製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

(0 製品)

(82 トピック)

(4 インダストリー)

(4 種類)

1 - 45 件のうちの 45 件
概要の表示 | 概要の非表示
結果の表示
タイトル none 種類 none 日付 down
OpenCL で Web アプリケーションを高速化する
WebCL (Web Computing Language) は、Web アプリケーションがホストのグラフィック・プロセッサー上で関数を実行できるようにすることで、データのソート、テキストの検索、行列システムの解決といった各種のデータ処理ルーチンを飛躍的に高速化します。この記事では、WebCL の JavaScript クラスが計算処理をグラフィック・プロセッサーに実行させることによって、高速な数値演算処理を実現する方法について説明します。
記事 2013/7/18
Linux on POWER のパフォーマンスを評価する
コンパイル言語 (C または C++) 環境に焦点を当てた Linux on POWER のパフォーマンス問題を評価する方法を学んでください。この記事では、POWER7 の CPI モデルを解説し、一般に入手できる Linux ツールを使って潜在的な CPU ストール、パイプライン・ハザード、そしてパフォーマンス問題を明らかにする方法を具体的に紹介します。最後のセクションでは、POWER7 のアルゴリズムを分析し、最適化を行います。
記事 2012/7/12
オープンソース・クラウドの徹底調査
クラウド・コンピューティングはもはや、これから成長を遂げようとしている技術ではなく、私たちがオンデマンド・アプリケーションを使用する方法と開発する方法を今まさに根本から変えている、価値ある重要な技術となっています。もちろん Linux およびオープンソースでも、クラウドの基盤を (公開インフラストラクチャーおよび専用インフラストラクチャーともに) 提供しています。この記事では、クラウドとそのアーキテクチャーの詳細を探り、この動的でスケーラブルなコンピューティング/ストレージ・プラットフォームを構築するために使用されているオープンソース技術について具体的に説明します。
記事 2012/7/05
Spark によるデータ分析とパフォーマンス
Spark は Hadoop に代わる興味深いツールであり、インメモリー・データ処理に重点が置かれています。この記事の演習では、Scala、Spark、そして Spark のチューニング可能なパラメーターを使用した場合のマルチスレッドおよびマルチノードでのパフォーマンスを探ります。
記事 2012/3/15
予算に収まる大規模で高速かつ安定的なストレージ
予算や速度を犠牲にすることなく、柔軟でスケーラブルなストレージを作成しましょう。ZFS ファイルシステムと RAID-Z を使用すると、オペレーティング・システムの障害から容易に回復することができ、またハードディスク・ドライブの一般的な障害に容易に対応することができます。
記事 2011/7/29
pseudo のすべて: 第 3 回 学んだ教訓
この連載の第 3 回目となる今回の記事では、Peter Seebach が pseudo を開発する中でおかした多くの誤りの中から、いくつかを選んで振り返ります。その内容は、ためになるだけでなく、他の人の誤りを堂々と楽しめるようなものになっています。
記事 2011/6/24
pseudo のすべて: 第 2 回 ベールの下で
この連載の第 2 回では、データベースへの呼び出しと戻りをインターセプトしてそのパスを追跡することで、 pseudo の root エミュレーション動作を詳しく説明します。また、皆さん自身のコードで open(2) を置き換えたいと思っている場合には、その方法をこの記事で学ぶこともできます。
記事 2011/6/17
Cfengine を使用してインフラ管理を自動化する: 第 1 回 サーバーとクライアントをインストールする
Cfengine はデータ・センターの自動化ソリューションとして、世界のさまざまな組織で一般的に使われています。Cfengine は非常にスケーラブルであり、ラップトップ PC やデスクトップ PC、組み込み機器からメインフレームに至るまで、何万台ものマシンに対応することができます。この多用途で柔軟な技術を使用してデータ・センターの問題を解決する方法を学びましょう。
記事 2011/6/03
ダンプからデバッグする
Memory Analyzer は、Java プロセスのダンプからメモリー・リークやメモリー・フットプリントの問題を診断する強力なツールです。しかも、診断用のコードを組み込まなくても Java コードの実態を詳細に入手できるため、たった 1 つのダンプから難解な問題のデバッグをすることができます。この記事では、ダンプを生成する方法、そして生成したダンプを使ってアプリケーションの状態を調べる方法を学びます。
記事 2011/3/15
HTML5 と Ajax によるデータ主導のインタラクティブ・アプリケーション
モバイル・プラットフォームの数が増加するなか、標準に基づいたクロスプラットフォームのアプリケーションの開発がますます魅力を増してきています。HTML5 では、ネイティブ・アプリケーションとまったく同じようにオフラインでも使え、完全にモバイルに適したアプリケーションを作成する手段を提供します。この記事を読んで、Web 開発者にお馴染みのオープンソースのツールと手法だけを使用してオフラインにも対応する Web アプリケーションを作成する方法を学んでください。
記事 2010/10/05
今まで知らなかった 5 つの事項: JVM のためのコマンドライン・フラグ
Java 仮想マシンには何百というコマンドライン・オプションが用意されています。経験豊富な Java 開発者であれば、これらのオプションを使って Java ランタイムを調整することができます。コンパイラーのパフォーマンスをモニタリングしてログに記録する方法、明示的なガーベッジ・コレクション (System.gc();) を無効にする方法、JRE を拡張する方法などを学びましょう。
記事 2010/8/24
memcached を使用してサイトのパフォーマンスを高める
オープンソースの memcached ツールは、頻繁に使用される情報を保存し、ディスクやデータベースといった低速ソースからの情報のロード (そして処理) を減らすためのキャッシュです。memcached は特定の状況でだけ使われるようにすることも、既存の環境で使用されていないメモリーを活用する手段として使うこともできます。memcached は単純であるにもかかわらず、誤った使い方をされたり、memcached にそぐわない環境でのソリューションとして使われたりすることがあります。どんな場合に memcached を最も効果的に使えるのかを学びましょう。
記事 2010/8/03
Java Web サービス: WS-SecureConversation のパフォーマンス
WS-SecureConversation によって、進行中の Web サービス・メッセージ交換を単純な WS-Security よりも少ない処理オーバーヘッドでセキュアにすることができます。この記事では、Apache Axis2、Metro、Apache CXF という代表的な 3 つのオープンソースの Java Web サービス・スタックで WS-SecureConversation を構成して使用する方法を説明します。さらに、この 3 つのスタックで WS-SecureConversation を使用した場合のパフォーマンスの違いを調べます。
記事 2010/6/22
Java Web サービス: CXF のパフォーマンス比較
Apache CXF のベースとなっているコンポーネントは Apache Axis2 および Metro とある程度共通していますが、CXF はこの 2 つとは全く異なるアーキテクチャーでコンポーネントを構成しています。Dennis Sosnoski の連載「Java Web サービス」では今回、CXF、Metro、そして Axis2 の各スタックのパフォーマンスを WS-Security を使用した場合と使用しない場合の両方で比較します。
記事 2010/4/27
inotify で Linux ファイルシステムのイベントを監視する
Linux ファイルシステムのイベントを効率的に、細かい粒度で非同期に監視する必要があるときには、inotify を使用してください。inotify は、セキュリティーやパフォーマンスなど、さまざまな目的でユーザー空間を監視するために使用することができます。
記事 2010/4/06
Scilab と PHP を使った効率的な数学処理
インターネット上には無料で利用できる科学データが大量にあります。そうしたデータをオープンソース・ツールと組み合わせて効率的にデータを処理することで、誰もがそのデータを使って実験をすることができるようになり、実験の結果を公開してコミュニティーの他の人達と共有することができます。コミュニティー主導の科学を実現するための 1 つの方法として、PHP を Scilab に結びつける方法について調べましょう。
記事 2010/3/16
パラメーター化クエリーを使用して DB2 Ruby on Rails アプリケーションのセキュリティーとパフォーマンスを強化する
企業で Ruby on Rails を利用することへの関心が高まるなか、一部のオブザーバーは、企業による厳しい要件に対応する上での Ruby on Rails の適格性について問題を提起しています。そうした問題の 1 つは、Rails の ORM (Object-Relational Mapper) である ActiveRecord では、Prepared Statement を使用しない (少なくとも今まではそうでした) という点です。しかし、最新リリースの DB2 on Rails では、パラメーター化クエリーが自動的に使用できるようになっており、DB2 on Rails を利用することで Rails アプリケーションのパフォーマンスおよびセキュリティーに大きなメリットがもたらされるようになっています。
記事 2010/1/21
オープンソースの Java アプリケーション・サーバーを比較するためのパフォーマンス・ベンチマーク手法
さまざまなビジネスで、オープンソースの Java アプリケーション・サーバーを使用するケースが増えています。オープンソースの Java アプリケーション・サーバーには数多くの選択肢がありますが、適切なサーバーを選択するにはどうすればよいのでしょうか。この記事では適切なソリューションを選択する助けとなるように、Java アプリケーション・サーバーのパフォーマンス・ベンチマークを行う手法を Java EE 5 準拠の Java アプリケーション・サーバーに焦点を絞って説明します。
記事 2009/11/10
memcached と Grails: 第 2 回 memcached を Grails に統合する
James Goodwill が memcached と Grails の統合について紹介するこの 2 回の連載は、今回 Grails サンプル・アプリケーションと Java ベースの memcached クライアントを統合して締めくくります。Spymemcached を Grails で作成した連絡先管理アプリケーションに統合する方法を学んで、個々のリクエスト結果を memcached でキャッシングするという手法を実践してみてください。さらにこの記事では、第 1 回で説明したmemcached クライアント・コマンドを使用して新しいキャッシュの効率性もテストします。
記事 2009/10/06
memcached と Grails: 第 1 回 memcached をインストールして使用する
memcached と Grails に焦点を当てるこの 2 回連載の第 1 回目では、著者の James Goodwill がオープンソースのキャッシング・ソリューション、memcached を紹介します。今回の記事で取り上げる内容は、memcached のインストール、構成、memcached クライアント・コマンド、そしてキャッシュの有効性を評価する方法です。この記事では、memcached を各言語に固有のクライアントで使用する方法について説明するのではなく、memcached サーバーとの間で行われる直接のやりとりに焦点を絞ります。今回目標とするのは、memcached のインスタンスをモニターするために必要なツールについて説明すること、そして第 2 回の記事で memcached をGrails アプリケーションに統合するための下準備をすることです。
記事 2009/9/15
キャッシングを使って高速な Web アプリケーションを作成する
キャッシュ・ユーティリティーを使用すると、Java 技術を使用する Web アプリケーションのパフォーマンスを即座に改善することができます。Java アプリケーションのための強力な分散型キャッシング・システムである JCS (Java Caching System) は、単純な API を持ち、非常に柔軟な構成が可能なツールです。この記事では、JCS の概要と、JCS を使って Web アプリケーションを高速化する方法について説明します。
記事 2008/12/02
DB2 セルフ・チューニング・メモリー・マネージャー (STMM) のログ・パーサー
STMM ログ・ファイルを解析し、また STMM が下した判断の監視作業を単純化するための、簡単なツールについて学んでください。IBM DB2 9 より、新しいメモリー・チューニング機能である STMM を利用することによって、いくつかの重要なメモリー構成パラメーターの値が自動的に設定され、メモリー構成作業を単純化することができます。
記事 2008/10/23
性能かコーディング量か?RubyにおけるXMLライブラリーの選び方
Rubyを使ってXMLデータを扱おうとした時、私たちは幾つかの選択肢からその方法を選ぶことができますが、実用面から考えた時にはパフォーマンス面での性能が利用可否に大きく影響します。本稿では特にREXMLとLibXml-Rubyの2つのライブラリーを取り上げ、XMLデータに対して処理を行った際のパフォーマンスについて確認します。その結果から、それぞれのライブラリーがどのようなシーンに向いているかについて考察します。
記事 2008/9/24
Varnish を使って PHP アプリケーションのスケーリングを行う
Varnish のようなリバース・プロキシーと PHP を使って Web サーバー・ファームの容量を増加させましょう。
記事 2008/3/04
OpenLaszlo: パフォーマンスの調整
パフォーマンス面を考慮したLZXコーディングの要点としては、各画面の表示(インスタンス生成)やデータ表示(データバインディング)という特に負荷の高い処理に対して注意を注ぐことになります。どちらの処理にしても、一度に全てを処理させず、いかに効果的に処理を後回しさせるかということに尽きます。本稿ではその点に重点を置いたLZXコーディングの方法を紹介します。
記事 2007/12/14
リッチ・クライアント・アプリケーションのパフォーマンス: 第 2 回 メモリー・リークの修復
Eclipse リッチ・クライアントのパフォーマンスに関するこの 2 回連載記事の第 1 回では、アプリケーションのパフォーマンス測定、インスツルメンテーション手法の適用、UI の応答性維持、そして誤ったスレッド化を避けるための Job の使用についての基本を説明しました。第 2 回となる今回は、メモリー使用量に焦点を当て、メモリー・リークを突き止める方法を説明します。
記事 2007/8/07
リッチ・クライアント・アプリケーションのパフォーマンス: 第 1 回 パフォーマンス分析のツール、手法、そしてヒント
どんなに綿密に計画されたアプリケーションであっても、重大なパフォーマンス問題というのは持ち上がるものです。この 2 回連載の記事では、Chris Grindstaff がパフォーマンス問題を分析し、それに対処する手法を紹介します。第 1 回となる今回の記事では、Eclipse ベースの RCP (Rich Client Platform) アプリケーションのパフォーマンスを測定し、速度低下が CPU または I/O のどちらのボトルネックによって発生しているかを判断し、応答性を維持するために UI スレッドをアイドル状態にしておく方法を説明します。続く第 2 回ではメモリー問題を取り上げます。
記事 2007/7/31
PHP でカスタム検索エンジンを作成する
Google などの検索エンジンは実質的にあらゆる情報を網羅しますが、すべてのサイトに Web の強力な検索エンジンが最適というわけではありません。サイトのコンテンツが極めて専門的だったり、はっきりとカテゴリー化されている場合には、Sphinx と PHP を使って、きめ細かく調整したローカル検索システムを作成してください。
記事 2007/7/31
PHP アプリケーションの表示形式と機能を Smarty で分離する
PHP は他の Web ページ・マークアップと混在させやすいため、プログラム・ロジックと HTML、CSS (Cascading Style Sheets)、JavaScript が複雑にからみあった状態になりやすく、維持管理が非常に面倒になります。Smarty テンプレート・エンジンを利用すると、表示形式を機能から分離することができます。
記事 2007/7/17
軽量 Web サーバー
最近では、lighttpd や litespeed、mongrel など、興味深い Web サーバー実装が全盛です。これらの Web サーバーは、パフォーマンスや管理の容易さ、移植性、セキュリティー、その他関連する価値をさまざまに組み合わせ、独特の機能を誇っています。これから述べる工学研究では、軽量 Web サーバーの領域について調査し、皆さんの次期プロジェクトの技術要件を満足できそうな 1 台を見つけるために役立てたいと思います。
記事 2007/7/10
LAMP システムを調整する: 第 3 回 MySQL サーバーを調整する
LAMP (Linux、Apache、MySQL、PHP/Perl) アーキテクチャーを使ったアプリケーションは次々と開発され、デプロイされています。しかし多くの場合、アプリケーションはサーバー管理者以外の人が作成したものであるため、サーバー管理者はアプリケーション自体をほとんど制御することができません。この 3 回シリーズの記事では、アプリケーションのパフォーマンスを向上させる、あるいは低下させる、サーバー構成上のさまざまな項目について説明します。シリーズ最終回の今回は、最大の効率を実現するためにデータベース・レイヤーを調整する方法について説明します。
記事 2007/6/07
LAMP システムを調整する: 第 2 回 Apache と PHP を最適化する
LAMP (Linux、Apache、MySQL、PHP/Perl) アーキテクチャーを使ったアプリケーションは次々と開発され、デプロイされています。しかし多くの場合、アプリケーションはサーバー管理者以外の人が作成したものであるため、サーバー管理者はアプリケーション自体をほとんどコントロールできません。この 3 回シリーズの記事では、アプリケーションのパフォーマンスを向上させる、あるいは低下させる、サーバー構成上のさまざまな項目について説明します。今回の第 2 回は、Apache と PHP を最適化するために必要なステップに焦点を当てます。
記事 2007/4/30
Linux カーネル仮想マシンを探る
Linux と柔軟性は切り離せないものですが、仮想化のオプションにしてもそれは同じことです。しかし最近では、カーネル仮想マシン (KVM) の登場によって Linux 仮想化の全体像が変わってきています。KVM は主流の Linux カーネル (V2.6.20) に統合される初の仮想化ソリューションです。Linux ゲスト・オペレーティング・システムの仮想化をサポートする KVM は、Windows でさえも仮想化を認識するハードウェアでサポートします。この記事で、Linux KVM のアーキテクチャーについて、そして Linux KVM と Linux カーネルとの統合が Linux の使い方を変えるかもしれない理由について学んでください。
記事 2007/4/18
LAMP システムを調整する: 第 1 回 LAMP アーキテクチャーを理解する
LAMP (Linux, Apache, MySQL, PHP/Perl) アーキテクチャーを使ったアプリケーションは次々と開発され、デプロイされています。しかし多くの場合、アプリケーションはサーバー管理者以外の人が作成したものであるため、サーバー管理者はアプリケーション自体をほとんどコントロールできません。この 3 回シリーズの記事では、アプリケーションのパフォーマンスを向上させる、あるいは低下させる、サーバー構成上のさまざまな項目について説明します。今回の第 1 回は、LAMP のアーキテクチャーと、測定を行うための方法、そして Linux のカーネルやディスク、ファイル・システムなどの基本的な調整方法について説明します。今後の記事では、Apache と MySQL、PHP のコンポーネントの調整方法について調べます。
記事 2007/3/31
PHP アプリケーションを高速に、より高速に、最高速にする、第 2 回: PHP アプリケーションをプロファイリングして遅いコードを発見し、診断し、高速化する
PHP アプリケーションが遅い場合には、プロファイラーを使うことによって、どこで時間が消費されているかを測定することができます。そうすれば、最も遅いステートメントやループ、関数、クラス、ライブラリーなどを見つけることができます。時間ではなくメモリーの使用量が問題の場合にも、適切なプロファイラーはコンポーネントのフットプリントを示してくれます。
記事 2007/3/06
PHP アプリケーションを高速に、より高速に、最高速にする、第 1 回: パフォーマンスとスループットをオペコード・キャッシュ・ソフトウェアで増強する
PHP は、Web アプリケーションの作成に最も頻繁に使用されるスクリプト言語です。PHP は学びやすく、目に見える結果を即座に作成します。しかし PHP はインタープリター型のため、PHP コードは実行の都度、構文解析とオペ・コードへの変換が必要です。オペ・コード・キャッシュによって、そうしたリワークがなくなり、PHP アプリケーションが高速化されます。
記事 2007/2/20
DB2/Informix とオープン・ソース: 腹黒い政治的策略に対するデータベースの防御
システム管理者にとって、システム・ダウンは最もストレスの多い出来事の 1 つです。この記事では、データベースのリアルタイム・モニターを作成する方法を紹介します。これにより、問題の発生時にアラートを受けられるようにするとともに、データベース・サーバーのステータスに関する貴重な情報を人々に提供できるようになります。焦点となるのは、責任を追及することではなく、問題を解消することです。リアルタイム・モニターは、アプリケーション管理者とネットワーク管理者にとって、システムの機能停止の原因を迅速に診断するための資産にもなります。データベース・ステータスを公開するための PHP ページを含め、監視用の完全なソース・コードが用意されています。
記事 2006/12/21
GNUプロファイラーによるコード処理速度の向上
アプリケーション性能の向上が無駄な作業に終わることはまずありませんが、プログラム実行時にどの部分で最も時間を費やしているのかは、常に明確になっているわけではありません。gprofを使用して、ユーザー空間およびLinux のシステム呼び出しの双方において、性能のボトルネックになっている部分を突き止める方法を説明します。
記事 2006/4/03
Linuxでの高可用性ミドルウェア、第3回: IBM LoadLeveler
ここではLoadLevelerに組み込みの高可用性機能を使ってLoadLevelerクラスターの高可用性を実現する方法、そしてオープン・ソースの高可用性ソフトウェアを使って、それをさらに強化する方法について学びます。
記事 2005/2/28
ccacheを使って共同作業のビルド時間を改善する
この記事ではccacheのビルド方法とインストール方法、またccacheを既存の環境でどのように使うか、さらにグループでの開発プロジェクトでビルド時間をいかに短縮するかについて説明します。
記事 2004/8/24
Linuxカーネルのストレス・テスト
ソフトウェアのテストを自動化することにより、同一のテストを一定期間に渡って行うことができるようになります。また自動化によって同じ種類のテスト結果を比較することで、確実に正確な評価ができるようになります。
記事 2004/6/30
Kexecを使ってLinuxの起動を早める
Kexecとは高速リブート機能で、bootloaderを通らずに新しいLinuxカーネルのリブートを可能にしてくれるものです。
記事 2004/5/04
ロード・バランシングとフェイルオーバーを目的としたWebSphere Application Server V5の使用
この記事では、IBM WebSphere Application Server Version 5(アプリケーション・サーバー)で、ロード・バランシングやフェイルオーバーをサポートするクラスターの設定方法について説明いたします。
記事 2003/7/01
PuffinによるWebアプリケーションのテスト: Puffinテスト・フレームワーク 第2回
最新バージョンのPuffinフレームワークでは、Web、ファイル、データベース、ソケット、コマンド行をはじめ、自動化できるアクションの幅が広がりました。この記事では、システムのアーキテクチャーの改良の背景にあるキーポイントとなる概念を紹介し、新たに拡張された使い方を検討します。
記事 2002/9/01
PuffinによるWebアプリケーションのテスト: Puffinテスト・フレームワーク 第1回
4回連載の第1回に当たる今回の記事では、Puffinテスト・システムを紹介します。Puffinは、Webアプリケーションをテストするためのオープン・ソース・フレームワークであり、最も複雑なWebアプリケーションにも対応したレグレッション・テストを作成することができます。
記事 2002/6/01
1 - 45 件のうちの 45 件
概要の表示 | 概要の非表示