WAS 小ワザ集

第25回:IBM Installation ManagerにWAS V7をインポートする方法

Comments

コンテンツシリーズ

このコンテンツは全#シリーズのパート#です: WAS 小ワザ集

このシリーズの続きに乞うご期待。

このコンテンツはシリーズの一部分です:WAS 小ワザ集

このシリーズの続きに乞うご期待。

WAS V8より、IBM Installation Manager(IIM)を使用して製品をインストールするようになりました。V8以降に出荷されたFeature PackやWAS関連製品(WebSphere eXtreme Scaleなど)も、IIMベースでインストールされるようになっています。IIMで導入が必要なFeature PackやWAS関連製品を、WAS V7にも適用したい場合、IIMにWAS V7をインポートする必要があります。今回、その方法をご紹介します。

  1. IIMの導入

    最新のIIMは以下サイトからダウンロード可能です。

    http://www.ibm.com/support/entry/portal/Downloads/Software/Rational/IBM_Installation_Manager

    導入されていない場合は、ダウンロードしインストールします。ダウンロードしたZipファイルを解凍し、インストールするパッケージの選択画面で、「IBM Installation Manager」にチェックが入っていることを確認し、「次へ」をクリックします。

     

    使用条件の同意確認画面で、「使用条件の条項に同意します」に同意(ラジオボックスを選択)して「次へ」をクリックします。同意いただけない場合は、製品を使用することができません。

     

    IBM Installation Managerのロケーション選択画面で、製品の導入先を指定します。デフォルトのまま、または必要に応じて書き換えて「次へ」をクリックします。

     

    【インストール・ロケーション設定例】

    • AIXの場合: /usr/IBM/InstallationManager/eclipse
    • Windowsの場合: C: ¥IBM¥InstallationManager¥eclipse
    • Linux,その他Unixの場合: /opt/IBM/InstallationManager/eclipse

    インストールの要約情報が表示されます。内容を確認し「インストール」をクリックします。インストールが開始されます。

     

    インストールの結果が表示されます。内容を確認し、「Installation Managerの再起動」をクリックします。

     

    以上でIBM Installation Managerのインストールは完了です。

  2. リポジトリー追加

    WAS V7をインポートするために、IIMのリポジトリーを追加します。IIMを起動し、メニュー「ファイル」を選択し、「設定」をクリックします。

    ■ インターネットに接続可能
    インターネットに接続可能な場合には、「リポジトリーの追加」を選択し、以下URLをリポジトリーとして追加し、設定画面を終了します。

    http://public.dhe.ibm.com/software/websphere/repositories

     

    ■ ローカル環境
    インターネットに接続できない場合は、以下URLより、ローカル・リポジトリー用のファイルをダウンロードします。

    ftp://public.dhe.ibm.com/software/websphere/downloads/was/import/was.7.0.import.zip

    ダウンロードしたファイルを展開し、repository.configファイルをリポジトリーに追加し設定画面を終了します。

     
  3. WAS V7のインポート

    次に、WAS V7をIIMにインポートします。IIMのメニューより「インポート」をクリックします。

     

    WAS V7がインストールされているディレクトリーを指定し、「次へ」をクリックします。

     

    WAS V7が正しいことを確認し、「インポート」をクリックします。

     

    これで、既存のWAS V7をIIMにインポートができました。

     

    これにより、Feature PackやWAS関連製品を、WAS V7にインストールが可能となります。

    インポートの操作を、GUIを使用せずに行う場合、以下のIIMのInfoCenterを参考に応答ファイルを作成し、コマンドで実行することが可能です。

    「Sample response file: Import an existing package」

    「Import packages silently by using Installation Manager」


ダウンロード可能なリソース


関連トピック


コメント

コメントを登録するにはサインインあるいは登録してください。

static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=WebSphere
ArticleID=844156
ArticleTitle=WAS 小ワザ集: 第25回:IBM Installation ManagerにWAS V7をインポートする方法
publish-date=11022012