マルチティア・アーキテクチャーで RESTful な Web サービスと動的な Web アプリケーションを構築する

developerWorksアーカイブより

Bruce Sun

アーカイブ日付: 2017年 07月 26日 | 初版: 2009年 6月 30日

引き続き、マルチティア・アーキテクチャーを使って RESTful な Web サービスと動的な Web アプリケーションを構築する方法を学んでください。この記事では、各ティアにおけるコンポーネントを設計および作成し、これらのコンポーネントを 1 つに結合する方法を実際の手順に沿って説明します。ここで説明する例では、RESTful な Web サービスと、Ajax (Asynchronous JavaScript and XML)、Spring Web Flow とを連動させて、デスクトップのようなリッチで応答性に優れた Web インターフェースを実現します。さらに、Ruby スクリプトなどのクライアント・プログラムがサーバーに対するデータのアップロードおよびダウンロードを行うために、どのように RESTful な Web サービスを利用するかについても説明します。

この記事は今後アップデートおよびメンテナンスはされません。すべての記事は現状のままPDFファイルとしてご提供させていただきます。テクノロジーの進化により、各ステップやイラストは変更される場合があります。



static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Web development, SOA and web services
ArticleID=416812
ArticleTitle=マルチティア・アーキテクチャーで RESTful な Web サービスと動的な Web アプリケーションを構築する
publish-date=06302009