endmqm

キュー・マネージャーを停止します。または、 スタンバイ・キュー・マネージャーに切り替えます。

目的

endmqm コマンドは、指定したキュー・マネージャーを 終了 (停止) するために使用します。このコマンドは、次の 3 つのモードのいずれかでキュー・マネージャーを 停止します。
  • 制御または静止状態でのシャットダウン
  • 即時シャットダウン
  • プリエンプティブ・シャットダウン

endmqm コマンドは、 単一インスタンスのキュー・マネージャーを停止する場合と同じ方法で、 複数インスタンス・キュー・マネージャーのすべてのインスタンスを停止します。endmqm は、 アクティブ・インスタンス、または複数インスタンス・キュー・マネージャーの 1 つのスタンバイ・インスタンスのいずれかで発行できます。 キュー・マネージャーを終了するには、アクティブ・インスタンスで endmqm を発行する必要があります。

endmqm コマンドを 複数インスタンス・キュー・マネージャーのアクティブ・インスタンスで発行する場合、 現在のアクティブ・インスタンスがシャットダウンを完了したときに、 スタンバイ・インスタンスが新しいアクティブ・インスタンスになるように切り替えることができます。

endmqm コマンドを 複数インスタンス・キュー・マネージャーのスタンバイ・インスタンスで発行する場合、 -x オプションを追加することでスタンバイ・インスタンスを終了でき、 アクティブ・インスタンスは実行させたままにできます。スタンバイ・インスタンスで -x オプションなしで endmqm を発行すると、 キュー・マネージャーがエラーを報告します。

endmqm コマンドを発行すると、サーバー接続チャネルを介して接続されているすべてのクライアント・アプリケーションに影響します。 影響の内容は使用したパラメーターにより異なりますが、可能な 3 つのモードのいずれかで STOP CHANNEL コマンドを発行した場合と同様になります。 サーバー接続チャネルでの STOP CHANNEL モードの影響については、チャネルの停止を参照してください。 endmqm オプショナル・パラメーターの記述では、どの STOP CHANNEL モードが同等になるかが説明されています。

endmqm コマンドを発行して キュー・マネージャーを停止した場合、再接続可能クライアントは再接続を試行しません。 この動作を無効にするには、-r または -s のいずれかのオプションを指定して、 クライアントが再接続の試行を開始できるようにします。
注: キュー・マネージャーまたはチャネルが予想外に終了した場合、再接続可能クライアントは再接続の試行を開始します。
注: クライアントはこのキュー・マネージャーに再接続しないことがあります。 クライアントが使用した MQCONNX 再接続オプション、およびクライアント接続テーブルでのキュー・マネージャー・グループの定義によっては、クライアントが別のキュー・マネージャーに再接続することがあります。 クライアントが同じキュー・マネージャーに強制的に再接続するように、クライアントを構成することができます。

endmqm コマンドは、作業対象のキュー・マネージャーに関連付けられたインストール済み環境から使用する必要があります。dspmq -o installation コマンドを使用して、どのインストールがキュー・マネージャーと関連しているかを調べることができます。

キュー・マネージャーの属性および関連したオブジェクトは、 endmqm コマンドによる影響を受けません。 strmqm (キュー・マネージャーの始動) コマンドを使用すれば、キュー・マネージャーを再始動できます。

キュー・マネージャーを削除するためには、それを停止し、その後 dltmqm (キュー・マネージャーの削除) コマンドを使用します。

構文

構文図を読む構文図をスキップする
                       .- -c -.                         
>>-endmqm--+------+--+-+------+--+------+-+--QMgrName----------><
           '- -z -'  | +- -w -+  +- -s -+ |             
                     | +- -i -+  '- -r -' |             
                     | '- -p -'           |             
                     '- -x ---------------'             

必須パラメーター

QMgrName
停止させるメッセージ・キュー・マネージャーの名前を指定します。

オプション・パラメーター

-c
制御 (または静止) 状態でのシャットダウン。このパラメーターがデフォルトです。

キュー・マネージャーは、すべてのアプリケーションが切断された後でのみ停止します。現在処理されている MQI 呼び出しはすべて完了します。万一、アプリケーションが切断されてからキュー・マネージャーが実際に停止するまでの短時間に dspmq コマンドが発行されると、制御されたシャットダウンを要求したにもかかわらず、dspmq コマンドが状況を「即時に終了中」として一時的にレポートすることがあります。

制御は即時にユーザーに戻り、キュー・マネージャーが停止した時点は 通知されません。

サーバー接続チャネルを介して接続されているクライアント・アプリケーションに対する影響は、QUIESCE モードで発行された STOP CHANNEL コマンドの場合と同等です。

-i
即時シャットダウン。キュー・マネージャーは、現在処理されている MQI 呼び出しをすべて完了してから停止します。このコマンドの発行後に出された MQI 要求はすべて失敗します。完了しなかった作業単位は、キュー・マネージャーが次に始動されるときに、ロールバックされます。

制御は、キュー・マネージャーが終了した後で戻ります。

サーバー接続チャネルを介して接続されているクライアント・アプリケーションに対する影響は、FORCE モードで発行された STOP CHANNEL コマンドの場合と同等です。

-p
プリエンプティブ・シャットダウン。

この種のシャットダウンは、例外的な状況でのみ使用してください。 例えば、キュー・マネージャーが通常の endmqm コマンドで停止しない場合などです。

キュー・マネージャーは、アプリケーションが切断されるのを待たずに、あるいは MQI 呼び出しが完了するのを待たずに停止することがあります。これによって、WebSphere® MQ アプリケーションにとって予測不能な結果が生じる可能性があります。シャットダウン・モードは「immediate shutdown (即時シャットダウン)」に設定されています。数秒経過してもキュー・マネージャーが停止しない場合、シャットダウン・モードは段階的に拡大され、残りのすべてのキュー・マネージャー・プロセスが停止されます。

サーバー接続チャネルを介して接続されているクライアント・アプリケーションに対する影響は、TERMINATE モードで発行された STOP CHANNEL コマンドの場合と同等です。

-r
再接続可能クライアントの再接続の試行を開始します。このパラメーターには、クライアントがキュー・マネージャー・グループ内の他のキュー・マネージャーへの接続を再確立する効果があります。
-s
シャットダウン後にスタンバイ・キュー・マネージャー・インスタンスに切り替えます。 このコマンドは、アクティブ・インスタンスを終了する前に、実行中のスタンバイ・インスタンスがあるかどうかを検査します。 終了前にスタンバイ・インスタンスが開始するまでは待機しません。

キュー・マネージャーへの接続は、 アクティブ・インスタンスのシャットダウンによって失敗します。再接続可能クライアントが、 再接続の試行を開始します。

クライアントの再接続オプションは、 同じキュー・マネージャーの別のインスタンスにのみ再接続するか、 キュー・マネージャー・グループ内の他のキュー・マネージャーに再接続するように構成できます。

-w
待機シャットダウン

このタイプのシャットダウンは、キュー・マネージャーが停止した後でのみ制御 がユーザーに戻るということを除けば、制御されたシャットダウンと同じです。 シャットダウンの進行中に Waiting for queue manager qmName to end というメッセージが表示されます。万一、アプリケーションが切断されてからキュー・マネージャーが実際に停止するまでの短時間に dspmq コマンドが発行されると、制御されたシャットダウンを要求したにもかかわらず、dspmq コマンドが状況を「即時に終了中」として一時的にレポートすることがあります。

サーバー接続チャネルを介して接続されているクライアント・アプリケーションに対する影響は、QUIESCE モードで発行された STOP CHANNEL コマンドの場合と同等です。

-x
キュー・マネージャーのアクティブ・インスタンスを終了せずに、 キュー・マネージャーのスタンバイ・インスタンスを終了します。
-z
コマンドでのエラー・メッセージを抑制します。

戻りコード

戻りコード 説明
0 キュー・マネージャーは終了しました。
3 キュー・マネージャーは作成中です。
16 キュー・マネージャーがありません。
40 キュー・マネージャーが利用不能です。
49 キュー・マネージャーが停止中です。
58 複数のインストール済み環境が矛盾して使用されていることが検出されました。
62 キュー・マネージャーは別のインストール済み環境に関連付けられています。
69 ストレージが利用不能です。
71 予期しないエラーです。
72 キュー・マネージャー名のエラーです。
77 WebSphere MQ キュー・マネージャーを切り替えられません。
79 WebSphere MQ キュー・マネージャー QmgrName のアクティブ・インスタンスが終了していません。
90 WebSphere MQ キュー・マネージャー QmgrName のスタンバイ・インスタンスが終了していません。
119 許可は拒否されました

以下の例は、指定されたキュー・マネージャーを終了 (停止) させるコマンドを 示しています。
  1. 次のコマンドは、mercury.queue.manager という名前のキュー・マネージャーを制御された状態で終了させます。現在接続されているすべてのアプリケーションは、切断することが可能です。
    endmqm mercury.queue.manager
  2. 次のコマンドは、saturn.queue.manager という名前のキュー・マネージャーを即時に終了させます。現行の MQI 呼び出しはすべて完了しますが、新しい呼び出しは完了できません。
    endmqm -i saturn.queue.manager
複数インスタンス・キュー・マネージャーのローカル・インスタンスに endmqm を発行した結果を、 表 1 に示します。コマンドの結果は、 -s または -x の切り替えの使用状況、およびキュー・マネージャーのローカル・インスタンスと リモート・インスタンスの実行状況によって異なります。
表 1. endmqm アクション
endmqm オプション ローカル・マシン リモート・マシン RC メッセージ 結果
  アクティブ なし 0 - キュー・マネージャーは終了しました。
スタンバイ スタンバイ・インスタンスを含む、キュー・マネージャーが終了しました。
スタンバイ アクティブ 90 AMQ8368 WebSphere MQ キュー・マネージャー QmgrName のスタンバイ・インスタンスが終了していません。
-s アクティブ なし 77 AMQ7276 WebSphere MQ キュー・マネージャーを切り替えられません。
スタンバイ 0 - スタンバイ・インスタンスへの切り替えを可能にして、 キュー・マネージャー QMNAME が終了しました。
スタンバイ アクティブ 90 AMQ8368 WebSphere MQ キュー・マネージャー QmgrName のスタンバイ・インスタンスが終了していません。
-x アクティブ なし 79 AMQ8367 WebSphere MQ キュー・マネージャー QmgrName のアクティブ・インスタンスが終了していません。
スタンバイ
スタンバイ アクティブ 0 - キュー・マネージャー QMNAME のスタンバイ・インスタンスが終了しました。

関連コマンド

コマンド 説明
crtmqm キュー・マネージャーの作成
strmqm キュー・マネージャーの始動
dltmqm キュー・マネージャーの削除

資料 資料

フィードバック

タイム・スタンプ・アイコン 最終更新: 2018 年 10 月 2 日 (火)
http://www.ibm.com/support/knowledgecenter/SSFKSJ_7.5.0/com.ibm.mq.ref.adm.doc/com.ibm.mq.ref.adm.doc/q083320_.htm fa15800_