製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

(0 製品)

(82 トピック)

(4 インダストリー)

(4 種類)

1 - 3 件のうちの 3 件
概要の表示 | 概要の非表示
結果の表示
タイトル none 種類 none 日付 none
オープンソース・クラウド・コンピューティングの実態: 第 3 回 クラウドの管理
前回までの記事で、自分のニーズを最適に満たすクラウド・コンピューティング・プラットフォームを選び、そのプラットフォーム上で実行するように適切に設計されたアプリケーションを用意できました。これで難関は越えた、と思っているかもしれませんが、先を急いではいけません。クラウド・アプリケーションの場合にも、自分が所有するサーバーでアプリケーションを実行する場合に懸念されるのと同じ、あらゆる事柄を検討しなければならないことに変わりはありません。そのなかには、デプロイメント、テスト、監視などが含まれますが、こうした作業は一筋縄ではいかない可能性があります。というのも、クラウド・アプリケーションは他の誰かのマシンで実行されることから、そのマシンにアクセスできなかったり、そのマシンについての情報がほとんどなかったりという事態が考えられるからです。連載「オープンソース・クラウド・コンピューティングの実態」を締めくくるこの記事では、クラウド内のアプリケーションの管理に役立ついくつかのオープンソースのツールと技術について学びます。
記事 2009/5/05
オープンソース・クラウド・コンピューティングの実態: 第 1 回 すべてのクラウドが同じというわけではありません
会社の CTO があなたにクラウド・コンピューティングに関する戦略を報告するよう言ってきました。しかも、明日中にです。選択肢はさまざまにあり、それぞれに違う点も似ている点もたくさんあります。この記事では、クラウド・コンピューティングに約束された能力を利用しようとしている組織のために、オープンソースの技術を中心に選択肢のいくつかを検討します。Amazon、Microsoft、Google、IBM、Aptana、Heroku、Mosso、Ning、そして Salesforce などのプロバイダーを取り上げ、それぞれのプラットフォームの利点と欠点を比較し、各プラットフォームでサポートされるオープンソースの技術および独自技術のタイプを調べます。この記事を読んで、ニーズに合ったプラットフォームを選び出す方法を学んでください。
記事 2009/4/07
オープンソース・クラウド・コンピューティングの実態: 第 2 回 クラウドに合わせた開発
「Write Once, Run Anywhere (一度書けば、どこででも実行できる)」という言い回しは、皆さんも耳にしたことがあるでしょう。しかし、クラウド内で実行するアプリケーションを作成する場合には、自分が何をしているのかをしっかり把握していなければなりません。連載「オープンソース・クラウド・コンピューティングの実態」の第 2 回では、PHP を使って Aptana クラウド・コンピューティング・プラットフォームで実行するアプリケーションを作成する方法を説明し、クラウド・アプリケーションの設計と従来の N 階層アプリケーションの設計との重要な違いについて詳しく探ります。これらの概念については、お馴染みのオープンソース技術を使用してクラウド・コンピューティングの利点を生かした一見単純そうなアプリケーションを用いて説明します。
記事 2009/4/14
1 - 3 件のうちの 3 件
概要の表示 | 概要の非表示