DITA の特殊化と拡張により、ユース・ケース・ドキュメントを作成する

Darwin Information Typing Architecture を使用して単一のソースからユース・ケース・ドキュメントを作成する

developerWorksアーカイブより

Piers Hollott

アーカイブ日付: 2017年 04月 12日 | 初版: 2011年 4月 19日

要件の収集とドキュメント作成とを組み合わせ、それを開発マネージャー、開発者、テスター、テクニカル・ライターが開発サイクル全体にわたって活用できるようにする方法を学びましょう。DITA (Darwin Information Typing Architecture) の柔軟な拡張メカニズムは、この種の作業の業界標準になりつつあります。この記事では、ユース・ケース・ドキュメントを作成するための特殊化されたスキーマを作成します。

この記事は今後アップデートおよびメンテナンスはされません。すべての記事は現状のままPDFファイルとしてご提供させていただきます。テクノロジーの進化により、各ステップやイラストは変更される場合があります。



static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=XML
ArticleID=660416
ArticleTitle=DITA の特殊化と拡張により、ユース・ケース・ドキュメントを作成する
publish-date=04192011