SQL スクリプトの実行によるデータベースの照会

System i® ナビゲーター の「Run SQL Scripts」ウィンドウで、 SQL ステートメントのスクリプトを作成、編集、実行、および、トラブルシューティングすることができます。 スクリプトの処理が終了した時には、ステートメントをユーザーの PC に保管することができます。

「Run SQL Scripts」ウィンドウを開くには、システム名および「データベース」を展開し、接続先のデータベースを右マウス・ボタン・クリックします。

「例」のリストを使用して、スクリプトを作成したり、 ステートメントを手動で作成したり、 SQL 生成関数を使用して既存のオブジェクトの SQL を検索したり、 SQL アシストを使用してスクリプトを作成したりできます。

また、「構文検査」をクリックして、SQL の構文を検査することもできます。 プログラムやスクリプトをデバッグする追加の方法には、ジョブ・ログ中のメッセージのデバッグと、IBM® i デバッガーの起動が含まれます。構文検査が完了したら、「ファイル」メニューから「保管」を選択して、 スクリプトを保管できます。

SQL スクリプトを実行するには、 「実行」メニューから以下のいずれかのオプションを選択してください。

結果は「メッセージ」タブの最後に追加されます。 「オプション」メニューの「スマート・ステートメント選択」オプションにチェックがない場合には、 選択されたテキストは単一の SQL ステートメントとして実行されます。