WAS 小ワザ集

第30回:Pluginからアプリケーションサーバーへのリトライ回数を制限する

Comments

コンテンツシリーズ

このコンテンツは全#シリーズのパート#です: WAS 小ワザ集

このシリーズの続きに乞うご期待。

このコンテンツはシリーズの一部分です:WAS 小ワザ集

このシリーズの続きに乞うご期待。

WebSphereアプリケーション・サーバーの前段にWebサーバーを置き、Plug-in経由でリクエストを転送している環境では、Plug-inからアプリケーション・サーバーへのGETリクエストがタイムアウトした場合、自動的に他のサーバーへリクエストが再送されます。通常、WebアプリケーションへのGETリクエストは冪等(べきとう)に、つまり同じGETリクエストが複数回送信されても問題ないように実装されます。しかし、何らかの理由で複数回のリクエストが問題を引き起こす場合、このリクエストの再送を抑止したい場合があります。

このリクエストの再送を制御するカスタムプロパティServerIOTimeoutRetryが、WAS V7.0.0.27およびWAS V8.0.0.5から追加されています。ServerIOTimeoutRetryはアプリケーション・サーバーに設定するカスタムプロパティで、リトライをおこなう回数の最大値を数値で設定します。デフォルトは-1で、クラスターのメンバー数だけリトライを試みます。0に設定するとリトライしなくなります。

このカスタムプロパティを設定するには、管理コンソールのナビゲーターから「サーバー」→「WebSphere Application Server」を選択し、サーバー名を選択します。「サーバー・インフラストラクチャー」の「管理」を+でひらき「カスタムプロパティ」クリックします。追加で「ServerIOTimeoutRetry」を作成して数値を入力します。

設定後は、アプリケーション・サーバーの再起動が必要です。また、プラグイン構成ファイルの再作成および伝搬、Webサーバーの再起動も必要です。


ダウンロード可能なリソース


関連トピック


コメント

コメントを登録するにはサインインあるいは登録してください。

static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=WebSphere
ArticleID=858620
ArticleTitle=WAS 小ワザ集: 第30回:Pluginからアプリケーションサーバーへのリトライ回数を制限する
publish-date=02212013