GDPR 対応のための考慮事項

組織で一般データ保護規則 (GDPR) に対応するために考慮する必要がある、構成可能な IBM® Intelligent Operations Center の機能と、この製品の使用の様々な側面に関する情報。

特記事項:

この資料は、お客様の GDPR 対応の準備を支援することを目的としています。この資料は、お客様の組織において GDPR の対応をするために考慮する必要がある、構成可能な IBM Intelligent Operations Center の機能と、この製品の使用の様々な側面の情報を提供します。この情報は、多くの方法でお客様が機能を選択し、フィーチャーを構成することができ、かつ多様で膨大な方法にてこの製品を単体で使用、およびこの製品を第三者のアプリケーションやシステムと組み合わせて使用することができるため、網羅的なリストではありません。

お客様自身が欧州連合の一般データ保護規則を含む各種法令を遵守するために必要な措置を講ずるのはお客様の責任です。お客様のビジネスに影響を及ぼす可能性のある関連法令の特定およびそれらの解釈、ならびにかかる関連法令を遵守するためにお客様が講ずるべき必要措置に関する助言は、お客様の責任により適格な弁護士から得るものとします。

本書に記載の製品、サービス、および他の機能が、すべてのお客様の状況に適しているとは限らず、使用する際に制約を受ける場合があります。IBM は、法律、会計または監査に関する助言を提供することはしませんし、IBM のサービスまたは製品が、お客様のあらゆる法令遵守の裏付けとなる表明または保証もいたしません。

GDPR

一般データ保護規則 (GDPR) は EU で採用され、2018 年 5 月 25 日より適用されます。

GDPR が重要である理由

GDPR は、個人の個人データの処理のためのより強固なデータ保護規制フレームワークを確立します。GDPR により以下のことがもたらされます。
  • 個人の新しい権利と拡張された権利
  • 個人データの定義の拡大
  • 処理者の新しい義務
  • 不遵守に対して高額の制裁金の可能性
  • データ侵害に関する通知の義務付け

GDPR についての詳細

製品構成: GDPR 対応に関する考慮事項

組織での GDPR 対応に役立つ IBM Intelligent Operations Center の構成に関する情報が、管理ユーザー・インターフェースに用意されています。データ・アクセスとデータの削除または編集に関する情報を得るには、システム管理者として「システム管理」 > 「GDPR の指示」に移動してください。