製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

(0 製品)

(85 トピック)

(2 インダストリー)

(4 種類)

1 - 3 件のうちの 3 件
概要の表示 | 概要の非表示
結果の表示
タイトル none 種類 none 日付 none
容易になった Ajax と Java 開発: 第 4 回 JSP タグ・ファイルを使用して JSF 風のコンポーネントを作成する
かつての JSP (JavaServer Pages) と JSF (JavaServer Faces) は、それぞれに異なる EL (Expression Language: 式言語) の変形バージョンを使っていましたが、JSP 2.1 では EL が統一されています。この統一によって新しい可能性が広がり、今では遅延評価される値 (deferred-value 属性) と遅延評価されるメソッド (deferred-method 属性) をカスタム JSP タグで使用できるようになりました。そこで、この記事では JSF コンポーネントを作成するより遥かに単純で簡単な手段として、JSP タグ・ファイルをベースとした Java Web コンポーネントを開発する方法を紹介します。
記事 2008/7/29
容易になった Ajax と Java 開発: 第 3 回 DOM、JavaScript、JSP タグ・ファイルを使って UI 機能を作成する
第 2 回では、セットアップと構成を最小限にするための規則、そして JSP タグ・ファイルを使用して HTML フォームを作成する方法を紹介しました。連載第 3 回となるこの記事で学ぶのは、JavaScript をベースにクライアント・サイド、サーバー・サイドのバリデーターを開発し、それぞれに対応する JavaScript コードをバックアップする JSP タグ・ファイルとして実装する方法です。さらに、アプリケーションを再起動しなくても変更時に自動的にリロードされるリソース・バンドルを使用する方法も説明します。
記事 2008/7/22
容易になった Ajax と Java 開発: 第 2 回 セットアップと構成を最小限にするための規則に従う
たいていの Web フレームワークで目標とされるのは、さまざまなアプリケーションのニーズと開発スタイルに対応するために、できる限り柔軟かつ拡張可能にすることです。残念ながら、このような試みが結果的にフレームワークを複雑にし、処理のオーバーヘッド、そして大規模な構成ファイルをもたらす場合がよくあります。この記事では開発と保守を容易に行えるように、JSTL (JSP Standard Tag Library) と JSP タグ・ファイルを使ってデータ・バインディング、ページ・ナビゲーション、スタイル規則を実装する方法を紹介します。また、動的な属性を使ったカスタム JSP タグを作成し、アプリケーションを簡単に素早く変更できるようにする方法も学んでください。さらに記事の最後のセクションには、Ajax を使用して Web フォームをサブミットするサンプルも記載しています。
記事 2008/5/20
1 - 3 件のうちの 3 件
概要の表示 | 概要の非表示