WAS 小ワザ集

第8回:GUIが使用できない環境でWASのプロファイルを作成する方法

Comments

コンテンツシリーズ

このコンテンツは全#シリーズのパート#です: WAS 小ワザ集

このシリーズの続きに乞うご期待。

このコンテンツはシリーズの一部分です:WAS 小ワザ集

このシリーズの続きに乞うご期待。

WebSphere Application Server(WAS)を導入するときには、プロファイル管理ツールやWebSphere Customization Toolboxなどを使用してプロファイルの作成を行います。これらのツールの使用にはGUI環境が必要となるので、GUIが使用できない環境ではCUIツールのmanageprofilesコマンドを使用してプロファイルの作成を行います。

manageprofilesコマンドは、Windows環境ではBATファイル、UNIX/Linux環境ではシェルスクリプトで実装されていて、<WAS Install Root>/binディレクトリに置かれています。以下のように実行させます。

C:\>C:\WebSphere\AppServer\bin\manageprofiles.bat -help
# /usr/IBM/WebSphere/AppServer/bin/manageprofiles.sh -help

以下この文章では、WASの導入ディレクトリを「C:\WebSphere\AppServer」または「/usr/IBM/WebSphere/AppServer」とします。実際のディレクトリは、導入環境に合わせて変更して下さい。

manageprofilesでプロファイルを作成する場合、-createを指定し-templatePathで使用するテンプレートのディレクトリを指定します。このテンプレートは、<WAS Install Root>/profileTemplatesディレクトリにあります。テンプレートごとに必要な追加パラメーターは、さらに-helpオプションを追加することにより表示させることができます。たとえば、defaultテンプレートで指定可能なパラメーターを表示させるには、以下のように実行します(実際には一行で入力します)。

C:\>C:\WebSphere\AppServer\bin\manageprofiles.bat -create
  -templatePath C:\WebSphere\AppServer\profileTemplates\default
  -help
# /usr/IBM/WebSphere/AppServer/bin/manageprofiles.sh -create
  -templatePath /usr/IBM/WebSphere/AppServer/profileTemplates/default
  -help

シングルサーバー環境を作成するdefaultテンプレートで必要なのはプロファイル名、サーバーのホスト名、セル名、ノード名、アプリケーションサーバー名です。

C:\>C:\WebSphere\AppServer\bin\manageprofiles.bat -create
  -templatePath C:\WebSphere\AppServer\profileTemplates\default
  -profileName PROFILE_NAME
  -hostName HOSTNAME.server.example.com
  -cellName CELL_NAME -nodeName NODE_NAME -serverName APP_SERVER_NAME
  -validatePorts true
# /usr/IBM/WebSphere/AppServer/bin/manageprofiles.sh -create
  -templatePath /usr/IBM/WebSphere/AppServer/profileTemplates/default
  -profileName PROFILE_NAME
  -hostName HOSTNAME.server.example.com
  -cellName CELL_NAME -nodeName NODE_NAME -serverName APP_SERVER_NAME
  -validatePorts true

管理セキュリティを有効にするには、以下のオプションを追加し、管理ユーザーとパスワードを指定します。

  -enableAdminSecurity true
  -adminUserName USER_NAME -adminPassword PASSWORD

デプロイメントマネージャーを作成する場合はmanagementテンプレートを使用し、サーバータイプとしてDEPLOYMENT_MANAGERを指定します。プロファイル名、サーバーのホスト名、セル名、ノード名を指定します。サーバーのホスト名は、管理対象のノードからそのホスト名でアクセスすることができるものにします。管理セキュリティを有効にするには、上記の-enableAdminSecurityなどのオプションを追加します。

C:\>C:\WebSphere\AppServer\bin\manageprofiles.bat -create
  -templatePath C:\WebSphere\AppServer\profileTemplates\management
  -serverType DEPLOYMENT_MANAGER
  -profileName PROFILE_NAME
  -hostName HOSTNAME01.server.example.com
  -cellName CELL_NAME -nodeName NODE_NAME
  -validatePorts true
# /usr/IBM/WebSphere/AppServer/bin/manageprofiles.sh -create
  -templatePath /usr/IBM/WebSphere/AppServer/profileTemplates/management
  -serverType DEPLOYMENT_MANAGER
  -profileName PROFILE_NAME
  -hostName HOSTNAME01.server.example.com
  -cellName CELL_NAME -nodeName NODE_NAME
  -validatePorts true

デプロイメントマネージャー配下のカスタムノードを作成するにはmanagedプロファイルを使用します。作成中は、あらかじめ作成したデプロイメントマネージャーを起動しておく必要があります。また、デプロイメントマネージャーのSOAP_CONNECTOR_ADDRESSに割り当てられているポート番号(デフォルトでは8879)を調べておきます。プロファイル名、サーバーのホスト名、ノード名に加えデプロイメントマネージャーのホスト名およびSOAP_CONNECTOR_ADDRESSのポート番号を指定します。

C:\>C:\WebSphere\AppServer\bin\manageprofiles.bat -create
  -templatePath C:\WebSphere\AppServer\profileTemplates\managed
  -profileName PROFILE_NAME
  -hostName HOSTNAME02.server.example.com
  -nodeName NODE_NAME
  -dmgrHost HOSTNAME01.server.example.com -dmgrPort 8879
  -validatePorts true
# /usr/IBM/WebSphere/AppServer/bin/manageprofiles.sh -create
  -templatePath /usr/IBM/WebSphere/AppServer/profileTemplates/managed
  -profileName PROFILE_NAME
  -hostName HOSTNAME02.server.example.com
  -nodeName NODE_NAME
  -dmgrHost HOSTNAME01.server.example.com -dmgrPort 8879
  -validatePorts true

管理セキュリティを有効にしてデプロイメントマネージャーを作成した場合には、その際に指定したユーザーIDとパスワードの指定を追加します。

  -dmgrAdminUserName USER_NAME -dmgrAdminPassword PASSWORD

ダウンロード可能なリソース


関連トピック


コメント

コメントを登録するにはサインインあるいは登録してください。

static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=WebSphere
ArticleID=777714
ArticleTitle=WAS 小ワザ集: 第8回:GUIが使用できない環境でWASのプロファイルを作成する方法
publish-date=12092011