ODBC 管理

Windows アプリケーション・パッケージ アプリケーションは、組み込まれている ODBC ドライバーを利用して、ネットワーク内の Db2® for IBM® i データベースに簡単にアクセスできます。 このトピックでは、ODBC の概要、そのドライバーのセットアップ方法、およびトラブルシューティング・ガイドを提供します。

注: ODBC API を扱う際の情報と考慮事項については、「ODBC プログラミング」を参照してください。

Open Database Connectivity (ODBC) は、データベースへのアクセスに適用される Microsoft 規格の 1 つです。 ODBC は、構造化照会言語 (SQL) を使用してデータベースにアクセスするための、明確に定義された一組のアプリケーション・プログラミング・インターフェース (API) を備えています。

ODBC サポートをアプリケーションに組み込む方法については IBM i Access ODBC の「ODBC プログラミング」を参照してください。この資料には、以下のサブトピックに関する情報が載せられています。

  • ODBC API リスト
  • ODBC API のインプリメンテーション
  • プログラミング例
  • ODBC のパフォーマンス