ソース・プログラム・ファイルの編集

目次

ソース・プログラム・ファイルの編集

IBM® Developer for z Systems® では、COBOL、JCL、PL/I、アセンブラー、および C++ のソース・ファイル用に任意のテキスト・エディターをサポートしています。 また、特定の目的のために、さらにエディターを提供しています。

概説

z Systems LPEX エディター
z Systems LPEX エディターは、基本 LPEX エディターの拡張版です。このエディターは、z Systems 用の COBOL、PL/I、および HLASM (高水準アセンブラー) プログラムの開発時に役立つ機能を提供します。
COBOL エディター
COBOL エディターは、他の Eclipse ベースのエディターと共通性があり、同様のフィーチャーを備えています。 また、このエディターは、構文強調表示、リファクタリング、ソース・アクションなどの COBOL 言語固有のフィーチャーも備えています。
JCL エディター
JCL エディターは、他の Eclipse ベースのエディターと共通性があり、同様のフィーチャーを備えています。さらに、構文強調表示やソース・アクションなどの JCL 固有のフィーチャーも提供しています。
PL/I エディター
PL/I エディターは、他の Eclipse ベースのエディターと共通性があり、同様のフィーチャーを備えています。 また、このエディターは、構文強調表示、リファクタリング、ソース・アクションなどの PL/I 言語固有のフィーチャーも備えています。
リモート C/C++ エディター
リモート C/++ エディターでは、ローカルまたはリモートの C/C++ ファイルを編集できます。このエディターは、コンテンツ・アシストや構文強調表示などの C/C++ 言語固有のフィーチャーを備えています。
リモート Makefile エディター
リモート Makefile エディターでは、ローカルまたはリモートの C++ Makefile を編集できます。このエディターは、コンテンツ・アシストや構文強調表示などの C/C++ 言語固有のフィーチャーを備えています。

始めに

サンプルとチュートリアル

Web 上で使用可能な学習リソース


フィードバック