Rational Rhapsody エディション

システム・エンジニアリングでは、IBM® Rational® Rhapsody® Architect for Systems Engineers および Rational Rhapsody Designer for Systems Engineers を使用する場合があります。ソフトウェア・エンジニアリングでは、Rational Rhapsody Developer エディションおよび Rational Rhapsody Architect for Software を使用する場合があります。チーム・コラボレーションでは、Rational Rhapsody Design Manager を使用する場合があります。

次の表では、Rational Rhapsody の各エディションの機能について説明します。

表 1. Rational Rhapsody エディション
フォーカス エディション 機能
システム・エンジニアリング Rational Rhapsody Architect for Systems Engineers システム・エンジニアが SysML を使用してシステムをモデル化および設計できるようにします。ただし、シミュレーションはサポートしていません。このエディションでは、SysML、UML、または AUTOSAR を使用してシステムをモデル化および設計したり、パラメトリック制約ダイアグラムを評価したりすることができます。
Rational Rhapsody Designer for Systems Engineers 設計レベルのシミュレーションを提供して、要件および設計の早期検証を実現します。この製品エディションは、シミュレーション専用なので、組み込みターゲットのコードを生成しません。このエディションには、IBM Rational Rhapsody Architect for Systems Engineers のすべての機能が含まれます。また、初期設計の検証のために、モデル・レベル・シミュレーションを作成できます。
ソフトウェア開発 Rational Rhapsody Developer for C, C++, and Java™ このエディションには、すべての Rational Rhapsody Developer 関数、C、C++、および Java コードの完全な振る舞いの生成、および C# 構造コードの生成などが含まれます。
Rational Rhapsody Developer for Ada このエディションには、Ada 専用の Rational Rhapsody Developer 機能がすべて含まれます。
Rational Rhapsody Developer このエディションには、すべての Rational Rhapsody Developer 関数が含まれます。 C、C++、Java、および Ada など、サポートされているすべてのターゲット言語のコードを生成できます。 C# の構造コードも生成できます。このエディションは、すべての言語 (C、C++、および Java)、および Ada でソフトウェアとシステムを開発する組織に特に適しています。
Rational Rhapsody Architect for Software このエディションでは、C、C++、Java、および C# で設計をビジュアルにモデル化して、コード・フレーム とも呼ばれる構造コードのみを生成できます。この製品には、ステートチャートの完全な振る舞いコードや、ビルド・プロセスを自動化するためのビルド成果物生成機能は、含まれていません。 IBM Rational Rhapsody TestConductor Add On を使用して、開発した設計を検証できます。Rational Rhapsody Architect for Software エディションは、C、C++、C#、および Java アプリケーションの開発に適した Rational Rhapsody Developer オファリングより低価格のエントリー・ポイントを提供します。
チーム・コラボレーション Rational Rhapsody Design Manager フィーチャー

このフィーチャーについて詳しくは、Rational Design Management の製品資料の『Design Management のライセンス管理』のトピックを参照してください。Rational Rhapsody Design Manager で使用可能なロール・ベースのクライアント・アクセス・ライセンスおよびそれらの読み取り/書き込み設定を参照するには、Rational solution for Collaborative Lifecycle Management の製品資料の『クライアント・アクセス・ライセンスの管理の概要』トピックを参照してください。
このフィーチャーを使用すると、設計情報 (MathWorks Simulink を含む) のレビューを作成して Jazz™ プラットフォームに公開し、Web クライアントまたは Rational Rhapsody クライアントを通して、設計情報の共有、検索、コラボレーション、およびレビューを行うことができます。 Rational Rhapsody クライアントから直接、 サーバー上の Rational Rhapsody モデルを編集することができます。 Open Services for Lifecycle Collaboration (OSLC) リンクを使用することで、Rational DOORS® と統合することもできます。 さらに、変更管理、レポートのカスタマイズにアクセスでき、計画、Design Management、ソフトウェア構成管理、自動化 (ビルド・システム)、要求管理、およびテスト管理にアクセスできます。

Rational Rhapsody Design Manager について詳しくは、Rational Design Management の製品資料の『Design Management の概要』のトピックを参照してください。
Rational Rhapsody コントリビューター・フィーチャー

このフィーチャーについて詳しくは、『Design Management のライセンス管理』のトピックを参照してください。 Rational Rhapsody Design Manager で使用可能なロール・ベースのクライアント・アクセス・ライセンスおよびそれらの読み取り/書き込み設定を参照するには、『クライアント・アクセス・ライセンスの管理の概要』トピックにアクセスしてください。
このフィーチャーにより、変更管理、レポートのカスタマイズにアクセスでき、さらに Web クライアントまたは Rational Rhapsody クライアントを通して、計画、Design Management、ソフトウェア構成管理、自動化 (ビルド・システム)、要求管理、およびテスト管理にアクセスできます。

フィードバック