製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

(0 製品)

(101 トピック)

(6 インダストリー)

(4 種類)

1 - 59 件のうちの 59 件
概要の表示 | 概要の非表示
結果の表示
タイトル none 種類 none 日付 none
ヒント: 巨大なXML文書を出力する: 第1 回
この記事では、巨大なXML文書を出力するときの問題点について詳しく述べます。XML出力のさまざまなオプションについて見た後、DOMとXML出力について、DOMを拡張的に利用する場合のメモリー使用量の解決方法について見ていきます。
記事 2003/3/01
ヒント: DITA Open Toolkit による容易なコマンドライン処理
DITA Open Toolkit は DITA ファイルをさまざまな出力形式に変換することができます。初めて DITA Open Toolkit をインストールすると、このツールキットを使うためには Ant をよく知らなければならないという印象を受けがちですが、DITA Open Toolkit のオプションの大部分は 1 行の Java コマンドに詰め込むことができるのです。
記事 2008/1/08
ヒント: 非同期コールバックを最大限に利用する
JavaScript アプリケーションで Ajax データ・ソースに対する非同期コールバックを最大限に利用するためには、ある程度工夫した処理が必要です。このヒントでは、なぜ Ajax データ・ソースに対して非同期コールバックを使う必要があるのかについて説明します。また、相互に依存するアプリケーションのデータ・ソースを適宜利用できるように調整し、いつでも非同期呼び出しに対応できるようにする例についても説明します。
記事 2007/12/11
ヒント: DOMノードの移動
この記事では、DOMノードを移動しようとする際にしばしば発生する例外について考察します。そのような例外の発生する原因を明らかにし、さらに重要なこととしてDOMプログラミングでそのような事態を回避する方法について説明します。この記事に含まれているコード・リストには、ある文書から別の文書へノードを移動する方法、不正文書例外を生成するコードとはどのようなものか、そのような問題が発生しない正しいコードを書くにはどうしたらよいかが示されています。この記事は、DOMの動作に関する基本的な知識が前提になっています。
記事 2001/3/01
ヒント: XSLT の識別テンプレートを使って XHTML を変換する
XHTML は単なる整形式の HTML ではありません。XHTML では特定のタグを適切に閉じなければなりません。適切に閉じられていないタグは妥当な XML ですが、ブラウザーはそれらのタグを適切に構文解析することができないため、動的な Web 2.0 機能で問題が発生する可能性があります。XML を XHTML に変換する場合であれ、単に XHTML をフィルタリングする場合であれ、その XHTML が W3C 推奨のプラクティスに従った適切な XHTML になるようにするには、どんな XSLT テンプレートが必要であるかを学びましょう。
記事 2010/12/21
ヒント: 巨大なXML文書を出力する: 第 5 回
この記事は、巨大なXML文書の出力に関する全5回のヒントの最終回です。SAX DataWriter クラスを使用してXMLを出力するいくつかの実用的な例をご紹介します。
記事 2003/4/01
ヒント: 巨大なXML文書を出力する: 第 2 回
この記事では、巨大なXML文書を処理する方法の詳細な説明を始めます。 XMLFilter が何かということや、これがコアSAX APIを土台にして高機能なデータ・フィルター操作を提供する方法について学びます。
記事 2003/4/26
ヒント: 巨大なXML文書を出力する: 第 4 回
この記事では、ストリーム・ベースのXML出力を処理する特殊なSAXフィルターである、XMLWriter クラスについて、また、XMLWriter のサブクラスであり、より高度な出力機能を備えている、DataWriter についても説明します。
記事 2003/4/17
ヒント: 巨大なXML文書を出力する: 第 3 回
この記事では、前回取り上げたXMLフィルターの使い方をさらに掘り下げてみます。XML文書内の全要素、全属性、特定要素、特定属性をそれぞれ除去するユーティリティーなど、実用的なフィルターのサンプルも用意しました。
記事 2003/4/09
ヒント: JAXMによるSOAPメッセージの送受信
このヒントでは、自ら開発者でもある著者の Nicholas Chase が、SOAPメッセージを作成して送信するプロセスを SOAP with Attachments API for Java (SAAJ) を使って単純化する方法を紹介します。
記事 2008/1/22
ヒント: データ・スコアリング: XQuery でデータを変換する
データの変換とは、適切ではないソースやフォーマットの情報を適切な形の情報に移行させるプロセスであり、大抵は精密科学に属するものではありません。このような変換に関する正確さを測定する手段がデータ・スコアリングです。この記事では、小規模なテキストから XML への変換結果に適用できる、XQuery での単純な採点 (スコアリング) 手法を紹介します。
記事 2009/9/29
ヒント: Webサービスにファイルを渡す
今回のヒントでは、BenoitがWebサービスにバイナリ・データ(通常はファイル)を渡すための幾つかの方法について説明します。
記事 2004/2/13
ヒント: 改ページとテーブルにXSL-FOを使う
今回のヒントでは、より体裁の良い文書のために改ページの挿入を制御する方法をご案内します。
記事 2003/6/11
ヒント: SOAPとWebサーバを平和に共存させる
SOAPの強みは、馴染みがあり、広く展開されているWeb基盤の上に構築されているという点です。ところがこれはWebサーバが、単純に本物ではないWebサービスを本物と仮定してしまうという弱点にもなり得るものです。
記事 2004/2/19
ヒント: SOAP 1.2とGETリクエスト
SOAP 1.2は、インターネットという機構に、さらにきめ細かくWebサービスを織り込むような変化をもたらします。こうした変化の一つがGETメソッドの導入です。
記事 2004/3/04
XForms のヒント: XForms データを Perl で受け付ける
Perl プログラミング言語はインターネットで広く使われており、今後もその人気は続くと思われます。Perl はストリングを非常にうまく処理できるため、プログラムが容易な言語と考えられています。また、他のプログラミング言語では何行も必要になるものが、Perl ならば数行でできてしまうこともあります。今回のヒントでは、POST を使って Perl スクリプトに XForms フォームを送信する方法と、そのデータをキャプチャーし、後で使えるようにする方法について説明します。
記事 2006/10/03
ヒント: 実体参照による簡略化
XMLは、そもそも静的な言語です。しかし、実体参照を使用することにより、限定的とはいえ動的な置換を実行できます。このヒントでは、実体参照を使用する方法と、それがどのように便利かについて説明します。
記事 2003/1/15
ヒント: Atom カテゴリーでコンテンツを整理する
Atom では、大量のデータを管理するための容易な方法を提供することができます。しかしある時点で、そうしたデータを管理しやすくするために、何らかのカテゴリー分けを追加する必要が出てきます。このヒントでは、Atom フィードと Atom API でカテゴリーを使うための方法について説明します。当然ながら皆さんは Atom を使って配信される情報にカテゴリー情報を追加すると思いますが、このヒントは Atom 出版プロトコルの観点から見たカテゴリーに焦点を絞ります。
記事 2007/7/17
XForms のヒント: Firefox でクロスドメインのロードと送信を有効にする
Firefox での XForms にはセキュリティー機能が組み込まれており、ユーザーがインスタンス・データを「クロスドメイン」でロードしたり送信したりできないようになっています。クロスドメインのロードや送信は、ポップアップと同様、その Web サイトを信頼できない限り、デフォルトで可能にはしてはいけませんが、このセキュリティー機能はデフォルトで有効になっているので、心配はありません。しかし場合によると、ある Web サイトとの間でインスタンス・データをクロスドメインでロードし、送信できるようにしたいこともあります。このヒントでは、そのための方法を説明します。
記事 2007/1/23
ヒント: ファイアウォールの後ろでSOAPのためにプロキシ・ネットワーク・ライブラリを使う
ソケットのリダイレクション・プログラムを使えばSOAPライブラリがプロキシ経由のネットワーク接続をサポートしていない場合でも、プロキシ・サーバを介した接続が確立できます。
記事 2004/3/26
ヒント: classpathからリソースをロードする
SAX APIには、XML文書内のリソースを見付けるための EntityResolver インターフェースが備わっています。このヒントでは、ローカルJava classpathを使用してこのインターフェースでエンティティーを解決する方法について説明します。
記事 2002/8/01
ヒント: エンティティー・リゾルバーの使用
外部エンティティー参照を使用して外部コンテンツをXML文書に組み込む方法と、SAX EntityResolverインターフェースを使用する方法を説明します。
記事 2001/6/15
ヒント: 要素にするか属性にするか
データを表すときにタグ属性を使用すべき場合と、サブ要素を使用すべき場合について紹介します。
記事 2001/11/01
ヒント: XMLスキーマの参照
XML文書からXMLスキーマを参照する方法について説明します。
記事 2001/8/01
ヒント: SAX InputSourceの効果的な使い方
このヒントでは、InputStreamを使ってXMLをSAX APIに送り込む方法が、Readerを入力として使う方法に比べいかに効果的で安全であるかということを説明します。この方法を選択したときに生じる国際化対応への効果についても簡単に触れます。
記事 2002/8/01
ヒント: txt2dwユーティリティー
XMLを書くことは(マシンにとっては簡単でも)人間にとっては常に手間のかかる作業です。「ヒューマン・インターフェース」の問題を解決する1つの方法として、著者が自分の記事に利用しているパブリック・ドメインtxt2dwユーティリティーをご紹介します。
記事 2002/1/01
ヒント: セッション状態を使って不必要な Ajax トラフィックを回避する
Ajax ベースのアプリケーションを始めとする Web アプリケーションを可能な限り RESTful な方法で作成すると、さまざまな種類のバグを回避することができます。しかし REST (REpresentational State Transfer) の落とし穴は、似たような XMLHttpRequest で重複したデータを送ってしまうことです。このヒントでは、セッション・クッキーを適切に使うことでサーバー・サイドの状態を必要最低限だけ保持することができ、それによってクライアントとサーバー間のトラフィックを大幅に削減でき、しかもクッキーを必要としない操作にも戻れることを説明します。
記事 2007/11/13
ヒント: XHTML に対して適切な MIME タイプを送信するように Apache を構成する
このヒントは、Microsoft Internet Explorer など、標準に準拠しないブラウザーには相変わらず text/html を送信する一方、XHTML (Extensible Hypertext Markup Language) 文書をサポートするブラウザーには XHTML 文書をメディア・タイプ application/xhtml+xml でタグ付けするように Apache を構成する方法について説明します。
記事 2007/3/06
ヒント:xsd:any:教訓話
xsd:anyは、XMLスキーマを設計する人々に人気のある機能です。しかし、その価値以上に厄介な点も多くあります。xsd:anyを使うことにした場合でも、注意して扱えるように、XMLそのものとJAX-RPC Java言語バインディングの両方でxsd:anyの欠点を探ってみます。
記事 2005/12/13
Webサービスのヒント:XML Schemaでのヌルの表現
ヌルのJava beanフィールドをXMLにマップするときには、XMLでフィールドに相当するものでヌル値を表現します。このヒントでは、そのためのさまざまな方法を調べて比較します。
記事 2005/8/09
ヒント: SAXパーサのセットアップ
このヒントでは、SAXパーサのインスタンスを取得し、パーサにさまざまな機能やプロパティをセットして動作を検証します。
記事 2003/7/02
ヒント: DOMからの変換
このヒントでは、DOMを使用していないアプリケーションと交信するために、DOM構造をSAXおよびJDOMへ変換する方法について学びます。本稿でリストしているコードには、SAXで使用するためにDOMを出力ストリームへ変換する方法、およびDOMをJDOMへ変換する方法を示してあります。
記事 2001/4/01
ヒント: コマンド・ラインXML処理
このヒントでは、ワンライナーによるこの種の応急処置的な処理でXMLを使用する方法を紹介します。
記事 2003/5/07
ヒント: JDOMからの変換
JDOMの使い方を勉強中ですか?どのAPIも別個のものではありません。この解説記事では、JDOMからSAXおよびDOMにデータを簡単に変換して、3つのAPIすべてを駆使し、縦横無尽にXMLアプリケーションをプログラミングできる方法を説明します。コード・サンプルでは、JDOMからSAXへの変換とJDOMからDOMへの変換の例を示します。
記事 2001/4/15
ヒント: XMLによるXLinkの使用法
XML関連仕様であるXLinkを使用すれば、XML文書に劇的なリンク効果をもたらすことができます。この小さなヒント記事では、XLinkを使って他のXML文書の一部をあなたのXMLに組み込む方法を学びます。コード例でその技法を示します。
記事 2001/7/01
ヒント: XSLTを使って文書を結合する方法
このヒントでは、複数の文書を処理するXSLTスタイルシートの作成方法を説明します。
記事 2003/5/01
XForms のヒント: XForms データを Java で受け付ける
XForms の機能で、対話機能と XML で情報を送信できる機能については、さまざまなことが行われてきました。しかしそうした機能も、サーバーにデータを送信した後、そのデータを分析する方法がなければ役に立ちません。このヒントでは、送信された XML データにアクセするするために、Java サーブレットを使う方法について説明します。
記事 2006/10/03
ヒント: XSLTを使った内部HTMLリンクの生成
Uche Ogbuji氏は、XSLTを使ってアンカーと内部リンクをHTMLまたはXHTML出力に取り込む方法を、順を追って説明します。内部リンクは、長いHTMLコンテンツを編成するために役立ちます。XSLTは、これらの内部リンクを生成する機能を備えていますが、そのいくつかのメソッドはあまり知られていません。このヒントと、再使用可能なサンプル・コードによって、このプロセスの2つのアプローチを詳しく説明します。
記事 2001/2/01
ヒント: XSLTパラメーターを使用して実行時に選択を行う
XSLTは、データをある形式から別の形式へ変換する場合に、高度な操作を可能にします。実行時にパラメーターを指定することによって、さらに高度な変換が可能になります。この記事では、XSLTスタイル・シートでパラメーターと条件ステートメントを使用する基本的な方法を紹介します。
記事 2002/8/01
ヒント: Word文書をSimple DocBook XMLに変換する
この記事では、MajiXを使ってWord文書を直接にsdocbook XMLに変換する方法をご紹介します。変換後には、すべてのsdocbook XMLファイルに対するリンクを含むWebページを生成する、というプログラムを容易に記述できます。
記事 2002/3/01
ヒント: XSLTスタイル・シートからJavaScriptを呼び出す
XSLTスタイル・シートを利用すると、元のXML文書にあるデータを操作する面で大幅に自由度が上がります。とはいえ、実際にプログラミングが必要な場合もあります。それを可能にするため利用する拡張機能は、関数および要素の形を取り、XSLTプロセッサーがサポートしている任意の言語で記述できます。1つの方法は、スタイル・シート内に直接、または外部ファイルとしてJavaScriptを埋め込むことです。
記事 2002/4/01
ヒント: 巨大なXML文書は分割して攻略する
このヒントでは、一般的なXSLTプロセッサーで文書を分断する方法を説明します。
記事 2003/6/05
ヒント: XSLTスタイルシートの空白を制御する
XSLT変換におけるスタイルシートとソース文書とでは、空白を除去する規則が異なるため、空白および改行の生成が何の根拠もなく行なわれているように見えます。この記事では、変換で生じる空白を制御することにより、ユーザーが望むものに近い形に文書を整形する方法を示します。
記事 2002/11/02
ヒント: XMLボキャブラリーの中で内部参照を使う
場合によっては、1つのフィールドから別のフィールドへの内部参照を使用することにより、同じデータ・フィールドの繰り返しを避けることができます。この記事では、その方法について説明します。
記事 2003/3/01
ヒント: パーサにどこでスキーマを探せばよいかを教える
このヒントでは、XMLスキーマとJAXP 1.2を利用して、より堅牢な文書検査を実装する方法を紹介します。SAXパーサとDOMパーサ向けの例が掲載されています。
記事 2003/5/22
ヒント: TreeWalkerを使ってXML文書をトラバースする
DOM Level 2 Traversalモジュールでは、TreeWalker が導入され、文書ツリーのナビゲーションの信頼性が高まりました。このヒント記事では、TreeWalkerを使用できるかどうか判別する方法と、これを使って文書から情報を取り出す方法を示します。
記事 2002/10/01
ヒント: ひどいHTMLをTagSoupで修正する
XHTMLは、解析とスクリーン・スクレイピング(screen-scraping)には十分に便利な形式ですが、Web上にはわかりにくいHTMLがいまだにあふれています。このヒントでは、Uche OgbujiがTagSoupを使用して、どんなHTMLでも整ったXHTMLに変換する方法を紹介します。
記事 2006/5/04
ヒント: アニメーション要素を組み込んで、Scalable Vector Graphics (SVG) に活気を与える
このヒントでは、みなさんのSVGドキュメントに5種類のSVGアニメーションを適用させる方法に関して例を示します。
記事 2003/6/18
ヒント: XMLを使ってSMSメッセージを送信する
このヒントでは、SMS(Short Message Service)のメッセージにXMLを使う幾つかの例を紹介します。
記事 2004/6/07
ヒント: 効率的な伝送のためにXMLファイルを圧縮する
この記事では、WebサービスでXMLを伝送するために圧縮をどのように使うかを説明します。
記事 2004/4/09
ヒント: 必要なデータの処理が終わったらSAXパーサーを止める
SAXパーサーは、文書の途中で止めても、すでに収集されているデータを失わないようにすることができます。このことはSAXパーサーがDOMパーサーよりも優れている点の1つです。このヒントでは、最近更新されたweblogsのリストを構文解析しますが、特定の時間範囲のものが見つかったら構文解析を停止します。
記事 2002/6/01
ヒント: XSLT 2.0によるXMLのバッチ処理
このヒントでは、Javaツールのインストール導入方法と使い方について、また、そのツールに対応して、ディレクトリー・リストから複数のファイルを処理するXSLに関して紹介説明します。
記事 2005/3/07
ヒント: RDF/XMLでrdf:aboutとrdf:IDを効果的に使う
このヒントでは、rdf:ID 属性と rdf:about 属性のさまざまな動作を例示し、それぞれの動作をXML Baseによって制御する方法を示します。
記事 2003/2/01
ヒント: ContentHandlerにおける属性
今回のヒントでは、SAXがどのように要素を扱い、それらの要素をどのように報告するのか、またどのようなコードを使えば要素データを抽出できるかを説明します。
記事 2003/8/21
ヒント: XSLT の極意
XSLT のコーディングは尻込みしたくなる作業に思えるかもしれませんが、2 つの単純な質問に答えることができれば、あとはそれほど難しくありません。この記事で説明する単純な方法を使えば、10 分で今までよりもはるかに明確に XSLT の基本を理解することができます。
記事 2011/1/11
ヒント: XSLスタイル・シートからHTMLを出力する
このヒントでは、HTMLとXMLの違いについて説明し、XSLTの output 要素を使って、その違いから生まれる問題を解決する方法を紹介します。
記事 2002/5/01
ヒント:XMLとデータベース間のマッピング
XMLユーザーに共通の課題は、どのようにしてXMLをデータベースにマップするかということです。このヒントでは、テーブル・ベースとオブジェクト・リレーショナルの両方のマッピングについて解説します。
記事 2005/11/16
ヒント: XSLT での再帰によるループ
このヒントでは、名前付きテンプレートと xsl:call-template、xsl:with-param、および xsl:param 要素を使用してこの機能を備える方法を説明します。
ヒント 2005/6/29
ヒント: JAX-RPCでSOAPメッセージを送受信する
このヒントでは、JAX-RPC (SOAPメッセージ交換・プロトコルの詳細を知らなくてもアプリケーションでWebサービスとの通信を可能にするJava API)に着目します。
記事 2003/9/02
1 - 59 件のうちの 59 件
概要の表示 | 概要の非表示