製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

(0 製品)

(82 トピック)

(4 インダストリー)

(4 種類)

1 - 5 件のうちの 5 件
概要の表示 | 概要の非表示
結果の表示
タイトル none 種類 none 日付 none
PHP V5.3 では何が新しいのか: 第 1 回 オブジェクト・インターフェースに関する変更
PHP V5.3 は 2008年の終わりまでにリリースされる予定であり、このリリースの新機能の多くはこの数年間、計画段階にあったものです。元々「PHP V6 から Unicode のネイティブ・サポートを除いたもの」として宣伝されていた PHP V5.3 は、PHP V5 シリーズに豊富な機能を追加したアップグレードとして開発されました。PHP V5.3 は PHP V6 が登場する時までに開発者達が準備を整えるためのリリースとして設計されており、多くの新機能が追加され、既存の機能を調整することで機能が整理され、プラットフォーム固有の問題が修正され、そして今後のバージョンの PHP には含まれなくなる古い機能を非推奨としています。この「PHP V5.3 では何が新しいのか」シリーズでは、V5.3 のこうした新機能について調べ、その使い方や Web アプリケーションで新機能を使うための方法などを説明します。
記事 2008/11/11
PHP V5.3 では何が新しいのか: 第 3 回 名前空間
PHP V5.3 がまもなくリリースされようとしています。この「PHP V5.3 では何が新しいのか」シリーズでは、このリリースでの非常に興味がそそられる新しい機能について説明します。第 1 回では PHP V5.3 でのオブジェクト指向プログラミングに関する変更とオブジェクトの処理方法に関する変更を説明しました。第 2 回ではクロージャーとラムダ関数について説明しました。この第 3 回では名前空間について説明します。この PHP V5.3 リリースの機能の中で、名前空間は最も期待され、また最も議論が多かった機能の 1 つです。名前空間の概念を使うことで、同じ名前を持つ関数、クラス、定数などが何度も定義されてしまう問題を避けることができます。
記事 2009/1/20
PHP V5.3 では何が新しいのか: 第 5 回 PHP V5.2 からのアップグレード
この「PHP V5.3 では何が新しいのか」シリーズでは、まもなくリリースされようとしている PHP V5.3 の、非常に興味がそそられる新しい機能について説明します。第 1 回では PHP V5.3 でのオブジェクト指向プログラミングに関する変更とオブジェクトの処理方法に関する変更を説明しました。第 2 回ではラムダ関数とクロージャーについて説明しました。第 3 回では名前空間について説明しました。この PHP V5.3 リリースの機能の中で、名前空間は最も期待され、また最も議論が多かった機能の 1 つです。第 4 回では PHP 内部で使用されるアーカイブ・フォーマットである Phar の詳細について説明しました。このシリーズの最終回である今回は、PHP V5.2 からアップグレードする際に考慮すべき点について説明します。その内容としては、PHP V5.3 で行われた後方互換性がない変更や、今後のバージョンで削除されるために非推奨となった機能、さらには PHP の既存の機能に対して強化された機能についても説明します。
記事 2009/2/24
PHP V5.3 では何が新しいのか: 第 2 回 クロージャーとラムダ関数
この「PHP V5.3 では何が新しいのか」シリーズの記事では、2008年の末までにリリースされる予定の PHP V5.3 の、非常に興味がそそられる新しい機能について説明します。第 1 回では PHP V5.3 でのオブジェクト指向プログラミングに関する変更とオブジェクトの処理方法に関する変更を説明しました。第 2 回ではクロージャーとラムダ関数について説明します。クロージャーとラムダ関数を利用すると使い捨て関数を容易に定義することができ、それらを多くのコンテキストで使用できるため、プログラミングが容易になります。
記事 2008/12/09
PHP V5.3 では何が新しいのか: 第 4 回 : Phar アーカイブを作成し、使用する
PHP V5.3 がまもなくリリースされようとしています。この「PHP V5.3 では何が新しいのか」シリーズでは、このリリースの、非常に興味がそそられる新しい機能について説明します。第 1 回では PHP V5.3 でのオブジェクト指向プログラミングに関する変更とオブジェクトの処理方法に関する変更を説明しました。第 2 回ではクロージャーとラムダ関数について説明しました。そして第 3 回では名前空間について説明しました。この PHP V5.3 リリースの機能の中で、名前空間は最も期待され、また最も議論が多かった機能の 1 つです。この第 4 回では、PHP 内部で使用されるアーカイブ・フォーマットである Phar の詳細について説明します。Phar はファイルをアーカイブするために使用できるだけではなく、PHP アプリケーション全体を 1 つのファイルで提供して実行するためにも使用することができます。PHP では Phar を PECL リポジトリーの拡張モジュールとして使いますが、近々登場するバージョンでは Phar が PHP の正式な拡張モジュールとなります。
記事 2009/1/27
1 - 5 件のうちの 5 件
概要の表示 | 概要の非表示