named-checkzone、named-compilezone コマンド

目的

名前を指定された構成ファイルのゾーン・ファイル妥当性検査ツールまたは変換ツール。

構文

named-checkzone [ -d ] [ -j ] [ -q ] [ -v ] [ -c class ] [ -f format ] [ -F format ] [ -i mode] [ -k mode ] [ -m mode ] [ -M mode ] [ -n mode ] [ -o filename ] [ -s style ] [ -S mode ] [ -t directory ] [ -w directory ] [ -D ] [ -W mode ] zonename filename

named-compilezone [ -d ] [ -j ] [ -q ] [ -v ] [ -c class ] [ -f format ] [ -F format ] [ -i mode] [ -k mode ] [ -m mode ] [ -n mode ] [ -o filename ] [ -s style ] [ -t directory ] [ -w directory ] [ -D ] [ -W mode ] zonename filename

説明

named-checkzone コマンドはゾーン・ファイルの構文と整合性をチェックします。このコマンドは、ゾーンのロード時に named デーモンが行うのと同じチェックを行います。そのため、 named-checkzone コマンドは、ゾーン・ファイルを構成してネーム・サーバーに入れる前にこのゾーン・ファイルをチェックするのに役立ちます。

named-compilezone コマンドは named-checkzone コマンドに似ていますが、named-compilezone コマンドは、常時、ゾーン内容を指定フォーマットで指定ファイルにダンプします。さらに、named-compilezone コマンドは、デフォルトで一層厳しいレベル・チェックを適用します。その理由は、そのダンプ出力が、named デーモンによりロードされた実際のゾーン・ファイルとして使用されるからです。チェック・レベルを手動で指定する場合、そのチェック・レベルは、名前を指定された構成ファイルで指定されたチェック・レベル以上の厳しさにする必要があります。

フラグ

項目 説明
-c class ゾーンのクラスを指定します。無指定の場合は、そのクラスはデフォルトで "IN" となります。
-d デバッグを使用可能にします。
-D 標準フォーマットでゾーン・ファイルをダンプします。この指定は、named-compilezone コマンドの場合は必ず有効となります。
-i mode ロード後のゾーン整合性チェックを行います。mode パラメーターの値は、以下のいずれかになります。
full
MX レコード、SRV レコード、および代行 NS レコードが A または AAAA レコード (ゾーン内またはゾーン外のホスト名) を参照するかどうかをチェックします。また、ゾーン内のグルー・アドレス・レコードが、子により公示されたそのレコードと一致するかどうかをチェックします。
full-sibling
兄弟のグルー・チェックを使用不可にしますが、その他の点では、モード full と同じです。
local
MX レコード、SRV レコード、および代行 NS レコードがゾーン内のホスト名を参照するかどうか、または必須グルーが存在するかどうか (すなわち、ネーム・サーバーが子ゾーンにある場合)だけをチェックします。
local-sibling
兄弟のグルー・チェックを使用不可にしますが、その他の点では、モード local と同じです。
none
チェックを使用不可にします。
-j ゾーン・ファイルのロード時にジャーナルがある場合は、それを読み取ります。
-f format ゾーン・ファイルのフォーマットを指定します。指定可能な形式は、"text" (デフォルト) と "raw" です。
-F format 指定された出力ファイルのフォーマットを指定します。指定可能な形式は、"text" (デフォルト) と "raw" です。このフラグは、ゾーン内容をダンプしない限りは、どのような影響も与えません。
-k mode 指定された障害モードにより "check-names" チェックを実行します。指定可能なモードには、"fail"、"warn" (デフォルト)、および "ignore" があります。
-m mode MX レコードがアドレスであるかどうかを知るために、それらをチェックする必要があるかどうかを指定します。指定可能なモードには、"fail"、"warn" (デフォルト)、および "ignore" があります。
-M mode MX レコードが CNAME を参照するかどうかをチェックします。指定可能なモードには、"fail"、"warn" (デフォルト)、および "ignore" があります。
-n mode NS レコードがアドレスであるかどうかを知るために、それらをチェックする必要があるかどうかを指定します。指定可能なモードには、"fail"、"warn" (デフォルト)、および "ignore" があります。
-o filename filename 値で指定したファイルにゾーン出力を書き込みます。
-q 抑止モードを示します (出口コードのみ)。
-s style ダンプされたゾーン・ファイルのスタイルを指定します。指定可能なスタイルは、"full" (デフォルト) と "relative" です。"full" フォーマットは、独立したスクリプトによる自動処理に最も適しています。一方、"relative" フォーマットは、full よりも人が読めるフォーマットであるため、人手による編集に向いています。このフラグは、ゾーン内容をダンプしない限りは、どのような影響も与えません。 また、出力フォーマットがテキストでない場合は何の意味もありません。
-S mode SRV レコードが CNAME を参照するかどうかをチェックします。指定可能なモードには、"fail"、"warn" (デフォルト)、および "ignore" があります。
-t directory directory にディレクトリーを変更して、それによって構成ファイルに含まれるディレクティブが処理されるようにします。
-v named-checkzone コマンドのバージョンを印刷して終了します。
-w directory 現行ディレクトリーを directory に変更して、それによってマスター・ファイルの $INCLUDE ディレクティブの相対ファイル名が機能するようにします。 これは、named.conf ファイルにあるディレクトリー節に似ています。
-W mode 非端末のワイルドカードの有無をチェックするかどうかを指定します。 非端末のワイルドカードは、ワイルドカード・マッチング・アルゴリズム (RFC 1034) の解釈に失敗した結果として発生する場合がほとんどです。指定可能なモードは、"warn" (デフォルト) と "ignore" です。
zonename チェック対象のゾーンのドメイン名を指定します。
filename ゾーン・ファイルの名前を指定します。

終了状況

項目 説明
0 正常終了を表します。
1 エラーを表します。