Java のビルド・パス

このページのオプションは、Java プロジェクトのビルド・パス設定を指示します。 このページには、作成されたプロジェクトのコンテキスト・メニューからプロジェクト・プロパティーを通してアクセスするか (「プロジェクト」>「プロパティー」>「Java のビルド・パス」)、ワークベンチの「ファイル」メニューからアクセスすることができます。

ビルド・クラスパスは、プロジェクトのビルド時にコンパイラーにとって可視であるパスのリストです。

「ソース」タブ

ソース・フォルダーはプロジェクト階層における最上位フォルダーです。ソース・フォルダーは、.java ファイルを格納しているパッケージのルートです。コンパイラーは、含まれているファイルを出力フォルダーに書き込むために .class ファイルに変換します。

ソース・フォルダーにより、例えば、アプリケーションからテストを 2 つのソース・フォルダーに分離するなど、プロジェクトを構造化できます。 ソース・フォルダー内では、パッケージを使用することにより、より詳細な構造化を実現できます。

各ソース・フォルダーは、除外フィルターを定義して、フォルダー内のどのリソースをコンパイラーに対して不可視にするかを指定できます。

「Java」>「コンパイラー」>「ビルド」設定ページでリソースのフィルタリングが指定されていない限り、ソース・フォルダー内のリソースは出力フォルダーにコピーされます。出力フォルダーは、ソース・フォルダーが独自の出力フォルダーを指定している場合を除き、プロジェクトごとに定義されます。

ソース・フォルダー・オプション
オプション 説明
フォルダーの追加 ソースを入れるための新規フォルダーを作成します。
ソースのリンク ワークスペースの外部ロケーションにリンクする新規フォルダーを作成します。
編集 現在選択されているソース・フォルダーまたはソース・フォルダー属性を変更することができます。
削除 選択されているフォルダーをクラスパスから削除します。 フォルダーとその内容は削除しません。
1 つのソース・フォルダーに対して複数の出力フォルダーを許可 ソース・フォルダーの「出力フォルダー」属性を表示するか、非表示にします。

ソース・フォルダー属性
属性 説明
除外フィルター コンパイラーに対してどのリソースを不可視にするかを選択します。詳しくは、組み込みパターンおよび除外パターンを参照してください。
出力フォルダー 1 つのソース・フォルダーに対して複数の出力フォルダーを許可」がチェックされているときのみ使用可能です。 出力フォルダー特有のソース・フォルダーを定義します。設定されていない場合は、プロジェクトのデフォルト出力フォルダーが使用されます。
ネイティブ・ライブラリーのロケーション 実行時にソース・フォルダー内のソースが必要とするネイティブ・ライブラリー (例えば dll ファイルや o ファイル) を含むフォルダーのロケーションを定義します。

このページの一番下にある「デフォルト出力フォルダー」フィールドを使用すると、 このプロジェクトのコンパイル出力を入れることになるフォルダーのパスを入力できます。 デフォルト出力は、独自の出力フォルダーを指定しないソース・フォルダーに対して使用されます。 「参照」を使用して、現在のプロジェクトから既存のロケーションを選択してください。

「プロジェクト」タブ

ビルド・パス上に必要なプロジェクト」リストでは、 この新規プロジェクトのビルド・パスに追加する他のワークベンチ・プロジェクトを選択することで、 プロジェクトの依存関係を追加することができます。

必須プロジェクトを間接的に追加すると、「エクスポート」とマークされたクラスパス・エントリーがすべて追加されます。 クラスパス・エントリーは、「順序およびエクスポート」タブでエクスポートとして設定します。

ここで選択されたプロジェクトは、参照するプロジェクト・リストに自動的に追加されます。 参照されるプロジェクト・リストは、ビルド順序を決定するために使用されます。 プロジェクトは、常にそのプロジェクトによって参照されるプロジェクトがビルドされた後にビルドされます。

アクション 説明
追加 ワークスペース内の別のプロジェクトを、このプロジェクトのビルド・パスに追加します。
編集 必須プロジェクトのクラスパス属性を編集します。
削除 選択されている必須プロジェクトをリストから削除します。
プロジェクト・エントリー属性
属性 説明
ネイティブ・ライブラリーのロケーション プロジェクトが作動するのに必要なネイティブ・ライブラリーのロケーションを指定します。
アクセス規則 ライブラリーに含まれているプロジェクトにアクセス規則を指定します。これにより、プロジェクトの内容を非表示にすることができます。

「ライブラリー」タブ

このページでは、ビルド・パスにライブラリーを追加することができます。

デフォルトでは、ライブラリー・リストには Java ランタイム・ライブラリーを表すエントリーが含まれます。 このエントリーは、デフォルト JRE として選択された JRE を指します。 デフォルト JRE は「Java」>「デバッグ」>「インストール済みの JRE」設定ページで構成されます。

「ライブラリー」タブ・オプション
オプション 説明
JAR の追加 ワークベンチ階層内をナビゲートし、ビルド・パスに追加する JAR ファイルを選択することができます。
外部 JAR の追加 (ワークベンチの外部の) ファイル・システム内をナビゲートし、ビルド・パスに追加する JAR ファイルを選択することができます。
変数の追加 ビルド・パスにクラスパス変数を追加することができます。 クラスパス変数は JAR に対して間接的であり、これを使用してクラスパス内のローカル・ファイル・システム・パスを避けることができます。 これは、プロジェクトがチーム内で共有されるときに必要です。
変数は「Java」>「ビルド・パス」>「クラスパス変数」設定ページで作成し、編集できます。
ライブラリーの追加 JRE システム・ライブラリーのような事前定義ライブラリーを追加できます。 このようなライブラリーは、任意の数のエントリーを表すことが可能です (ライブラリー・ノードの下位ノードとして表示されます)。
クラス・フォルダーの追加 ワークベンチ階層内をナビゲートし、ビルド・パスのクラス・フォルダーを選択することができます。 選択ダイアログで新規フォルダーを作成することもできます。
外部クラス・フォルダーの追加 (ワークベンチの外部の) ファイル・システム内をナビゲートし、ビルド・パスのクラス・フォルダーを選択することができます。選択ダイアログで新規フォルダーを作成することもできます。
編集 現在選択されているライブラリー・エントリーまたはエントリー属性を変更できます。
削除 選択した要素をビルド・パスから削除します。 リソースは削除しません。
JAR ファイルのマイグレーション ビルド・パス上の JAR を新規バージョンにマイグレーションします。新規バージョンにリファクタリング・スクリプトが含まれている場合、このスクリプトに含まれているリファクタリングが実行されます。

ライブラリーには以下の属性があります (ライブラリー・エントリーの下位ノードとして表示されます)。 

ライブラリー・エントリー属性
属性 説明
Javadoc ロケーション ライブラリーの Javadoc ドキュメンテーションがどこにあるかを指定できます。 指定した場合、このライブラリーの要素で Shift+F2 を使用して、そのドキュメンテーションを開くことができます。
ソース添付 ライブラリーのソースがどこにあるかを指定できます。
ネイティブ・ライブラリーのロケーション ライブラリーが作動するのに必要なネイティブ・ライブラリーのロケーションを指定します。
アクセス規則 ライブラリーに含まれているリソースにアクセス規則を指定します。これにより、ライブラリーの内容を非表示にすることができます。

「順序およびエクスポート」タブ

ビルド・クラスパス順序」リストで、「上へ」ボタンと「下へ」ボタンを使用して、この新規プロジェクトのビルド・パス内での選択したパス・エントリーの順序を上または下に移動します。

チェックされたリスト・エントリーは、エクスポートとしてマークされます。 エクスポートされるエントリーは、プロジェクトを必要とするプロジェクトにとって可視です。 すべてのエントリーのチェック状態を変更するには、「すべて選択」 および「選択をすべて解除 」を使用します。ソース・フォルダーは常にエクスポートされ、これらのフォルダーの選択解除はできません。

関連概念

ビルド・クラスパス
クラスパス変数
組み込みパターンおよび除外パターン

関連参照

JDT の FAQ
クラスパス変数の設定
ビルド・パスの設定
コンパイラー設定