製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

(0 製品)

(82 トピック)

(4 インダストリー)

(4 種類)

1 - 3 件のうちの 3 件
概要の表示 | 概要の非表示
結果の表示
タイトル none 種類 none 日付 none
Google App Engine をベースに Eclipse を使用して作成するマッシュアップ: 第 1 回 アプリケーションを作成する
ソーシャル・ソフトウェアを活用することは、アプリケーションに価値を加える素晴らしい手段となり得ます。ソーシャル・ネットワークでは、画期的な新しい Web アプリケーションを作成するためのデータを容易に収集してマッシュアップできるからです。しかしそれでもやはり、スケーラブルな Web アプリケーションを作成する上で常に伴う問題のすべては、自分で処理しなければなりません。この部分の負担を軽くしてくれるのが、GAE (Google App Engine) です。GAE を使用すれば、アプリケーション・サーバーのプールの管理について一切忘れ、大量の静的コンテンツと動的データの保存について懸念することなく優れたマッシュアップを作成することに専念できます。この 3 回連載の「Google App Engine をベースに Eclipse を使用して作成するマッシュアップ」の第 1 回では、GAE アプリケーションの開発に取り掛かる方法を説明し、GAE 開発をさらに容易にするために、どのように Eclipse を利用するかを検討します。
記事 2008/8/05
Google App Engine をベースに Eclipse を使用して作成するマッシュアップ: 第 2 回 Ajax マッシュアップを構築する
ソーシャル・ネットワークでは、画期的な新しい Web アプリケーションを作成するためのデータを容易に収集してマッシュアップできるようになっていますが、それでも、スケーラブルな Web アプリケーションを作成する上で常に伴う問題のすべては自分で処理しなければなりません。この部分の負担を軽くしてくれるのが、GAE (Google App Engine) です。GAE を使用すれば、アプリケーション・サーバーのプールの管理について一切忘れ、優れたマッシュアップを作成することに専念できます。3 回連載の「Google App Engine をベースに Eclipse を使用して作成するマッシュアップ」の第 2 回目では、第 1 回で作成したアプリケーションを拡張します。まず、アプリケーションのパフォーマンスを改善するために GAE のデータ・モデリング機能を追加します。次に GAE の Memcache サービスを利用して、さらにパフォーマンスを改良していきます。
記事 2008/8/12
Google App Engine for Java: 第 1 回 開発をスピードアップ!
Google App Engine が Python 使いのためだけのものだった頃を覚えていますか?当時は Java 開発者にとって不遇の時代でした。しかし 2009年4月になってついに、Google Inc. はそのクラウド・コンピューティング・プラットフォームを Java 開発者に開放しました。この 3 回の連載記事では、Java 技術に関する書籍の著者であり、Java 技術の指導者でもある Rick Hightower が、この信頼性に優れた堅牢かつ面白みのある Java ベースの開発プラットフォームを使い始めるお手伝いをします。今回の記事では、Google App Engine for Java が非常にスケーラブルなキラー・アプリケーションのデプロイメント・プラットフォームとなる理由を概説した後、Google Plugin for Eclipse を使って 2 つのサンプル・アプリケーションを作成します。1 つは GWT (Google Web Toolkit) ベースのアプリケーション、もう 1 つは Java Servlet API ベースのアプリケーションです。これらのサンプル・アプリケーションの作成手順をとおして、アプリケーションを一から構築するという点、そしてそのアプリケーションを最大 500万件のアクセスに対応できるように調整してデプロイするという点で、Google App Engine for Java がもたらす違いを学んでください (しかも、Google App Engine for Java は無料です)。
記事 2009/8/11
1 - 3 件のうちの 3 件
概要の表示 | 概要の非表示