VSAM ファイル

CICS® ファイル制御は、ローカル共用リソース (LSR)、非共用リソース (NSR)、およびレコード・レベル共用 (RLS) の 3 つの VSAM アクセス・モードをサポートしています。

バッチ・ジョブとのデータ・セットの共用

非 RLS アクセス・モードでは、VSAM 共用オプション (使用可能な場合) またはジョブ制御共用を使用して、オンライン CICS 更新トランザクションとバッチ更新プログラムとの間でデータ・セットを直接共用することは推奨されません。共用すると、アプリケーション・プログラムが正常に機能しているように見えるものの、誤ったデータが使用されることで、データの保全性に対するリスクが発生します。そのようなデータ保全性の欠如は、例えば、CICS 作業単位によってレコードが更新され、その後、その CICS 作業単位がまだ実行されている間に、そのレコードが非 CICS ジョブによって更新された場合に発生する可能性があります。CICS 作業単位が異常終了すると、CICS は CICS 作業単位の開始時に設定されていた値にレコードをバックアウトするため、非 CICS ジョブからの更新が破棄されます。

ファイル所有領域および RLS アクセス

複数の CICS 領域間でデータ・セットを共用するには、RLS アクセス・モードを使用するか、アプリケーション所有領域 (AOR) からの機能シップと共にファイル所有領域 (FOR) を使用します。リカバリーの観点から、RLS は AOR と FOR の間で行われる場合、分散作業単位を作成しません。これは、RLS モードでアクセスされるファイルはすべて、各 CICS 領域に対してローカルであると見なされるためです。SMSVSAM サーバーが FOR の代わりになります。ただし、RLS モードでアクセスされるデータ・セットには、SMSVSAM の役割およびそのロック管理について特別なリカバリーの考慮事項があります。

順方向リカバリー

VSAM ファイルでは、データ・セットに対する物理的な損傷の結果としてオンライン・バックアウト処理が失敗した場合に、CICS VSAM Recovery for z/OS® などの順方向リカバリー・ユーティリティーを使用できます。順方向リカバリーでは、以下の操作を実行します。
  • データ・セットのバックアップ・コピーを作成します。
  • 順方向リカバリー・ストリームでのファイル変更後イメージを記録します。ファイルに対する順方向リカバリー・サポートが必要であると指定した場合、CICS はこれを自動的に実行します。
  • 順方向リカバリー・ユーティリティーを実行するジョブを作成し、入力として必要な可能性があるバックアップ・データ・セットおよびログ・ストリームを制御します。CICS VSAM Recovery for z/OS は、ISPF ダイアログ・インターフェースを使用して、順方向リカバリー・ジョブを自動的に作成します。

逆方向リカバリー

VSAM ファイルの逆方向リカバリーを確実に実行できようにするには、以下の点を考慮する必要があります。
  • キー順データ・セット (KSDS) および固定長および可変長両方の相対レコード・データ・セット (RRDS):
    • KSDS または RRDS データ・セットを参照するファイルが、LOG(ALL) の指定によってリカバリー可能に指定されている場合、CICS は中断された作業単位によって行われたすべての更新、追加、および削除をバックアウトできます。
    • バックアウトの障害について詳しくは、バックアウト障害からのリカバリーを参照してください。
  • 入力順データ・セット (VSAM-ESDS):
    • 新しいレコードは VSAM-ESDS の末尾に追加されます。追加されたレコードは、物理的に削除できなくなります。論理削除は、レコードでデータを変更することによってのみ実行できます。例えば、XFCLDEL グローバル・ユーザー出口プログラムを使用して、レコードに「論理削除」フラグを設定します。

      詳しくは、トランザクション・バックアウトを参照してください。

レプリカ生成ロギング

データ・セットに LOGREPLICATE が定義されている場合、VSAM ファイルはレプリカ生成に関与できます。LOGREPLICATE を定義すると、レプリカ生成機能による 2 番目のサイトでのファイル更新の複製が可能になります。




フィードバック


タイム・スタンプ・アイコン 最終更新: 2017 年 8 月 16 日 (水)