アプリケーション・サーバー

アプリケーション・サーバーは、アプリケーション・プログラムの実行環境を提供する分散ネットワーク内にあるサーバー・プログラムです。 具体的には、アプリケーション・サーバーは、すべての構成の 1 次ランタイム・コンポーネントであり、ここでアプリケーションが実行されます。 アプリケーション・サーバーは Web サーバーと共同で、クライアント要求に対する、動的でカスタマイズされた応答を戻します。

次のリストは、IBM® i で稼働する、使用頻度の最も高いアプリケーション・サーバーをまとめたものです。
IBM WebSphere® Application Server
WebSphere Application Server は、IBM による Java™ Platform, Enterprise Edition (Java EE) プラットフォームの実装です。 WebSphere Application Server は、お客様のさまざまな要求を満たすよう設計された、固有のパッケージで利用できます。 各パッケージの中心となるのは WebSphere Application Server で、エンタープライズ・アプリケーションのランタイム環境を提供します。
統合 Web アプリケーション・サーバー
IBM i 用の統合 Web アプリケーション・サーバーは、オペレーティング・システムに統合された軽量 Java アプリケーション・サーバーです。 統合された Web アプリケーション・サーバーには、Open Services Gateway initiative (OSGi) に基づく Web サーブレット・コンテナーが含まれています。このコンテナーはアクセスが容易で、JSP やサーブレット・ベースの Java アプリケーションの開発のための柔軟な基盤を提供します。 それに加えて、統合 Web アプリケーション・サーバー内では、 Java API for XML-Based Web Services (JAX-WS) アプリケーションおよび Java API for RESTful Web Services (JAX-RS) アプリケーションも実行可能です。
統合 Web サービス・サーバー
IBM i 用の統合 Web サービス・サーバーは、統合言語環境 (ILE) プログラムおよびサービス・プログラム (SOAP Web サービスおよび RESTful Web サービスなど) のデプロイメントを可能にする、統合 Web アプリケーション・サーバーに基づいた専門化されたアプリケーション・サーバーです。 統合された Web サービス・サーバーには、SQL ステートメントを RESTful Web サービスとしてデプロイする機能もあります。