を説明します。 このユーザー・ガイドでは、Oracle( https://docs.oracle.com/en/java/javase/index.html) からの詳細資料が記載されています。

このユーザー・ガイドは、Oracle Critical Patch Update (CPU) を含む IBM SDK, Java Technology Edition, バージョン8 がリフレッシュされるたびに更新されます。 Oracle CPU は、お知らせ (https://www.oracle.com/technetwork/topics/security/alerts-086861.html) で概説されているように、3 カ月ごとにスケジュールされます。 その後まもなく、CPU を含む IBM パッケージが入手可能になります。

サービス・リフレッシュをサポートするために本書の内容が変更された箇所は、右向きの矢印と文字 SR1 を含むグラフィック。 などのグラフィック画像で示されています。 この画像の「SR1」は、サービス・リフレッシュ 1 で行われた変更個所の開始位置を示します。 フィックスパック・リリースで行われた変更については、省略語 FP を含む同様のグラフィック画像で示しています。 変更箇所の終了位置には、左向きの矢印を含むグラフィック。 のマークが付けられています。

インストールされているバージョンのサービス・リフレッシュ・レベルまたはフィックスパック・レベルを 判別するには、バージョン情報の取得を参照してください。

その他の情報とリソース:
  • SDKはJavaSDKサポート・ページからダウンロードできます。
  • IBM SDK の資料を Eclipse プラグインとしてダウンロードしたり、 印刷用に PDF 形式でダウンロードしたりするには、ユーザー・ガイドとともに『ダウンロード可能な資料』トピックを参照してください。
  • 本資料記載なしの最新情報については、IBMSDK, Java技術版バージョン8:補足資料 を参照してください。
  • IBMSDKから生成されたAPI資料については、アプリケーション・プログラミング解説書 を参照してください。
  • Java技術に関する記事、チュートリアルおよびその他の技術リソースについては、 IBM 開発者 を参照してください。