WAS V9 Liberty基盤設計セミナー資料

2016年8月5日に開催された「WAS V9 Liberty 基盤設計セミナー」の資料です。

WebSphere Application Server (以下、WAS) は、2012年7月提供のWAS V8.5より、新しいアプリケーション・サーバー "Liberty" ランタイムを提供しています。
Libertyは、モジュール化されたアーキテクチャーであり、軽量かつ、新機能 (Java EE 7に代表される標準APIだけでなく、クラスタリングなどのシステム機能も) が継続的に提供され、 大きく成長しています。これにより、本番環境を含め、WAS traditional (フルプロファイル) ではなく、Libertyを採用されるケースが増えています。
すでに国内でも複数のお客様の本番環境で、Libertyが稼動しています。

Libertyは、WAS traditionalとは、アーキテクチャーが異なり、導入/構成/運用などが大きく異なります。また、Libertyの特徴を生かすことで、変更に柔軟で、高速なアプリケーション・デリバリーが実現されます。
本セミナーでは、今年6月から提供されたWAS V9 Libertyランタイムにフォーカスして、最新情報と様々な要件に応じた設計のポイントをご紹介します。


ダウンロード可能なリソース


関連トピック

static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=WebSphere
ArticleID=1036791
SummaryTitle=WAS V9 Liberty基盤設計セミナー資料
publish-date=09052016