製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

(0 製品)

(82 トピック)

(4 インダストリー)

(4 種類)

1 - 12 件のうちの 12 件
概要の表示 | 概要の非表示
結果の表示
タイトル none 種類 none 日付 down
Linux カーネル 3.3 と 3.4 の紹介
2012年 3月、Linux カーネルのバージョン 3.3 がリリースされました (続いて 5 月にバージョン 3.4 がリリースされました)。これらのリリースでは、ちょっとした機能の追加やバグ修正が大量に行われたことに加え、いくつかの重要な変更が行われています。例えば、Google Android プロジェクトがマージされたこと、Open vSwitch がマージされたこと、ネットワーク機能に関する何点かの改善がなされたこと (チーミング・ネットワーク・デバイスなど)、ファイルシステム、メモリー管理、仮想化に関してさまざまな更新が行われたことなどが挙げられます。この記事では、バージョン 3.3 と 3.4 で行われた数多くの重要な変更について探り、バージョン 3.5 で予定されている変更についてもチラッと覗いてみましょう。
記事 2012/7/19
オペレーティング・システムでもあり、汎用プラットフォームでもある Linux についての考察
Linux はあらゆるところで使われています。小型のものであればスマートフォンから、インターネットの仮想バックボーン、そして大型のものであれば最強のスーパーコンピューターに至るまで、Linux が使われています。これらのプラットフォームに期待される機能の多様さを考えると、これほどまで広範に使われるようになるのは大変なことです。この記事では、Linux がいかに幅広く使用されており、小型機器や大型機器、そしてその中間のあらゆる機器をどれほどサポートしているかを説明します。
記事 2012/4/12
Python で KVM 用のスクリプトを作成する: 第 2 回 KVM を管理するための GUI を libvirt と Python を使用して追加する
KVM (Kernel-based Virtual Machine) を使用した仮想マシンを管理するためのスクリプトを Python で作成する方法をさらに詳しく探り、単純なステータス・ツールと表示ツールを拡張して GUI を追加する方法を学びましょう。
記事 2012/2/16
iptables を使用してファイアウォール機能を稼働させ、セキュリティーを制御する
iptables は Linux の標準的なファイアウォール・アプリケーションです。iptables は構成や管理が容易な一方、ハイエンドのファイアウォール・アプライアンスに期待されるような制御を行える強力さも備えています。この記事では、iptables を使用するにあたっての基本事項と、ファイアウォール・アプライアンスの障害時にファイアウォールの機能を回復する方法、さらにスモール・オフィスで iptables を使用する方法を説明します。
記事 2012/1/27
Linux SCSI サブシステムの徹底調査
SCSI (Small Computer Systems Interface) は多数のデバイス (主にストレージ関連のデバイス) と通信するためのインターフェースおよびプロトコルを定義する標準の集合で、Linux では SCSI サブシステムを提供し、これらのデバイスとの通信を可能にしています。Linux はディスク、CD-ROM ドライバーなどの上位レベルのドライバーを、Fibre Channel や SAS (Serial Attached SCSI) などの物理インターフェースに結び付ける階層化アーキテクチャーの格好の例です。この記事では、Linux の SCSI サブシステムを紹介し、このサブシステムの将来について検討します。
記事 2007/11/14
オープンソースで行こう!: 第2回 オープンソースライセンス事情を俯瞰する
フリーソフトやプロプライエタリなソフトウェアから「オープンソース」を区別しているのがライセンスになります。GPL、LGPL、Apache License……数多く存在するライセンスですが、それぞれの違いについてまとめましょう。
記事 2007/5/11
オープンソースで行こう!: 第5回 達人たちの秘密の隠れ家
OSS開発では、多様なコミュニティーによって業界横断的なイベントも多数行われています。ここでは、技術系の勉強会、会合を主宰されているお二人にインタビューし、コミュニティー活動の魅力を伺いました。
記事 2007/5/11
Git を使ってソース・コードを管理する
Git は、Linus Torvalds が開発した、Linux カーネルの開発を管理する上で役立つオープン・ソースのリビジョン・コントロール・ソフトウェアです。ダウンロードして、独自のカーネル・ハッキング、または自分自身のソフトウェア開発プロジェクトのために使うことができます。
記事 2006/7/06
Kprobesによるカーネルのデバッグ
Kprobesを2.6カーネルと組み合わせることによって軽量で影響を与えない強力な機構ができ、printkを動的に挿入できるようになります。
記事 2004/8/19
Linuxカーネルのストレス・テスト
ソフトウェアのテストを自動化することにより、同一のテストを一定期間に渡って行うことができるようになります。また自動化によって同じ種類のテスト結果を比較することで、確実に正確な評価ができるようになります。
記事 2004/6/30
Kexecを使ってLinuxの起動を早める
Kexecとは高速リブート機能で、bootloaderを通らずに新しいLinuxカーネルのリブートを可能にしてくれるものです。
記事 2004/5/04
Linux 2.6へ
ここではコード・サンプルを挙げながら、次期新カーネルの新しくなった部分を大小取り混ぜ、いくつか見ていこうと思います。
記事 2003/9/23
1 - 12 件のうちの 12 件
概要の表示 | 概要の非表示