製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

(0 製品)

(99 トピック)

(6 インダストリー)

(4 種類)

1 - 584 件のうちの 100 件 | 次へ
概要の表示 | 概要の非表示
結果の表示
タイトル none 種類 none 日付 up
チュートリアル: XMLとスクリプト言語
この連載記事では、スクリプト言語を使って XML 文書を処理したり変換したりする方法を取り上げますが、今回は、Perl でそうしたテクニックを活用するための基本的なステップについて説明します。
記事 2000/2/01
Perl 開発者が XML ツールボックスの中身を充実させるには
Perl の世界では、XML を使ったプロジェクトに利用できるいろいろなツールが急速に開発されてきました。この記事では、Perl による XML 開発に欠かせない、合計 20 以上のツール、ライブラリー、モジュールを紹介ます。入手元一覧をクリックすれば各ツールにすばやくアクセスでき、こうして XML 操作のためのパワフルなツールキットを揃えることができます。
記事 2000/3/01
サーブレットと XML: 組み合わせることの利点
この記事では、Java サーブレットと XML を組み合わせ、XML 文書と DOM ツリーを生成し、データベースとのインターフェースを行う方法について説明します。この中で、いくつかの役立つテクニックをご紹介しましょう。HTTP パラメーターによる処理の制御と、XML ソース文書を用いない DOM ツリーの生成です。
記事 2000/4/01
Perl によるツリー・ベース XML のスクリプト作成
XML 文書をツリー構造に解析すると、データのツリー構造を操作できるようになります。文書ツリーにアクセスおよび操作するための機能の使い方を説明すると共に、Perl、DOM、XML、およびデータベースを使用する株取引サンプル・アプリケーションを利用して、取引規則を評価します (Tcl や Python などの他のスクリプト言語で同じテクニックを利用することも可能です)。これは、スクリプト言語を使用した XML 文書の操作および変換についての第 2 回目の記事です。
記事 2000/7/01
XMLスキーマの使用法の基本: エレメントの定義
新しい XML スキーマの体系が、まもなく W3C 勧告になろうとしています。これは、XML 文書用の豊富な文法的構造を提供し、これまでの DTD の限界を克服することを目的とするものです。この記事では、スキーマの柔軟性を例示し、XML スキーマの体系において XML 文書の最も基礎的な構成ブロックであるエレメントの定義方法を示します。
記事 2000/8/01
RFC 3023 (XML Media Types)について
RFC 3023は、インターネットでXML文書を配布するときにつける名札(メディ アタイプ)を規定しています。インターネット上でXMLを利用するためには、このようなメディアタイプが常に必要になります。本稿では、このRFC が何を 規定しているか、どのように制定されたのかを解説します。
記事 2001/1/01
XMLの論考: 第6回
この記事では、10以上の主要なXMLエディターについての最新評価をDavid Mertzが示します。とくに大量のテキストを含む一般的文章 (prose) のXML文書処理に関して、それぞれのエディターの安定度、弱点、および機能性を比較します。さらに、一般的文章のXML文書を作成、変更、保守するうえでの実際の問題にも答えます。
記事 2001/1/01
XSLTのコーディングを改善する5つの方法
CSSをXSLスタイル・シートと併用する方法、クライアント側のJavaScriptとの統合、複数の入力文書の処理、およびXSLTを使ってスタイル・シートを自動生成する方法が取り上げられています。サンプル・コードも活用して下さい。
記事 2001/1/01
ヒント: XSLTを使った内部HTMLリンクの生成
Uche Ogbuji氏は、XSLTを使ってアンカーと内部リンクをHTMLまたはXHTML出力に取り込む方法を、順を追って説明します。内部リンクは、長いHTMLコンテンツを編成するために役立ちます。XSLTは、これらの内部リンクを生成する機能を備えていますが、そのいくつかのメソッドはあまり知られていません。このヒントと、再使用可能なサンプル・コードによって、このプロセスの2つのアプローチを詳しく説明します。
記事 2001/2/01
Saxon: XSLTプロセッサーの解体新書
この記事では、XSLTプロセッサー (この場合は、著者が作成したオープン・ソースのSaxon) が実際に機能する方法を説明します。
記事 2001/2/01
XSLTはどのような言語か
XSLTはどのような言語で、何のために存在し、なぜこのように設計されたのでしょうか?これらの質問にはさまざまな答えがあり、初心者は、この言語が慣れ親しんできたどの言語とも異なっているため、しばしば混乱します。この記事では、XSLTを一連の流れの中でとらえようとしています。XSLTスタイル・シートを作成するように勧める代わりに、この言語がどのように生じたのか、どこが優れているのか、なぜ使うべきなのかを説明しています。
記事 2001/2/01
Soapbox: 私がSOAPを使っている理由
XML分野の新理論の領域において、Benoît Marchal氏は、ソープボックス (せっけんの出荷用の木箱) を演台にして立ち上がり、なぜSOAPが彼の心をつかんだかを語っています。SOAPのセールス・ポイントはその単純さにあるとMarchal氏は言います。新しいプロトコルがなじみ深いテクノロジーの上に構築されているため、特にWebサーバーとXMLにおいて、SOAPサーバーを設計して配備することは開発者にとって比較的簡単なことです。
記事 2001/2/01
XMLの論考: 第7回
XML文書型の指定として、XMLスキーマが間もなくDTDに取って代わると多くの開発者は考えています。David MertzはXMLスキーマが開発者にとって非常に価値のあるツールだと考えますが、これがDTDに取って代わるかどうかについては、懐疑的です。「XMLの論考」の今回のコラムでは、スキーマとDTDの比較という難題に取り組み、XMLスキーマの世界で今何が起きているかを明らかにします。
記事 2001/3/01
ヒント: DOMノードの移動
この記事では、DOMノードを移動しようとする際にしばしば発生する例外について考察します。そのような例外の発生する原因を明らかにし、さらに重要なこととしてDOMプログラミングでそのような事態を回避する方法について説明します。この記事に含まれているコード・リストには、ある文書から別の文書へノードを移動する方法、不正文書例外を生成するコードとはどのようなものか、そのような問題が発生しない正しいコードを書くにはどうしたらよいかが示されています。この記事は、DOMの動作に関する基本的な知識が前提になっています。
記事 2001/3/01
Darwin Information Typing Architectureの紹介
Darwin Information Typing Architecture (DITA) は、技術情報のオーサリング、生成、および配布に使用する、XMLベースのアーキテクチャーです。この記事では、このアーキテクチャーを紹介し、トピック・レベルで情報タイプの付いたモジュールを作成したり、そのコンテンツをオンライン・ヘルプやWeb上の製品サポート・ポータルなどの配布モードで使用したりするための一連の設計原理を示します。この記事の役目は、Darwin Information Typing Architectureへのロードマップであり、DITAがいったい何であるか、またDITAはどのように技術文書に適用されるかを示します。また、代表的なソース・コードにリンクされています。
記事 2001/3/01
XMLの論考: 第8回
XMLがどんなデータベースに最もよく適合するかを検討している著者David Mertzは、階層、リレーショナル、オブジェクト指向のそれぞれのデータ・モデルの枠組みにXMLがどう適合するかを説明します。
記事 2001/4/01
ヒント: DOMからの変換
このヒントでは、DOMを使用していないアプリケーションと交信するために、DOM構造をSAXおよびJDOMへ変換する方法について学びます。本稿でリストしているコードには、SAXで使用するためにDOMを出力ストリームへ変換する方法、およびDOMをJDOMへ変換する方法を示してあります。
記事 2001/4/01
TCLによるXMLおよびWeb Servicesのプログラミング、第1回: 入門編
1つのアプリケーションの85-90%、あるいはそれ以上の部分は、純粋なXMLベースのツールによってインプリメント可能です。プログラム / スクリプト言語は (Tcl、Perl、Python、あるいはその他どのようなものでも)、アプリケーションを構築するためのいくつかの局面で重要な役割を果たします(特にB2Bアプリケーションの場合には重要です)。しかし、高水準ロジック (ビジネス・ロジック、構成データなど) をインプリメントする際は、XSLTおよびXMLスキーマが使用されることが多くなってきました。従来は、Tclが使用されるのはそのあたりまででしたが、今では一連のロジックにまで用途が広がりつつあります。
記事 2001/4/01
ヒント: JDOMからの変換
JDOMの使い方を勉強中ですか?どのAPIも別個のものではありません。この解説記事では、JDOMからSAXおよびDOMにデータを簡単に変換して、3つのAPIすべてを駆使し、縦横無尽にXMLアプリケーションをプログラミングできる方法を説明します。コード・サンプルでは、JDOMからSAXへの変換とJDOMからDOMへの変換の例を示します。
記事 2001/4/15
シンプル SOAP クライアント
この記事では、専用の SOAP ライブラリーを使用しない、Java による簡単な汎用 SOAP クライアントについて説明します。この簡単な SOAP クライアントでは、SOAP 要求 XML 文書をシステムの内部で作成するのではなく、XML エディター (またはテキスト・エディター)を使用して、要求を作成することが可能です。また、単にリモート・メソッドの戻り値を示すのではなく、このクライアントは、実際の SOAP 応答の XML 文書を示します。この短い Java プログラムは、SOAP が行っていることを包み隠さずに教えてくれます。すなわち、HTTP 接続を行い、リモート・メソッドを呼び出す適切な XML を送信し、サーバーから返される XML 応答を読み込むというプロセスを見せてくれます。
記事 2001/5/01
ebXMLの理解
ebXMLは多くの部分からなる大きなプロジェクトです。David Mertzは、この記事で、これらの部分がどのように組み合わさっているかについて説明しています。まず、ebXMLの概念についてのご紹介、それから、ebXMLインプリメンテーションの重要な開始点となるビジネス・プロセスの概念がもう少し細かく検討されています。この中では、短いサンプル・コードの例を2つ挙げて、ProcessSpecification DTDとコラボレーションのパッケージをデモンストレーションしています。
記事 2001/6/01
魅力的なPython: Python用XMLツールの再考
David Mertzによる「魅力的なPython」 の第1回と第2回で、PythonにおけるXML処理の概要を説明しました。しかし、当初の記事から1年経過する間に、Python用XMLツールの状況は大きく進歩しました。残念ながら、こうした進歩のほとんどには下位互換性がありません。今回の特別号の記事で、著者はXMLツールに関する以前の説明を再考し、最新のコード例を紹介しています。
記事 2001/6/01
ヒント: エンティティー・リゾルバーの使用
外部エンティティー参照を使用して外部コンテンツをXML文書に組み込む方法と、SAX EntityResolverインターフェースを使用する方法を説明します。
記事 2001/6/15
ヒント: XMLによるXLinkの使用法
XML関連仕様であるXLinkを使用すれば、XML文書に劇的なリンク効果をもたらすことができます。この小さなヒント記事では、XLinkを使って他のXML文書の一部をあなたのXMLに組み込む方法を学びます。コード例でその技法を示します。
記事 2001/7/01
強力なAPI、SAX
今回の記事は、Benoit Marchal著のXML by Example 第2版のプレビューであり、SAXへの心強い入門記事です。SAXは、XMLを処理するための、イベント・ベースのAPIであって、いまや事実上の標準になっています。このプレビューでは、どのような場合に、DOMに代えてSAXを使用するかを示し、また、一般に用いられる SAXインターフェースの概要を述べます。さらに、Javaをベースとするアプリケーションを用いて詳しい例を、多くのコード・サンプルと共に提供します。これらは、Pearson Technology Groupの1部門であるQue Publishingの許可を得て使用しています。
記事 2001/8/01
ヒント: XMLスキーマの参照
XML文書からXMLスキーマを参照する方法について説明します。
記事 2001/8/01
XMLの論考 第13回: XMLと圧縮
今回は、XML文書の圧縮方法を調べます。技法のサンプル・コードも掲載しています。
記事 2001/9/01
実用的なXML: 処理命令およびパラメーター
複数のスタイル・シートに対するサポートをXMコンテンツ・マネージメント・プロジェクトに追加します。
記事 2001/9/01
C/C++ developers: XML ツールボックスの中身を充実させる
この記事では、XML 開発に不慣れな C および C++ プログラマーを対象に、XML 開発に備えて集めておくべきツールの概要を説明します。一般的な XML ツールの概要を表にまとめています。すなわち、IDE、スキーマ設計機能、パーサー、XSLT ツール、SOAP ライブラリーと XML-RPC ライブラリー、ならびに C または C++ (またはその両方) から使用可能な、あるいは実際にそれらの言語で書かれた他のライブラリーなどです。Windows、UNIX、および Linux にオープン・ソースのライブラリーをインストールする際のアドバイスと、主要な XML 用語を収めた簡単な用語集も含まれています。
記事 2001/9/01
XMLの論考: DOM、SAX、およびXSLTの限界を超える
XMLデータを処理する際に、HaskellとHaXmlライブラリーを使用することを提唱しています。
記事 2001/10/01
PerlでDOMとXPathを用いた効果的なXML処理
いくつかの大規模なXMLプロジェクトの分析に基づき、DOMを有効かつ効率的に使う方法を検討します。
記事 2001/10/01
XSL-FOを使って文書を印刷用に加工する
XML Stylesheet Language-Formatting Objects (XSL-FO) は、XML文書を印刷用に加工する必要がある場合にぴったりのツールです。
記事 2001/11/01
XMLベースのメッセージ・サーバーの構築
軽量でトランスポート・プロトコルに依存しない、XMLベースのメッセージ・サーバーを書く方法について示します。
記事 2001/11/01
ヒント: 要素にするか属性にするか
データを表すときにタグ属性を使用すべき場合と、サブ要素を使用すべき場合について紹介します。
記事 2001/11/01
JavaでDOMとXPathを使って効果的にXMLを処理する
DOMを堅固で使いやすくするためのJavaの使用パターンと関数のライブラリーをご紹介します。
記事 2001/12/01
XMLの論考: オブジェクト・モデルとしてのXML-RPC
オブジェクト・データをモデル化する方法としてXML-RPCを調べます。また、オブジェクトをシリアライズする手段として、xml_pickleモジュールと XML-RPCを比較します。
記事 2001/12/01
デジタル署名
アメリカ政府は最近、いわゆる "E-Sign" 法 (電子署名法) を可決しました。この記事では、デジタル署名とは何か、また、デジタル署名はエレクトロニック・コマース (電子商取引) の世界にとってどんな意味を持つのかを考えます。暗号化のこの新しい分野で今何が起きているかを示すとともに、デジタル署名の利点と限界について著者 Larry が詳しく説明します。
記事 2001/12/01
データ用のXML: 多対多関係のモデル化
このコラムでは、XMLによって多対多関係をモデル化するためのいくつかの方法を紹介し、それぞれのメリットとデメリットについて説明します。
記事 2002/1/01
現実世界でのXML Schema
小売店を支援するITシステム間でのXMLメッセージ交換を標準化するために発表された、幅広い分野で採用できるXML使用法を17項目にわたってご紹介します。
記事 2002/1/01
実用的なXML: パスのコンパイルとテストの自動化
前回に引き続き、SAX ContentHandler コンパイラー、HCの作業をします。今回はコンパイル・アルゴリズムについて説明し、また、JUnitの自動化テストにも触れていきます。
記事 2002/1/01
ヒント: txt2dwユーティリティー
XMLを書くことは(マシンにとっては簡単でも)人間にとっては常に手間のかかる作業です。「ヒューマン・インターフェース」の問題を解決する1つの方法として、著者が自分の記事に利用しているパブリック・ドメインtxt2dwユーティリティーをご紹介します。
記事 2002/1/01
データ用のXML: XQueryの紹介
この記事では、XML Queryのワーキング・ドラフトの現状をご紹介します。FLWR文節の使い方について、およびデータ・リレーションのピボットとして役立つdistinct-values関数について説明します。
記事 2002/2/01
ヒント: Word文書をSimple DocBook XMLに変換する
この記事では、MajiXを使ってWord文書を直接にsdocbook XMLに変換する方法をご紹介します。変換後には、すべてのsdocbook XMLファイルに対するリンクを含むWebページを生成する、というプログラムを容易に記述できます。
記事 2002/3/01
XMLの論考: REXMLライブラリー
この記事では、Ruby Electric XML (REXML) という、Rubyの機能を活用してXML処理を実行するライブラリーを紹介します。
記事 2002/3/01
XML暗号化の方法を探る:第1回
XML暗号化は、構造化データを安全に交換する必要のあるアプリケーションのために、エンドツーエンドのセキュリティーを提供します。XMLはデータ構造化のテクノロジーとして最も広く使用されているものであり、XMLベースの暗号化は、データ交換アプリケーションでの複雑なセキュリティー要件を処理する自然な方法と言えます。この記事は2回にわたるシリーズの第1回です。Bilal氏が、W3CのXML暗号化のワーキング・ドラフトを踏まえて、XMLとセキュリティーの問題をどう処理できるかを説明します。
記事 2002/3/01
JavaにおけるXML: Castorによるデータ・バインディング
この記事では、データ・バインディングを紹介し、この手法の魅力について説明しています。それからJavaデータ・バインディングにオープン・ソースCastorフレームワークを使用して、ますます複雑になる文書を処理する方法を紹介します。
記事 2002/4/01
ヒント: XSLTスタイル・シートからJavaScriptを呼び出す
XSLTスタイル・シートを利用すると、元のXML文書にあるデータを操作する面で大幅に自由度が上がります。とはいえ、実際にプログラミングが必要な場合もあります。それを可能にするため利用する拡張機能は、関数および要素の形を取り、XSLTプロセッサーがサポートしている任意の言語で記述できます。1つの方法は、スタイル・シート内に直接、または外部ファイルとしてJavaScriptを埋め込むことです。
記事 2002/4/01
DITAにおけるドメインの特殊化
この記事では、拡張可能なDITA (Darwin Information Typing Architecture) のDTDを活用して情報の新しいドメインを記述する方法を説明します。
記事 2002/5/01
ヒント: XSLスタイル・シートからHTMLを出力する
このヒントでは、HTMLとXMLの違いについて説明し、XSLTの output 要素を使って、その違いから生まれる問題を解決する方法を紹介します。
記事 2002/5/01
J2ME/MIDPアプリケーションを保護する
この記事では、XMLディジタル署名の重要性と、そのアプリケーションについて説明します。また、Bouncy Castle暗号パッケージのディジタル署名APIについても説明し、J2ME/MIDPワイヤレス・フロントエンドとJSPページ・バックエンド間のセキュアなXMLメッセージングに関連した例を示します。
記事 2002/6/01
ヒント: 必要なデータの処理が終わったらSAXパーサーを止める
SAXパーサーは、文書の途中で止めても、すでに収集されているデータを失わないようにすることができます。このことはSAXパーサーがDOMパーサーよりも優れている点の1つです。このヒントでは、最近更新されたweblogsのリストを構文解析しますが、特定の時間範囲のものが見つかったら構文解析を停止します。
記事 2002/6/01
実用的なXML: Java NIOへの取り組み
このコラムは、XIプロジェクトを次のステップへと進めるものです。このコラムでは、新規JavaテクノロジーのAPIに関する新しい発見について報告しています。XIはまだ作動可能にはなっていませんが、近い将来にどのような姿で登場するのかをかいま見ることができます。
記事 2002/6/01
ヒント: XSLTパラメーターを使用して実行時に選択を行う
XSLTは、データをある形式から別の形式へ変換する場合に、高度な操作を可能にします。実行時にパラメーターを指定することによって、さらに高度な変換が可能になります。この記事では、XSLTスタイル・シートでパラメーターと条件ステートメントを使用する基本的な方法を紹介します。
記事 2002/8/01
XMLの論考: XMLエディターの総まとめ: 第1回
XMLエディター商用ツールの進歩を2回連載で調べていきます。これらのツールは、概してテキスト・エディターの表面的なラッパーであったものから、XML指向のテクノロジーを使う作業プロセスをかなり簡単にできる具体的な開発環境へと進歩しています。この第1回の記事では、JavaおよびMacOSアプリケーションを調べます。
記事 2002/8/01
ヒント: SAX InputSourceの効果的な使い方
このヒントでは、InputStreamを使ってXMLをSAX APIに送り込む方法が、Readerを入力として使う方法に比べいかに効果的で安全であるかということを説明します。この方法を選択したときに生じる国際化対応への効果についても簡単に触れます。
記事 2002/8/01
ヒント: classpathからリソースをロードする
SAX APIには、XML文書内のリソースを見付けるための EntityResolver インターフェースが備わっています。このヒントでは、ローカルJava classpathを使用してこのインターフェースでエンティティーを解決する方法について説明します。
記事 2002/8/01
XML暗号化の方法を探る: 第2回
シリーズ2回目のこの記事では、ユース・ケースのシナリオをもとにXML暗号化の使用法のモデルを考察します。XMLファイル全体の暗号化、XMLファイルの要素の暗号化、およびXML要素の内容の暗号化といったXML暗号化の各タイプも例を使って説明します。
記事 2002/8/01
QuickによるJavaオブジェクトとXMLの変換
Quickは、実行時の変換に重点を置いた、オープン・ソースのデータ・バインディング・フレームワークです。この記事では、他のデータ・バインディング・フレームワークで必要になるクラス生成セマンティクスを使わずに、このフレームワークを使用してすばやく問題なくJavaデータをXML文書に変える方法について示します。
記事 2002/8/01
データ用のXML: XPath 2.0の新機能
この記事では、XPath 2.0に関する最新の情報を紹介し、XMLデベロッパーに役立つXPath 2.0の機能のいくつかの例を取り上げます。例は、XMLとXPathで提供されています。
記事 2002/9/01
XMLの論考: XMLエディターの総まとめ 第2回
連載第2回目のこの記事では、Windowsベースの製品を調べます。具体的には、AltovaのXML Spy、Wattle SoftwareのXMLwriter、NetBryx TechnologiesのEditML Pro、そしてCorelのXMetalを取り上げます。
記事 2002/9/01
文書形式におけるローカリゼーション
国際化対応へのサポートはXMLの主要な長所の1つです。しかし残念ながら、内容をローカライズするためのメカニズムを用意しているXML形式は少な過ぎます。このヒントでは、ローカライズを考慮したXML形式の作成方法を説明します。
記事 2002/9/01
大文字小文字を区別しない列挙
この記事では、大文字小文字を区別しない表記を定義するための自動化されたソリューションを紹介します。このソリューションは、理解しやすく、規格に準拠しており、デベロッパーが行う作業はわずかです。
記事 2002/10/01
XMLの論考: YAMLはXMLに改良を加える
この記事では、YAMLを紹介します。これは、人間にとって読みやすいデータ直列化フォーマットであり、動的なプログラム言語で使用されるデータ型をエンコードするのにうってつけです。
記事 2002/10/01
XSLで再帰処理を効果的に使用する
この記事では、再帰処理の基本的な考え方を取り上げ、XSLで再帰処理を使用するためのテクニックを紹介します。また、XML変換を最適化してエラーを回避するためのテクニックについても見ていきます。
記事 2002/10/01
ヒント: TreeWalkerを使ってXML文書をトラバースする
DOM Level 2 Traversalモジュールでは、TreeWalker が導入され、文書ツリーのナビゲーションの信頼性が高まりました。このヒント記事では、TreeWalkerを使用できるかどうか判別する方法と、これを使って文書から情報を取り出す方法を示します。
記事 2002/10/01
XML的思索: PRISMを解明する
PRISMは、出版に関連した標準メタデータです。これを使用すると、拡張性メカニズムが提供されるため、コンテンツおよび参考文献の正式な記述を行うことができます。このコラムでは、例を使用してPRISMを紹介しています。
記事 2002/10/01
ヒント: XSLTスタイルシートの空白を制御する
XSLT変換におけるスタイルシートとソース文書とでは、空白を除去する規則が異なるため、空白および改行の生成が何の根拠もなく行なわれているように見えます。この記事では、変換で生じる空白を制御することにより、ユーザーが望むものに近い形に文書を整形する方法を示します。
記事 2002/11/02
JavaCC、構文解析ツリー、およびXQueryの文法: 第1回
この記事では、まず文法、パーサー、およびBNFについて説明し、それから有名なパーサー生成ツールであるJavaCCを使ってカスタム・パーサーを作成する方法を紹介します。
記事 2002/12/01
JavaCC、構文解析ツリー、およびXQueryの文法: 第2回
連載第2回のこの記事では、第1回で取り上げたサンプル・コードを修正して、もう1つのツールであるJJTreeによって同じ構文解析のツリー表現を生成する方法を示します。
記事 2002/12/01
XML的思索: MusicBrainzを使用したメタデータ管理
この記事では、ディジタル・メディアのメタデータを管理するためのプロジェクトであるMusicBrainzを紹介します。MusicBrainzでは中心となるデータ・フォーマットとしてRDFを使用しています。
記事 2002/12/01
データ用のXML: EXSLTによってXSLTの機能を拡張する
この記事では、XSLT 1.0に対する標準化された拡張機能であるEXSLTについて簡単に紹介します。EXSLT拡張機能によって提供される重要な機能のいくつかを調べ、それらを利用するにあたっての指針を検討します。
記事 2002/12/01
JavaにおけるXML: データ・バインディング 第1回: コード生成方式 -- JAXBなどなど
この記事では、XML文書の文法からJavaコードを生成するXMLデータ・バインディング用のフレームワークを5つ --JAXB、Castor、JBind、Quick、Zeus-- を取り上げます。
記事 2003/1/01
JavaにおけるXML: データ・バインディング 第2回 パフォーマンス
シリーズ第2回目のこの記事では、JavaのXMLデータ・バインディング用の各種フレームワークの処理速度とメモリー使用量をチェックします。
記事 2003/1/01
XML的思索: OpenOfficeファイル・フォーマット
OpenOffice.orgは、オープン・ソースの成熟したフロント・オフィス・アプリケーション・スイートであり、オープンXML DTDの保管ファイル・フォーマットの利点を備えています。この記事では、OpenOfficeファイル・フォーマットを紹介します。
記事 2003/1/01
JavaにおけるXML: データ・バインディング 第1回: コード生成方式 -- JAXBなどなど
記事 2003/1/01
XML ウォッチ: 開発動向について
いつでもどこでもデータを活用できるようにする方法を追求してやまないXML開発者である著者が、SyncMLの調査と実装の旅に出ます。
記事 2003/1/01
JavaにおけるXML: データ・バインディング 第1回: コード生成方式 -- JAXBなどなど
記事 2003/1/01
JavaにおけるXML: データ・バインディング 第1回: コード生成方式 -- JAXBなどなど
記事 2003/1/01
JavaにおけるXML: データ・バインディング 第1回: コード生成方式 -- JAXBなどなど
記事 2003/1/01
JavaにおけるXML: データ・バインディング 第1回: コード生成方式 -- JAXBなどなど
記事 2003/1/01
JavaにおけるXML: データ・バインディング 第1回: コード生成方式 -- JAXBなどなど
記事 2003/1/01
JavaにおけるXML: データ・バインディング 第1回: コード生成方式 -- JAXBなどなど
記事 2003/1/01
ヒント: 実体参照による簡略化
XMLは、そもそも静的な言語です。しかし、実体参照を使用することにより、限定的とはいえ動的な置換を実行できます。このヒントでは、実体参照を使用する方法と、それがどのように便利かについて説明します。
記事 2003/1/15
ヒント: RDF/XMLでrdf:aboutとrdf:IDを効果的に使う
このヒントでは、rdf:ID 属性と rdf:about 属性のさまざまな動作を例示し、それぞれの動作をXML Baseによって制御する方法を示します。
記事 2003/2/01
実例で学ぶEXSLT
この記事では、実際的なサンプルによって、便利なEXSLT関数のいくつかについて紹介し、その使用方法を示します。
記事 2003/2/01
XMLの論考: reStructuredText
この記事では、reStructuredTextという文書フォーマットを調べ、既存のツールでいくつかのXML方言 (docutils、DocBook、OpenOffice) やLaTeX、HTML、およびPDFなどの他の有用なフォーマットに変換する方法を示します。
記事 2003/2/01
UML を用いた XML スキーマの設計
この記事では、XML スキーマを設計するための UML の使用例を示し、UML フレームワークを使って XML ボキャブラリーを作成する実践的な手法を説明します。
記事 2003/2/01
XMLの論考: RELAX NGによる逆襲 第1回
この3回シリーズの記事では、David Mertz氏がRELAX NGを初めて取り上げます。RELAX NGのスキーマは、妥当なXMLインスタンスのクラスを記述する手段として、W3CのXML Schemaのスキーマよりも強力で、厳密で、意味の記述が直接的です。
記事 2003/2/15
ヒント: 巨大なXML文書を出力する: 第1 回
この記事では、巨大なXML文書を出力するときの問題点について詳しく述べます。XML出力のさまざまなオプションについて見た後、DOMとXML出力について、DOMを拡張的に利用する場合のメモリー使用量の解決方法について見ていきます。
記事 2003/3/01
ヒント: XMLボキャブラリーの中で内部参照を使う
場合によっては、1つのフィールドから別のフィールドへの内部参照を使用することにより、同じデータ・フィールドの繰り返しを避けることができます。この記事では、その方法について説明します。
記事 2003/3/01
入門: XMLと関連テクノロジーの検定試験
この記事では、XMLと関連テクノロジーに関するIBM独自の検定試験に合格するための、役に立つリンク集や参考文献、模擬試験問題集を用意しました。
記事 2003/3/01
XML ウォッチ: WBXML と SyncML の基本要件
SyncMLを利用していつでもどこでもデータを活用できるようにする方法を追究するシリーズの第2回です。今回は、Wireless Binary XML (WBXML) を取り上げ、SyncMLサーバーに最低限必要な機能について調べます。
記事 2003/3/01
実用的なXML: EclipseとXMを用いたプロジェクトのビルド
EclipseとXMについての今回の記事では、ファイルを追加または変更したときに自動的にプロジェクトを再コンパイルするビルダーを実装します。また、XMの今後の機能強化についても説明します。
記事 2003/3/03
XMLの論考: RELAX NGによる逆襲: 第2回
RELAX NGシリーズ第2回目のこの記事では、意味の記述にかかわるいくつかの問題点を取り上げ、RELAX NGを処理するためのツールを紹介します。
記事 2003/3/26
JavaにおけるXML: データ・バインディング 第3回 JiBXのアーキテクチャー
JavaアプリケーションにおけるXMLデータ・バインディング用のJiBXフレームワークについてのシリーズ第3回目となるこの記事では、JiBXの設計について詳しく解説します。
記事 2003/4/01
ヒント: 巨大なXML文書を出力する: 第 5 回
この記事は、巨大なXML文書の出力に関する全5回のヒントの最終回です。SAX DataWriter クラスを使用してXMLを出力するいくつかの実用的な例をご紹介します。
記事 2003/4/01
XML的思索: N-Triplesの紹介
W3Cにより、特に試験用スイート(テスト用データセット)に適しているRDF表現のフォーマットであるN-Triplesが開発されました。この記事では、RDF/XMLから変換した例を使用するN-Triplesを紹介しましょう。
記事 2003/4/08
Eclipse による XML 開発
この記事では、Eclipse Platform の XML 開発サポートの概要を取り上げます。主に取り上げるのは、XMLBuddy というプラグインです。
記事 2003/4/08
ヒント: 巨大なXML文書を出力する: 第 3 回
この記事では、前回取り上げたXMLフィルターの使い方をさらに掘り下げてみます。XML文書内の全要素、全属性、特定要素、特定属性をそれぞれ除去するユーティリティーなど、実用的なフィルターのサンプルも用意しました。
記事 2003/4/09
実用的なXML: Eclipseにおけるレイアウト、プロパティー、およびプリファレンス
今回の記事では、ユーザー・インターフェースの考慮事項に焦点を当て、パブリッシュ用プラグインのためのEclipseのプロパティーとプリファレンスの管理などを行います。
記事 2003/4/16
1 - 584 件のうちの 100 件 | 次へ
概要の表示 | 概要の非表示