[UNIX、Linux、Windows]

setmqenv (IBM MQ 環境の設定)

setmqenv コマンドを使用して、UNIX、Linux®、および WindowsIBM® MQ 環境を セットアップします。

目的

setmqenv コマンドを使用して、IBM MQ のインストールで使用する環境を自動的にセットアップできます。また、crtmqenv コマンドを使用すると、環境変数と値のリストを作成して、ご使用のシステム用に各環境変数を手動で設定することもできます。詳しくは、crtmqenv (IBM MQ 環境の作成)を参照してください。
注: 環境に対する変更は、永続的ではありません。 ログアウトして、再度ログインすると、変更は失われます。

環境をセットアップする対象となるインストールを指定するには、キュー・マネージャー名、インストール名、またはインストール・パスを指定します。 setmqenv コマンドにパラメーター -s を指定して発行することで、このコマンドが発行されたインストール用の環境をセットアップすることもできます。

setmqenv コマンドは、ご使用のシステムに合わせて次の環境変数を設定します。
  • CLASSPATH
  • INCLUDE
  • LIB
  • MANPATH
  • MQ_DATA_PATH
  • MQ_ENV_MODE
  • MQ_FILE_PATH
  • MQ_INSTALLATION_NAME
  • MQ_INSTALLATION_PATH
  • MQ_JAVA_INSTALL_PATH
  • MQ_JAVA_DATA_PATH
  • MQ_JAVA_LIB_PATH
  • MQ_JAVA_JVM_FLAG
  • MQ_JRE_PATH
  • PATH

使用上の注意

  • setmqenv コマンドは、環境をセットアップする対象のインストール済み環境に新規の参照を追加する前に、すべての IBM MQ インストール済み環境のすべてのディレクトリーを環境変数から削除します。 そのため、IBM MQ を参照する追加の環境変数を設定する場合は、setmqenv コマンドを発行した後でそれらの変数を設定します。例えば、 MQ_INSTALLATION_PATH/java/libLD_LIBRARY_PATH に追加するには、setmqenv コマンドの実行後に追加する必要があります。
  • 一部のシェルでは、コマンド行パラメーターは setmqenv で使用することはできず、発行された setmqenv コマンドは setmqenv -s コマンドであると見なされます。 コマンドは、setmqenv -s コマンドが発行されたかのようにこのコマンドが実行されたことを示す情報メッセージを生成します。そのため、これらのシェルでは、必ず環境を設定する対象となるインストール済み環境からこのコマンドを発行する必要があります。 これらのシェルでは、LD_LIBRARY_PATH 変数を手動で設定する必要があります。crtmqenv コマンドに -l または -k パラメーターを指定して使用し、LD_LIBRARY_PATH 変数および値をリストします。 次に、この値を使用して、LD_LIBRARY_PATH を設定します。

構文

構文図を読む構文図をスキップする setmqenv -mQMgrName-nInstallationName-p InstallationPath-r-s -k-l -x Mode

オプション・パラメーター

-m QMgrName
キュー・マネージャー QMgrName に関連付けられているインストール用に環境を設定します。
-n InstallationName
InstallationName という名前のインストールの環境を設定します。
-p InstallationPath
パス InstallationPath にあるインストールの環境を設定します。
-r
すべてのインストールを環境から削除します。
-s
setmqenv コマンドを発行したインストールの環境を設定します。
[Linux][UNIX]-k
UNIX および Linux にのみ適用されます。-k フラグを指定する場合:
  • [AIX]AIX® では、LIBPATH 環境変数が設定されます。
  • [Linux][Solaris]Solaris、および Linux の場合、LD_LIBRARY_PATH 環境変数が設定されます。
LD_LIBRARY_PATH または LIBPATH 環境変数を環境に含め、IBM MQ ライブラリーへのパスを現在の LD_LIBRARY_PATH または LIBPATH 変数の先頭に追加します。
[Linux][UNIX]-l
UNIX および Linux にのみ適用されます。-l フラグを指定する場合:
  • [AIX]AIX では、LIBPATH 環境変数が設定されます。
  • [Linux][Solaris]Solaris、および Linux の場合、LD_LIBRARY_PATH 環境変数が設定されます。
LD_LIBRARY_PATH 環境変数または LIBPATH 環境変数を環境に含め、IBM MQ ライブラリーへのパスを現在の LD_LIBRARY_PATH 変数または LIBPATH 変数の末尾に追加します。
-x Mode
Mode の値は、32 または 64 になります。
32 ビットまたは 64 ビットの環境を作成します。 このパラメーターを指定しない場合、環境は、キュー・マネージャーの環境、またはコマンドで指定したインストールの環境と一致します。
32 ビットのインストールで 64 ビット環境を表示しようとすると、失敗します。

戻りコード

表 1. 戻りコードの ID と説明
戻りコード 説明
0 コマンドは正常に終了しました。
10 コマンドは終了しましたが、予期しない結果が出ました。
20 処理中にエラーが発生しました。

[Linux][UNIX]次の例では、IBM MQ のコピーが UNIX または Linux システムの /opt/mqm ディレクトリーにインストールされていることを前提としています。
注: 各コマンドの先頭にピリオド文字 (.) を使用すると、setmqenv スクリプトは現行シェル内で実行されます。 そのため、setmqenv スクリプトによる環境の変更は、現行シェルに対して適用されます。ピリオド文字 (.) を付けないと、別のシェル内の環境変数が変更され、コマンドの発行元シェルには変更が適用されません。
  • 次のコマンドは、/opt/mqm ディレクトリーにインストールされているインストールの環境をセットアップします。
    
    . /opt/mqm/bin/setmqenv -s
    
  • 次のコマンドは、/opt/mqm2 ディレクトリーにインストールされているインストール用に環境をセットアップし、LD_LIBRARY_PATH 変数の現在の値の最後に、このインストールへのパスを含めます。
    
    . /opt/mqm/bin/setmqenv -p /opt/mqm2 -l
    
  • 次のコマンドは、キュー・マネージャー QM1 の環境を 32 ビット環境でセットアップします。
    
    . /opt/mqm/bin/setmqenv -m QM1 -x 32
    
[Windows]次の例では、IBM MQ のコピー が Windows システム の C:¥Program Files¥IBM¥MQ にインストールされていることを前提としています。次のコマンドは、Installation1 という名前のインストールの環境をセットアップします。

"C:¥Program Files¥IBM¥MQ\bin\setmqenv.cmd" -n Installation1