製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

(0 製品)

(82 トピック)

(4 インダストリー)

(4 種類)

1 - 23 件のうちの 23 件
概要の表示 | 概要の非表示
結果の表示
タイトル none 種類 none 日付 down
WebSphere Application Server Community Edition を使用した EJB アプリケーション・セキュリティーの構成方法
WebSphere Application Server Community Edition 2.x ではクレデンシャル・ストア、run-as-subject および default-subject を導入していることから、そのセキュリティー構成は今までのバージョンとは異なります。そこで、この記事では、セキュリティー関連のさまざまなアノテーションや EJB デプロイメント記述子の要素について、そしてセッション、エンティティー、およびメッセージ駆動型 EJB をセキュアにする Community Edition 固有のデプロイメント・プランについて説明します。
記事 2008/11/26
Geronimo と REST を使ってサーバー・サイドのマッシュアップを作成する
Apache Geronimo と REST ベースのプロトコル、そして複数ソースからのデータを使ってマッシュアップ・アプリケーションを作成するための手法と技術を学びましょう。このマッシュアップでは、Google マップのデータと Twitter の tweet のデータを組み合わせ、Twitter のユーザーが彼らのTwitter ステータスを更新すると、そうした Twitter ユーザーをピンポイントで特定します。
記事 2008/10/21
WebSphere Application Server Community Edition V2.1 の新しい機能
この記事では、WebSphere Application Server Community Edition V2.1 の新しい機能を紹介します。このリリースには、GShell を使ってGeronimo コマンドを実行する機能や、複数のサーバー・アセンブリーを独自のサーバー・セットから作成する機能、そしてエキスパート・モードと新しい Monitoring ポートレットを使ってサーバーを完全に制御する機能などが新たに加わりました。すでに指折りの強力さを誇るオープンソースのアプリケーション・サーバーがさらに改善されています。
記事 2008/7/29
Apache Geronimo に Lift を活用する
Lift は Web アプリケーションの新しいフレームワークです。Lift は Scala プログラミング言語をベースに構築された非常にスケーラブルなフレームワークであるため、Apache Geronimo などの非常にスケーラブルなサーバーと組み合わせて使うには最適です。特にベースとなっている Scala が Java 言語と同様にバイトコードにコンパイルされ、Java プラットフォームを活用できることも最適な組み合わせである大きな理由のひとつです。この記事では、Lift を使って Web アプリケーションを作成する方法、そしてそのアプリケーションを Geronimo にデプロイする方法を学びます。
記事 2008/7/22
Geronimo への転向: 統合パッケージを使用する: GlassFish JSTL 1.2 と Apache Geronimo 2.0
Apache Geronimo チームが、新しい話題の Java EE (Java Platform, Enterprise Edition) 5.0 仕様の実装に成功しました。Java EE 5 で注目に値する特徴の 1 つは、新規 JSTL (Java Standard Tag Library) 仕様です。JSTL 1.2 の鍵である統一式言語により、JSF (JavaServer Faces) と併せてJSTL 選り抜きの機能を使用できるようになります。連載「Geronimo への転向」では今回、Java Web 技術の歴史を振り返って JSTL 1.2 の重要性を説明し、Geronimo チームが JSTL 1.2 サポートを Geronimo に追加するために、どのように GlassFish JSTL 1.2 の実装を活用したかを紹介します。
記事 2007/8/28
Ajax と Apache Geronimo による非同期メッセージ・フレームワークの作成
Apache Geronimo を Ajax (Asynchronous JavaScript + XML) ユーザー・インターフェース (UI)、非同期メッセージング・システム、そして疎結合ビジネス・サービスと組み合わせて、応答性の高いエンタープライズ・クラスの Web アプリケーション・フレームワークを作成します。
記事 2007/6/19
Apache Pluto を組み込んだ Apache Geronimo に対してポートレットを作成し、デプロイする
ポートレットは、複数の場所にあるデータの集約や、異なるアプリケーションの統合を実現し、さまざまなユーザーのグループが協力する作業空間を提供するための、強力なツールです。Apache Pluto はポートレット仕様の参照実装であり、開発中のポートレットをテストするのに適しています。この記事は、Apache Geronimo サーバーの中に Pluto ポートレット・コンテナーをインストールし、構成するための方法について解説します。
記事 2007/6/12
Apacheの戦士Geronimoが持つ実力: 第1回 勇気を出してジェロニモとお近づきになってみる
J2EEアプリケーションサーバ「Apache Geronimo」が静かにブレイクの兆しを見せています。本連載では、このGeronimoの魅力に迫っていきます。まず、Geronimoの導入ポイントと、Eclipse+Web Tools Platformを使った開発の流れを紹介しましょう。
記事 2007/5/25
Apacheの戦士Geronimoが持つ実力: 第2回 WTPを使用したWebアプリケーション開発
前回は、Geronimoの導入と、アプリケーション開発環境となるEclipseとWeb Tools Platform(WTP)をインストールしました。今回は、WTPを使用して簡単なWebアプリケーションを開発する方法を紹介します。
記事 2007/5/25
Apache Geronimo で Apache Pluto ポータル・アプリケーションを開発し、デプロイする
Apache Geronimo の機能セットにはあらかじめポータル・サーバーが統合されてはいませんが、Geronimo をポータル・アプリケーションのテストと開発用の環境として使うことができます。この記事では、Apache Pluto のドライバーとコンテナーを Geronimo にデプロイする手順をステップごとに追いながら、ポータル・アプリケーションのための 100% オープンソースの環境を実現します。そして Pluto と Geronimo でサンプルのポータル・アプリケーションを開発し、デプロイし、テストするための方法を学びます。
記事 2007/4/10
Axis2 と JiBX を使って Java クラスを Web サービスに変換する: 第 1 回 XML を使って Java クラスから Web サービスを定義する
XML は、ほとんど何についてでも定義できるという意味で強力です。しかも、大部分のアプリケーションにとって、特にこのシリーズの目的である Axis2 と JiBX にとっては、外部から読み取り可能なフォーマットの基本でもあります。それに加え、Web サービスがより一般的になってきたため、レガシーの Java プロジェクトを完全機能の Web サービスに変換することの緊急度が次第に高まっています。これまで、Web サービスの自動生成は 1 つのサービスや1 つのクラスに限定されていましたが、現在では、既存のプロジェクトの中にあるさまざまな Java クラスから 1 つ以上のサービスを生成するという選択肢があります。この記事は 2 回シリーズの第 1 回として、XML を使って既存の Java クラスから Web サービスを定義します。
記事 2007/3/20
Apache Geronimo の JNDI ネーミングおよび Java リソース接続プール: 第 3 回 メール・セッション
この連載ではこれまで、データ・ソース接続と JMS (Java Message Service) リソース・グループを作成し、それぞれが Apache Geronimo および JNDI (Java™ Naming and Directory Interface) とどのように連動するかを説明してきました。4 回連載の第 3 回目となるこの記事では、Apache Geronimo、JNDI、メール・セッションが相互に作用する仕組みについて取り上げます。単純な Geronimo アプリケーションで JNDI を使ってメール・セッションを作成する方法、そしてメール・セッションにアクセスする方法を紹介します。
記事 2007/2/13
Apache Geronimo の JNDI ネーミングおよび Java リソース接続プール: 第 1 回 データ・ソース接続
JNDI (Java Naming and Directory Interface) は、Apache Geronimo アプリケーション・サーバーにある接続プールとのインターフェースです。このインターフェースを介して、開発者は EJB (Enterprise Java Bean) をはじめとするすべての Java オブジェクトにアクセスします。この連載記事では、JNDI を使用してデータ・ソース、JMS (Java Messaging Services)、メール・セッション、そして URL 接続のための接続プールにアクセスする方法をそのコンセプトとともに説明します。
記事 2006/11/21
Apache Geronimo PetStore デモの分析
実際的な手順に従って、ビジネスに実用できるエンタープライズ・アプリケーションを構築してみませんか。iBATIS PetStore アプリケーションは、Sun Java BluePrints プログラムから作成されたサンプル・アプリケーションです。このアプリケーションは、iBATIS パーシスタンス・フレームワーク、Java のみによる Apache Derby データベース、そして Java EE (Java Platform, Enterprise Edition) の機能を使用して単純なクロスプラットフォーム・エンタープライズ・アプリケーションを開発する方法を教えてくれます。この記事では、iBATIS、Derby、Apache Geronimo の機能を活用して柔軟かつ実用的な PetStore アプリケーションの実装を作成する際に参考にできるヒントと技法を紹介します。
記事 2006/10/03
Apache Geronimo EJB トランザクションのオプションを比較検討する、第 1 回: コンテナー管理トランザクション
全 3 回のこのシリーズで、Apache Geronimo での EJB (Enterprise Java Beans) コンテナー管理トランザクションと Bean 管理トランザクションの両方について学んでください。第 1 回では、この 2 つのタイプのトランザクションの違い、そしてコンテナー管理トランザクションでは、どのようにしてトランザクション・ロジックと管理の複雑さをなくし、エンタープライズ Bean のビジネス・ロジックに専念できるようにしているかがわかります。また、コンテナー管理トランザクションを Geronimo アプリケーション・サーバーに実装する方法、さらに Geronimo、OpenEJB、XDoclet を使って、やっかいな EJB コーディングから逃れる方法についても学びます。
記事 2006/7/25
Apache Geronimo および POJO を使用して SOA フレームワークを構築する
Apache Geronimo フレームワークは、高度なアプリケーションおよびサービスを構築するために、POJO 開発用の強固なインフラストラクチャーを提供します。POJO の戦術を使用してサービス指向の開発を成功させるために使用できる Geronimo フレームワークのコンポーネントと技法の一部を探索しましょう。
記事 2006/7/11
Apache Geronimo、JMSを使いイベントドリブンフレームワーク構築する
リアルタイムで発生する変化やイベントに即座に応答できることは、エンタープライズ・フレームワークにとって重要な要求です。この記事では、リアルタイムの刺激に対してアプリケーションやサービスが効果的に応答できるように、またアーキテクチャーの仮想レイヤーにまたがってイベントを送受信できるようにするための機能として、Apache Geronimoフレームワークの中に具体化されている技術や機構を紹介します。
記事 2006/6/27
Geronimoへの転向: Apache GeronimoのJMS実装: ActiveMQ
Geronimoには、プロジェクトのニーズに応えて作成されたJMS (Java Message Service)の実装であるActiveMQが用意されています。この記事では、ActiveMQの共同創設者James StrachanにActiveMQ、メッセージング、およびメッセージング重視のアプリケーションの未来について話を伺いました。
記事 2006/4/25
Geronimoへの転向: Geronimoについて、そしてApacheライセンスの苦闘と収穫
ここではNealが、アプリケーションを構築する度に同じものを開発し直す苦労から解放するために、新たなコード・フレームワークに取り組む開発者達の努力を語ります。また、そうした努力と、Apache Geronimoプロジェクトとライセンスとが、どのように関係してくるかについても説明します。
記事 2006/1/17
Apache GeronimoにJ2EEアプリケーションをデプロイする
Apache GeronimoにJSP (Java Server Pages)、サーブレット、およびさまざまなEJB (Enterprise JavaBeans)をデプロイする方法を学びます。この記事では、他のJ2EE (Java 2 Platform, Enterprise Edition)コンテナーとは異なるApache Geronimoに必要なデプロイメント手順を説明します。
記事 2006/1/03
Apache Geronimo に Web サービスをデプロイする
この記事では、Javaの専門家である Kunal Mittalが、GeronimoのWebサービス機能の紹介として、標準的なJ2EE Webサービス・コードをGeronimoで書き、開発する方法を解説します。
記事 2005/6/28
Geronimoアプリケーション・サーバーにデータベースを接続する3つの方法
この記事に含まれるアプリケーション例とダウンロード可能なEclipse IDEプロジェクトを使って、アプリケーションを接続する方法や、GeronimoでデプロイされたJDBCコネクション・プールを通して通信する方法を学んでください。
記事 2005/6/21
Geronimoの中でTomcatの力を解き放つ
この記事ではTomcatのベテラン・ユーザーであるSing Liが、GeronimoをTomcat用にコンフィギュレーションしなおす方法を解説します。Tomcatおなじみの基本機能をGeronimoで利用するにはどうすべきか、そして、それらの機能を強化する方法を学びましょう。
記事 2005/6/14
1 - 23 件のうちの 23 件
概要の表示 | 概要の非表示