「CVS リポジトリー」ビュー

「CVS リポジトリー」ビューは、「CVS リポジトリー・エクスプローラー」 パースペクティブの一部であり、ユーザーがワークベンチに追加した CVS リポジトリーのロケーションを表示します。  ロケーションを展開すると、そのリポジトリー内の主幹線 (HEAD)、プロジェクト・バージョン、 およびブランチが明らかになります。 さらにプロジェクト・バージョンとブランチを展開して、その中に含まれるフォルダーとファイルを 展開することができます。

このビューのポップアップ・メニューによって、新規のリポジトリー・ロケーションを指定することもできます。 「CVS リポジトリー」ビューを使用して、 リポジトリーからワークベンチへのリソースのチェックアウト、 ビューによって示されたブランチとバージョンの構成、 リソース・ヒストリーの表示、およびリソースのバージョンの比較を行います。

次の図に「CVS リポジトリー」ビューの外観を示します。

「CVS リポジトリー」ビュー

リポジトリー・ビューに 2 つのタイプのフォルダーが表示されます。多くの場合、それらは同じ方法で取り扱われます。それらは、 「リポジトリー」ビューなどからチェックアウトされます。モジュールがチェックアウトできても、「リポジトリー」ビューに拡張されない場合があります。

CVS サーバー上のフォルダーにマップする CVS モジュールの画像 CVS サーバー上のフォルダーにマップする CVS モジュール。
リポジトリーの CVSROOT/モジュール・ファイルに定義されている CVS モジュールの画像 リポジトリーの CVSROOT/モジュール・ファイルに定義された CVS モジュール。

ワークベンチ内の他のビューと同様、「CVS リポジトリー」ビューには、独自のツールバーがあります。 ビューの更新、ナビゲート、および新規リポジトリー・ロケーションの作成を行うための ツールバー・ボタンが用意されています。 また、ツールバーには、ワーキング・セットによってビューをフィルタリングできるドロップダウン・メニューも含まれています。

ツールバー

ホーム

このコマンドは、ビューを再表示し、ビューで表示されるルートとしてリポジトリー・ロケーション を表示します。

戻る

このコマンドは、ビューを再表示し、前に発行された「次へジャンプ」コマンドの直前に表示されたルートを表示します。

次へジャンプ

このコマンドは、ビューを再表示し、選択されたエントリーの子を、ビュー で表示するルートにします。

ビューの更新

このコマンドは「リポジトリー」ビューの内容を最新表示します。

すべて省略表示

このコマンドは、「リポジトリー」ビューで展開されたエントリーをすべて省略表示します。

CVS リポジトリーの追加

このコマンドは、新しいリポジトリー・ロケーションの指定を支援するウィザードを表示します。

ドロップダウン・メニュー

タイトル・バーのドロップダウン・メニューにより、「リポジトリー」ビューでワーキング・セットをフィルタリングすることができます。また、CVSROOT/modules ファイルに定義されている CVS モジュールを非表示にすることもできます。

コンテキスト・メニュー

「リポジトリー」ビューのコンテキスト・メニューから、多くの有用な操作を行うことができます。

「新規」>「リポジトリー・ロケーション」 

このコマンドは、新しいリポジトリー・ロケーションの指定を支援するウィザードを表示します (「CVS リポジトリーの追加」ツールバー項目と同じ)。

「新規」>「日付タグ」

このコマンドは、リポジトリー・ロケーションおよび「日付」カテゴリー・エントリーで使用可能で、 「リポジトリー」ビューのロケーション・エントリーの「日付」カテゴリーに追加される日付タグを 指定できるダイアログを表示します。

チェックアウト

このコマンドは、選択した CVS モジュールをリモート・モジュールと同じ名前でワークベンチの プロジェクトにチェックアウトするか (サーバー上のフォルダーであるリモート・モジュールの場合)、または モジュールで指定された名前でプロジェクトにチェックアウトします (モジュールがサーバーの CVSROOT/modules ファイルで定義されている場合)。

別名チェックアウト...

このコマンドは、選択されたリモート・モジュールがワークベンチにチェックアウトされる方法を構成できるように 「チェックアウト」ウィザードを開きます。

バージョンとしてタグ付け...

このコマンドは、現在のブランチの内容に基づいて、選択されたリソースをバージョン管理します。

既存タグでタグ付け...

このコマンドは、現在のブランチの内容に基づいて、選択されたリソースをバージョン管理します。 必要なら、以前にタグ付けされたリソースからタグを移動します。

比較

このコマンドは 2 つの選択されたリソースを比較します。

比較...

このコマンドは、選択されたフォルダーを同じフォルダーのブランチまたはバージョンと比較します。

すべて展開

このコマンドは、1 つのパス内で選択された項目のすべてのサブフォルダーを取り出します。

ビューの更新

このコマンドは、フォルダー・ツリーのリポジトリーを最新表示にします。

接続の貼り付け

クリップボードの内容に基づいて、新しいリポジトリー・ロケーションを作成します。 新規接続を貼り付けるためには、クリップボードに有効なリポジトリー・ロケーション・ストリング (例えば、:pserver:dev.eclipse.org:/cvsroot/eclipse) が存在する必要があります。

クリップボードにコピー

選択されたリポジトリーの識別文字列をクリップボードにコピーします。

ロケーションの破棄

このコマンドは、選択されたリポジトリー・ロケーションを削除します。  これまでこのリポジトリーにマップされていたすべてのプロジェクトをまずマップ解除する必要があることに注意してください。

ブランチおよびバージョンの構成

このコマンドは、選択されたフォルダーのリポジトリーに存在するブランチおよびバージョン・タグの発見を支援するウィザードを起動し、 これらのタグを持つリソースをリポジトリーに追加してブラウズできるようにします。

ブランチの更新...

このコマンドは、リポジトリー・ロケーション・エントリー上で使用可能で、 選択されたプロジェクトの「リポジトリー」ビューで表示される既知のブランチとバージョンのリストを更新できるようにします。 この操作は、それぞれのプロジェクトごとに定義された自動更新ファイルを使用します。 特定のプロジェクトに対する操作が失敗した場合は、 そのプロジェクトで「ブランチおよびバージョンの構成」を使用し、1 つ以上の適切な更新ファイルを選択します。

ブランチ・リストに追加 ...

このコマンドは、「リポジトリー」ビューで指定されたブランチの下に表示されているプロジェクトのリストに選択されたプロジェクトを追加します。 このコマンドは、「リポジトリー」ビューのみを変更し、リポジトリーに影響を全く与えません。プロジェクトをブランチに追加する場合は、この操作を実行した後、「既存タグでタグ付け」を実行できます。

開く

このコマンドは、エディターで選択されたファイルを開きます。  リポジトリー内のファイルは改訂されないため、エディターはそのファイルを読み取り専用状態で開き、変更はできません。 

注釈の表示

このコマンドは、ファイルの各コードの行の作成者を識別する注釈付きでファイルの内容を表示します。

ヒストリーの表示

このコマンドは、選択されたファイルの改訂ヒストリーを「ヒストリー」ビューに表示します。

プロパティー

このコマンドは、リポジトリー・ロケーション・エントリーで使用可能であり、 ロケーションのプロパティーを変更することができます。 また表示名の割り当てと、クライアントとサーバー間でのファイル・パスおよびコミット・コメントの変換 を行う (ただし、ファイルの内容には影響しません) ために使用されるサーバー・エンコードの割り当ても可能です。

関連概念
CVS によるチーム・プログラミング
CVS リポジトリー
ブランチ
バージョン
ローカル・ヒストリー

関連タスク
CVS リポジトリー・ロケーションの作成
CVS リポジトリー・ロケーションの破棄
「CVS リポジトリー」ビューの更新
CVS リポジトリー・ロケーションのプロパティーの変更
CVS リポジトリーからのプロジェクトのチェックアウト
ワークベンチ内のリソースの置換
CVS を使用する新規プロジェクトの共有
ファイルの改訂ヒストリーの表示

関連リファレンス
CVS
「CVS リソース・ヒストリー」ビュー