DB2 Version 9.7 for Linux, UNIX, and Windows

db2set - DB2 プロファイル・レジストリー コマンド

DB2® プロファイル変数を表示、設定、または除去します。 DB2 プロファイル・レジストリーには、DB2 Administration Server を経由しての、DB2 の環境変数のローカルおよびリモート管理をサポートする外部環境レジストリー・コマンドが保管されています。

許可

sysadm

-g コマンド・パラメーターには、root アクセス (Linux および UNIX システムの場合) または Local Administrator 権限 (Windows オペレーティング・システムの場合) が必要になります。

必要な接続

なし

コマンド構文

構文図を読む構文図をスキップする
>>-db2set--+----------------------+----------------------------->
           '-variable=--+-------+-'   
                        '-value-'     

>--+----------------------------------------+--+-------+-------->
   +- -g------------------------------------+  '- -all-'   
   +- -i--instance--+---------------------+-+              
   |                +-db-partition-number-+ |              
   |                '-member_number-------' |              
   '- -gl-----------------------------------'              

>--+-----------------------------+--+--------+------------------>
   '- -gd--agg-registry-variable-'  '- -null-'   

>--+--------------------------------------------+--------------->
   '- -r--+----------+--+---------------------+-'   
          '-instance-'  +-db-partition-number-+     
                        '-member_number-------'     

>--+-------------------------------------------------+---------->
   '- -n--DAS node--+------------------------------+-'   
                    '- -u--user--+---------------+-'     
                                 '- -p--password-'       

>--+------+--+-----+--+------+--+-----+------------------------><
   +- -l--+  '- -v-'  +- -ul-+  +- -h-+   
   '- -lr-'           '- -ur-'  '- -?-'   

コマンド・パラメーター

variable=
指定された変数の値を表示します。
value
指定された変数を入力値に設定します。 値にスペースが含まれている場合、必ず値を引用符で囲んでください。変数を削除する場合は、等号 (=) の後の指定の変数に値を指定しないでください。 設定の変更は、インスタンスが再始動した後に有効になります。
-g
特定の DB2 コピーに関係のあるすべてのインスタンスのグローバル・プロファイル・レジストリー変数にアクセスします。
-i instance
インスタンス・プロファイルを指定して、現行値またはデフォルトの代わりに使用します。
db-partition-number または member-number
db2nodes.cfg ファイルでリストされる番号を指定します。
-gl
LDAP に保管されたグローバル・プロファイル変数にアクセスします。 このオプションが有効なのは、 レジストリー変数 DB2_ENABLE_LDAP が YES に設定されている場合だけです。
-all
以下の形式で定義されたローカル環境変数のオカレンスをすべて表示します。
  • 環境 ([e] で表示)
  • ノード・レベル・レジストリー ([n] で表示)
  • インスタンス・レベル・レジストリー ([i] で表示)
  • グローバル・レベル・レジストリー ([g] で表示)
-gd agg-registry-variable
集合レジストリー変数のグループ定義を表示します。 詳しくは、関連リンクのセクションで『集合レジストリー変数』を参照してください。
-null
指定したレジストリー・レベルの変数値を NULL 値に設定します。 これによって探索順で定義された次のレジストリー・レベルの値を探索せずに済みます。
-r
指定したインスタンスのプロファイル・レジストリーをリセットします。
instance
インスタンスを指定しない場合、インスタンス接続が存在していれば、 現行インスタンスのプロファイルがリセットされます。 インスタンスを指定しない場合、アタッチが存在しなければ、DB2INSTANCE 環境変数に指定されているインスタンスのプロファイルがリセットされます。
db-partition-number または member-number
db2nodes.cfg ファイルでリストされる番号を指定します。
-n DAS node
リモート DB2 Administration Server のノード名を指定します。
-u user
Administration Server へのアタッチを使用する際のユーザー ID を指定します。
-p password
Administration Server へのアタッチを使用する際のパスワードを指定します。
-l
現在の DB2 製品インストール済み環境のすべてのインスタンス・プロファイルの一覧を示します。
-lr
サポートされているレジストリー変数をすべてリストします。
-v
コマンドの実行中に、冗長出力を使用することを指定します。
-ul
ユーザー・プロファイル変数にアクセスします。 このパラメーターは Windows オペレーティング・システム上だけでサポートされます。
-ur
ユーザー・プロファイル変数を最新表示します。 このパラメーターは Windows オペレーティング・システム上だけでサポートされます。
-h | -?
ヘルプ情報を表示します。このオプションを指定すると、他のすべてのオプションは無視され、 ヘルプ情報だけが表示されます。

使用上の注意

変数名を指定しないと、定義済み変数の値がすべて表示されます。 変数名を 1 つだけ 指定した場合、その変数の値だけが表示されます。 変数の値をすべて表示するには、 variable -all を指定します。 すべてのレジストリーに定義されている変数をすべて表示するには、-all を指定します。

変数の値を修正するには、 variable= の後に新規の値を指定します。 変数の値に NULL を指定するには、 variable -null を指定します。 設定の変更は、インスタンスが再始動した後に有効になります。

変数を削除するには、 値を指定せずに variable= だけにします。

このコマンドは DB2 の非 root インストールの場合と同じ動作をしますが、一部使用できないパラメーターがあります (例えば DAS ノード名を指定するパラメーターなど)。

ユーザー・レベルのレジストリー変数は、LDAP 環境で実行される Windows オペレーティング・システムでのみサポートされます。 ユーザー・レベルでの変数設定値は、各ユーザーに固有のものとなります。 ユーザー・レベルのレジストリー・プロファイルへの変更は、LDAP ディレクトリーに書き込まれます。

DB2SYSTEM システム環境変数や DB2INSTDEF 汎用レジストリー変数などの一部の変数は、グローバル・レベルでしか設定できません。

特定のプロファイル・レジストリー内の変数への変更がデータベース環境に影響しないようにするため、 その変数は、制限の対象とするレジストリーをオーバーライドするレジストリー内で設定します。 例えば、グローバル・レベルのプロファイル内の変数への変更がデータベース環境に影響しないようにするには、その変数をインスタンス・レベルのプロファイル内で設定します。 この例では、インスタンス・ノード・レベルのプロファイル内の変数を変更すると、データベース環境に影響します。 インスタンス・ノード・レベルのプロファイルは、インスタンス・レベルのプロファイルをオーバーライドするためです。 ある変数に特定の値を設定しないようにする場合、その変数に NULL を設定します。

db2set コマンドをスクリプト内で並行実行したり連続実行したりしてはなりません。