製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

(0 製品)

(82 トピック)

(4 インダストリー)

(4 種類)

1 - 14 件のうちの 14 件
概要の表示 | 概要の非表示
結果の表示
タイトル none 種類 none 日付 down
STAF/STAX によるテストの自動化と継続的インテグレーション
リグレッション・テストとインクリメンタル・テストは、数百、あるいは数千もの要件で構成されるアプリケーションをテストする際に重要な役割を果たします。インクリメンタル・テストは手動で実行できる場合もありますが、リグレッション・テストには自動化ツールまたは自動化フレームワークが欠かせません。さまざまなオペレーティング・システム、アーキテクチャー、ミドルウェア・ソフトウェア (アプリケーション・サーバーやデータベースなど) に対応するのであれば、なおのこと自動化フレームワークが差し迫って必要になってきます。この記事では、STAF/STAX テスト自動化フレームワークについて概説し、STAF/STAX を使用して複雑なテスト・ベッドでのテストの自動化と継続的インテグレーションに対応するためのフレームワークを構築する方法を説明します。
記事 2013/6/06
デバッグ用フォーマット、DWARF と STAB
よく使われる 2 つの デバッグ用フォーマットである DWARF と STAB について詳しく学びましょう。そして DWARF フォーマットと STAB フォーマットを構成する UNIX 実行可能ファイルのデバッグ方法と分析方法について学びましょう。コンパイラーやデバッガーを扱うプログラマーにとって、また DWARF 情報や STAB 情報の読み書きに関心のあるすべての人にとって、この記事は特に興味深いはずです。
記事 2011/9/02
ダンプからデバッグする
Memory Analyzer は、Java プロセスのダンプからメモリー・リークやメモリー・フットプリントの問題を診断する強力なツールです。しかも、診断用のコードを組み込まなくても Java コードの実態を詳細に入手できるため、たった 1 つのダンプから難解な問題のデバッグをすることができます。この記事では、ダンプを生成する方法、そして生成したダンプを使ってアプリケーションの状態を調べる方法を学びます。
記事 2011/3/15
Perl を Python にポーティングする
レガシーの Perl を Python へポーティングする作業は、尻込みしたくなるような作業です。この記事では、レガシー・コードを扱う際のセオリーを、やってはならないことを含め、いくつか紹介します。
記事 2010/9/01
OpenLaszlo -- リッチ・インターネット・アプリケーションを素早く作成してデプロイするためのプラットフォーム
CPL (Common Public License) のもとにリリースされている、リッチ・インターネット・アプリケーション (RIA) の開発および配布を行うためのオープンソースのプラットフォーム、OpenLaszlo について学んでください。OpenLaszlo がベースとしている LZX は、XML と JavaScript の組み合わせからなるオブジェクト指向の言語です。OpenLaszlo で作成したリッチ・クライアント・アプリケーションは、特定のブラウザーやプラットフォームに依存することなく実行することができます。この記事では OpenLaszlo のアーキテクチャーおよび API についてサンプル・コードを示しながら説明します。また、基本的なデバッグ・ツールについても取り上げます。
記事 2010/2/09
Eclipse を使ってリモートで Java アプリケーションをデバッグする
Java アプリケーションのデバッグを必ずしもローカルのデスクトップ上で行う必要はありません。リモート・デバッグを構成するさまざまな接続タイプを使用して、デバッグ作業を分散させる方法を学びましょう。この記事では、リモートでのアプリケーションのデバッグをセットアップするための機能と例について説明し、そのデバッグ方法を示します。
記事 2008/12/09
CDT デバッガーとのインターフェース: 第 2 回 Eclipse の CDT と MI を使って gdb にアクセスする
Eclipse の CDT (C/C++ Development Tooling) で提供されるグラフィカルなデバッグ環境はほとんど完璧であり、ブレークポイント、ウォッチポイント、変数、レジスター、逆アセンブリー、シグナル、そしてメモリーなどの内容を表示することができます。この環境に機能を追加したり、あるいはこれらのビューにアクセスして出力を表示したりといったことを、カスタムのデバッガーから行うことができます。しかしまず、CDI (C/C++ Debugger Interface) を理解し、この CDI がどのように Eclipse と通信するかを理解する必要があります。第 1 回ではこの CDI を上位レベルで説明し、この記事では実際の例を紹介し、CDT が CDI と MI (Machine Interface) をどのように使って GNU Debugger とインターフェースを取るのかを学びます。
記事 2008/6/24
CDT デバッガーとのインターフェース: 第 1 回 C/C++ デバッガーのインターフェースを理解する
Eclipse の CDT (C/C++ Development Tooling) は C/C++ 開発用のオープンソース環境として最もよく知られたものの 1 つであり、その人気を支える大きな要素が CDT の持つ本格的なデバッガーです。一方、あまり知られていませんが、カスタムのデバッガーをサポートするために CDT フレームワークを拡張することができます。適切なプラグインを利用することにより、カスタムのデバッガーは CDT のグラフィカルなデバッグ環境のあらゆる機能を利用することができます (ステップごとのコード実行、ウォッチポイントの設定、ブレークポイントの設定、レジスターやメモリーの内容、そして変数の表示など)。こうしたプラグインの作成方法を、CDI (C/C++ Debugging Interface) に焦点を当てながら学びましょう。
記事 2008/6/10
Make をデバッグする
GNU make や System V make、Berkeley make などの make ユーティリティーは、アプリケーションのビルド・プロセスを効率化するための基本的なツールですが、お互いに少しずつ異なっています。この記事では、makefile の構造や makefile を作る際に犯しがちな誤りを防ぐ方法、移植性に関する問題への対処などについて学びます。また、その他の問題が発生した場合のための解決のヒントも解説します。
記事 2006/10/24
Graphvizによるファンクション・コールの視覚化
この記事では、オープン・ソース・ソフトウェアと少量のカスタム・グルー・コードを使用して、動的でグラフィカルなファンクション・コール・ジェネレーターを作成する方法を説明します。
記事 2005/6/21
Linux での Bugzilla を使用したバグの追跡
この記事では、Linux システムに Bugzilla をインストールするための段階的なガイドを示します。
記事 2005/3/18
Xenでのひととき: 仮想化したLinuxでアプリケーションをテストする
この記事では、Fedora Coreを使ってXenをインストールする方法を説明します。
記事 2005/3/15
Kprobesによるカーネルのデバッグ
Kprobesを2.6カーネルと組み合わせることによって軽量で影響を与えない強力な機構ができ、printkを動的に挿入できるようになります。
記事 2004/8/19
Linuxカーネルのストレス・テスト
ソフトウェアのテストを自動化することにより、同一のテストを一定期間に渡って行うことができるようになります。また自動化によって同じ種類のテスト結果を比較することで、確実に正確な評価ができるようになります。
記事 2004/6/30
1 - 14 件のうちの 14 件
概要の表示 | 概要の非表示