[Linux]

Linux システム用の IBM MQ rpm コンポーネント

IBM® MQのインストール時に必要なコンポーネントを選択できます。

重要: IBM MQ を購入するたびにインストールする資格が付与される内容について詳しくは、 IBM MQ ライセンス情報 を参照してください。
これらのコンポーネントを表示するには、例として次のようなコマンドを使用できます。
rpm -qa | grep MQ | xargs rpm -q --info
表 1 は、 IBM MQ サーバーまたはクライアントを Linux® システムにインストールするときに使用できるコンポーネントを示しています。
表 1. Linux システム用の IBM MQ コンポーネント
コンポーネント 説明 サーバー・メディア クライアント・メディア RPM パッケージ名
のランタイム サーバーとクライアントの両方のインストールに共通なファイルを含んでいます。
注: MQSeriesRuntime コンポーネントをインストールする必要があります。
X X

MQSeriesRuntime

サーバー サーバーを使用し、システムでキュー・マネージャーを実行したり、ネットワークを介して他のシステムに接続したりできます。 アプリケーションにメッセージングおよびキューイング・サービスを提供し、 IBM MQ クライアント接続をサポートします。 X  

MQSeriesServer

標準クライアント IBM MQ MQI クライアント は、キュー・マネージャーを持たない IBM MQの小さなサブセットであり、他の (サーバー) システム上のキュー・マネージャーとキューを使用します。 これは、それが置かれているシステムが、 IBM MQのフル・サーバー・バージョンを実行している別のシステムに接続されている場合にのみ使用できます。 このクライアントとサーバーは、必要であれば同じシステム上に置くことができます。 X X

MQSeriesClient

SDK SDK は、アプリケーションのコンパイルに必要です。 これには、 IBM MQで実行するアプリケーションを開発するために必要なサンプル・ソース・ファイルとバインディング (.H、.LIB、.DLL などのファイル) が含まれています。 X X

MQSeriesSDK

サンプル・プログラム サンプル・アプリケーション・プログラムは、検査手順を使用して IBM MQ インストール済み環境を検査する場合に必要です。 X X

MQSeriesSamples

Java メッセージング Java を使用したメッセージングに必要なファイル ( Java Message Service を含む)。 X X

MQSeriesJava

マニュアル・ページ UNIX マニュアル・ページ (米国) English:
制御コマンド
MQI 呼び出し
MQSC コマンド
X X

MQSeriesMan

Java JRE Javaで作成された IBM MQ の部分によって使用される Java ランタイム環境。 X X

MQSeriesJRE

メッセージ・カタログ 使用可能な言語については、以下の メッセージ・カタログ の表を参照してください。 X X  
IBM グローバル・セキュリティー・キット IBM Global Security Kit V8 証明書および TLS、基本ランタイム。 X X

MQSeriesGSKit

Telemetry サービス MQ テレメトリー は、 IBM MQ テレメトリー・トランスポート (MQTT) プロトコルを使用するモノのインターネット (IOT) デバイス (つまり、リモート・センサー、アクチュエーター、テレメトリー・デバイス) の接続をサポートします。 テレメトリー (MQXR) サービスは、キュー・マネージャーが MQTT サーバーとして機能し、 MQTT クライアント・アプリケーションと通信できるようにします。

テレメトリー・サービスは、 Linux for x86-64 (64 ビット) および Linux for IBM Zでのみ使用可能です。

MQTT クライアントのセットは、 Eclipse Paho ダウンロード・ページから入手できます。 これらの豊富なクライアントは、IOT デバイスが MQTT サーバーとの通信に使用する独自の MQTT クライアント・アプリケーションを作成するのに役立ちます。

MQ Telemetry のインストールの注意点も参照してください。

X  

MQSeriesXRService

IBM MQ Explorer IBM MQ エクスプローラー を使用して、 Linux x86-64 システム上のリソースを管理およびモニターします。 Fix Centralから スタンドアロン・インストーラー を使用することもできます。
注: IBM MQ エクスプローラー は、 Linux for x86-64 (64 ビット) でのみ使用可能です。
X  

MQSeriesExplorer

管理対象ファイル転送 MQ ファイル転送管理 は、ファイル・サイズや使用するオペレーティング・システムに関係なく、管理された監査可能な方法でシステム間でファイルを転送します。 各コンポーネントの機能については、 Managed File Transfer 製品のオプションを参照してください。 X  

MQSeriesFTAgent
MQSeriesFTBase
MQSeriesFTLogger
MQSeriesFTService
MQSeriesFTTools

Advanced Message Security エンド・アプリケーションに影響を与えることなく、 IBM MQ ネットワークを流れる機密データを高いレベルで保護します。 このコンポーネントは、保護するキューをホストするすべての IBM MQ インストール済み環境にインストールする必要があります。

Java クライアント接続のみを使用している場合を除き、保護キューとの間でメッセージの書き込みまたは取得を行うプログラムによって使用されるすべての IBM MQ インストール済み環境に、 IBM Global Security Kit コンポーネントをインストールする必要があります。

このコンポーネントをインストールするには、Java JRE コンポーネントをインストールする必要があります。

X  

MQSeriesAMS

AMQP サービス このコンポーネントをインストールして、AMQP チャネルを使用可能にします。 AMQP チャネルは MQ Light API をサポートします。 AMQP チャネルを使用して、 IBM MQが提供するエンタープライズ・レベルのメッセージング機能に AMQP アプリケーションがアクセスできるようにすることができます。 X  

MQSeriesAMQP

[V9.1.0 2018 年 7 月]REST API およびコンソール REST API および IBM MQ コンソールを使用して、 IBM MQ の HTTP ベースの管理を追加します。 X  

MQSeriesWeb

[V9.1.0 2018 年 7 月]IBM MQ Bridge to Salesforce (非推奨) このコンポーネントをインストールして、 Salesforce および IBM MQへの接続を構成してから、 runmqsfb コマンドを実行して Salesforce からのイベントをサブスクライブし、それらを IBM MQ ネットワークにパブリッシュします。
注: IBM MQ ブリッジ先 Salesforce は、 Linux for x86-64 (64 ビット) でのみ使用可能です。
X X

MQSeriesSFBridge

[V9.1.0 2018 年 7 月]IBM MQ Bridge to blockchain (非推奨) このコンポーネントをインストールして、ブロックチェーン・ネットワークと IBM MQへの接続を構成します。 その後 runmqbcb コマンドを実行して、ブリッジを開始し、blockchain ネットワークに照会や更新を送信したり、blockchain ネットワークから応答を受信したりできます。 ブリッジの接続先のキュー・マネージャーは、 IBM MQ Advanced キュー・マネージャーでなければなりません。 詳しくは、 IBM MQ Advancedとはを参照してください。
注:

ブロックチェーンへの IBM MQ ブリッジ は、 Linux for x86-64 (64 ビット) でのみ使用可能です。

このコンポーネントと Docker の併用はサポートされていません。

X X

MQSeriesBCBridge

[V9.1.0 2018 年 7 月]RDQM (複製データ・キュー・マネージャー) このコンポーネントをインストールして、複製データ・キュー・マネージャーの高可用性構成を使用できるようにします。 詳しくは、 RDQM (複製データ・キュー・マネージャー) のインストール を参照してください。

このコンポーネントは、 Linux for x86-64 (64 ビット)、RHEL 7.3 以降でのみ使用可能です。

注: このコンポーネントは、 Dockerでの使用はサポートされていません。
X  

MQSeriesRDQM

注: RDQM インストール・ディレクトリーにアクセスするには、以下の手順を実行します。
  1. root としてログインします。
  2. インストール・イメージを選択したディレクトリーにダウンロードします。 詳しくは、 ダウンロード可能なインストール・イメージの入手先 を参照してください。
  3. コマンド ls -1F を使用すると、次のファイルが表示されます。
    IBM_MQ_9.r_LINUX_X86-64.tar.gz
    r は製品のリリースです。
  4. 次のコマンドを使用して tar ファイルを解凍します。
    tar -zxvf IBM_MQ_9.r_LINUX_X86-64.tar.gz
  5. ls -1F コマンドを使用すると、 MQServerというサブディレクトリーが tar.gz ファイルのピアになります。
    
    IBM_MQ_9.r_LINUX_X86-64.tar.gz
    MQServer/
  6. MQServer ディレクトリーに移動し、ls コマンドをもう一度実行します。

    その結果、Advanced/ サブディレクトリーを含むファイルのリストが返されます。

  7. Advanced/ サブディレクトリーに移動し、ファイルのリストを表示します。
  8. RDQM ディレクトリーに移動し、ls -1F コマンドを発行すると、次のように出力されます。
    
    installRDQMsupport*
    MQSeriesRDQM-9.r.m-f.x86_64.rpm
    PreReqs/
    repackage/
    uninstallRDQMsupport*
    上記の例は、 長期サポート リリースからのものです。ここで、
    • v は、そのリリースのモディフィケーションです。
    • f は、そのリリースのフィックスパックです。

    これで RDQM をインストールできるようになりました。

表 2. Linux システム用の IBM MQ メッセージ・カタログ
メッセージ・カタログ言語 RPM パッケージ名
ブラジル・ポルトガル語 MQSeriesMsg_pt
チェコ語 MQSeriesMsg_cs
フランス語 MQSeriesMsg_fr
ドイツ語 MQSeriesMsg_de
ハンガリー語 MQSeriesMsg_hu
イタリア語 MQSeriesMsg_it
日本語 MQSeriesMsg_ja
韓国語 MQSeriesMsg_ko
ポーランド語 MQSeriesMsg_pl
ロシア語 MQSeriesMsg_ru
スペイン語 MQSeriesMsg_es
中国語 (簡体字) MQSeriesMsg_Zh_CN
中国語 (繁体字) MQSeriesMsg_Zh_TW
U.S. 英語 適用外