目次


演習: JavaScript を使用してオブジェクトを作成する

Comments

この記事の演習では以下の内容を取り上げます。

  • Object 関数を使用してオブジェクトを作成する
  • リテラル表記を使用してオブジェクトを作成する
  • オブジェクト・コンストラクターとプロトタイプを使用してオブジェクトを作成する
  • 各オブジェクト・タイプにプロパティーを追加する
  • 各オブジェクト・タイプにメソッドを追加する

この記事で説明する演習を実際に行うためには、HTML エディターと、作成した JavaScript をテストするためのインターネット接続または localhost 環境が必要です。

演習 1: Object 関数を使用してオブジェクトを作成する

Object 関数を使用すると、オブジェクトの新しいインスタンスを簡単に作成することができます。オブジェクトを作成した後は、同じように容易に新しいプロパティーやメソッドを定義することができます。そこで、以下のタスクを実行してください。

  1. Object 関数を使用してオブジェクトを作成する
  2. 新しいオブジェクトにプロパティーを追加する
  3. 新しいオブジェクトにメソッドを追加する

演習 2: リテラル表記を使用してオブジェクトを作成する

リテラル表記は連想配列と呼ばれることもあり、JavaScript を使用してオブジェクトを作成するための手軽な方法です。以下のタスクを実行してください。

  1. リテラル表記を使用してオブジェクトを作成する
  2. 新しいオブジェクトにプロパティーを追加する
  3. 新しいオブジェクトにメソッドを追加する

演習 3: オブジェクト・コンストラクターとプロトタイプを使用してオブジェクトを作成する

JavaScript でオブジェクトを作成する方法として最も再利用が容易な方法は、オブジェクト・コンストラクターとプロトタイプを使用する方法です。この方法では非常に柔軟にオブジェクトを作成することができ、オブジェクトのインスタンスを 1 つのみならず、いくつでも作成することができます。以下のタスクを実行してください。

  1. オブジェクト・コンストラクターとプロトタイプを使用してオブジェクトを作成する
  2. 各オブジェクト・タイプにプロパティーを追加する
  3. 各オブジェクト・タイプにメソッドを追加する
  4. オブジェクトをインスタンス化する

演習の解答

このリンク先の解答を見ながら皆さんの演習の結果をチェックしてください。


ダウンロード可能なリソース


関連トピック


コメント

コメントを登録するにはサインインあるいは登録してください。

static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Web development
ArticleID=776900
ArticleTitle=演習: JavaScript を使用してオブジェクトを作成する
publish-date=12022011