製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

(0 製品)

(82 トピック)

(4 インダストリー)

(4 種類)

1 - 3 件のうちの 3 件
概要の表示 | 概要の非表示
結果の表示
タイトル none 種類 none 日付 none
Google Web Toolkit、Apache Derby、Eclipse を使用して Ajax アプリケーションをビルドする 第 4 回: デプロイメント
この連載ではこれまで 3 回の記事で、GWT (Google Web Toolkit) を使って単純ながらも機能的な Web アプリケーションをビルドしました。今までは、GWT のホスト・モードを使用して、このアプリケーションを編集し、デバッグしてきました。そのため、Java 開発ツール内で Web サーバー環境をシミュレートできましたが、残念ながらすべてのユーザーにこの Web アプリケーションを実行するためだけに Eclipse をダウンロードしてもらうのは、現実的ではありません。そこで連載 4 回目となる今回の記事では、Java Web アプリケーション・サーバー内で GWT をデプロイする方法と、Apache Derby データベースを使って GWT を動作させる上でのヒントを紹介します。
記事 2007/2/27
Google Web Toolkit、Apache Derby、Eclipse を使用して Ajax アプリケーションをビルドする 第 1 回: 魅力的なフロントエンド
Google Web Toolkit (GWT) は、ユーザーの Web ブラウザーで動作する動的 JavaScript スクリプトを作成する上で大きな進歩となります。GWT では、開発者が馴染みの深い Java 技術で、ユーザー・インターフェース (UI) とイベント・モデルを設計できます。しかも、コードを主要な全ブラウザーに扱いやすくするという骨の折れる作業は GWT に任せることができるのです。連載第 1 回目のこの記事で、非同期 JavaScript + XML (Ajax) アプリケーションを作成しながらも Java 言語でコードを作成する方法をはじめとし、GWT の基礎知識を学んでください。この記事では、簡単なサンプル GWT アプリケーションとして、オンラインでピザを販売する Slicr という名前の最新の Web 2.0 ビジネスを作成して実行する方法も紹介します。
記事 2006/12/05
Google Web Toolkit、Apache Derby、Eclipse を使用して Ajax アプリケーションをビルドする 第 2 回: 信頼できるバックエンド
GWT (Google Web Toolkit) を使用した Ajax (Asynchronous JavaScript + XML) アプリケーションのビルド方法についての連載第 2 回目では、Web アプリケーションのための Apache Derby データベースをビルドして GWT の制御に使用する方法について学びます。第 1 回の記事では GWT の概要と、GWT を使用して Web アプリケーションのリッチ・クライアント・フロントエンドを作成する方法を紹介しました。今回は舞台裏に回り、データベース、そして GWT が使用できる形式にデータを変換するためのコードでバックエンドをセットアップする方法について学びます。この記事を読み終える頃には、フロントエンドとバックエンドが対話する準備が完了しているはずです。
記事 2007/1/23
1 - 3 件のうちの 3 件
概要の表示 | 概要の非表示