技術文書一覧

  • spacer 製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

    (0 製品)

    (85 トピック)

    (0 インダストリー)

    (3 種類)

クラウド・プラットフォーム IBM Bluemixで次のアプリを開発しましょう。

 

1 - 58 件のうちの 58 件 概要の表示 | 概要の非表示 検索結果に登録(RSS)

結果の表示
タイトル none 種類 none 日付 down
Linux の 101 試験対策: ランレベル、ブート・ターゲット、シャットダウン、リブート
Linux システムをシャットダウンまたはリブートする方法、ユーザーにシステムが停止することを警告する方法、そしてシステムの使い方にさまざまなレベルで制限を設けるためのランレベルを切り替える方法を学んでください。このチュートリアルの内容は、2015年 4月に更新された LPI の試験項目のバージョン 4.0 に対応しており、LPIC-1: Linux Server Professional Certification に備えて勉強するために利用することも、単にシャットダウン、リブート、そしてランレベルの変更について学ぶために利用することもできます。
記事 2016/7/07
Linux の 101 試験対策: LPIC-1 のロードマップ
このロードマップを利用して、基本的な Linux タスクの習得および復習に役立つ IBM developerWorks のチュートリアルを見つけてください。プロフェッショナルの Linux システム管理者として認定されることを目指しているとしたら、このロードマップで紹介するチュートリアルは、Linux Professional Institute の LPIC-1: Linux Server Professional Certification 101 試験および 102 試験に備えるためにも役立ちます。このロードマップは、101 試験と 102 試験の 43 の項目に従って編成されています。LPIC-1 の認定を取得するには、この 2 つの試験に合格する必要があります。
記事 2016/6/30
Linux の 101 試験対策: システム・ファイルの検索と配置
Linux システムでのファイルシステム階層標準 (Filesystem Hierarchy Standard: FHS) に従った正しいファイルの配置場所について学び、重要なファイルとコマンドを検索する方法を覚えてください。このチュートリアルの内容は、Linux のシステム管理者として認定するための LPI 101 試験に備えて勉強するために利用することも、単にファイルの編成および管理について調べるために利用することもできます。
記事 2016/5/26
Linux の 101 試験対策: ディスク・クォータの管理
個々のユーザーが許容されている容量以上のスペースを使用することや、ファイルシステム全体が思いがけずフルになることがないように、Linux ファイルシステムにディスク・クォータを設定してチェックする方法を学んでください。このチュートリアルの内容は、Linux のシステム管理者として認定するための LPI 101 試験に備えて勉強するために利用することも、クォータについて学ぶためだけに利用することもできます。
記事 2016/4/28
Linux の 101 試験対策: ハード・リンクとシンボリック・リンクの作成および変更
Linux システム上でファイルのハード・リンクとシンボリック・リンクを作成し、管理する方法を学んでください。このチュートリアルの内容は、Linux のシステム管理者として認定するための LPI 101 試験に備えて勉強するために利用することも、ハード・リンクとソフト・リンク (別名、シンボリック・リンク) の違いを探り、ファイルをコピーする代わりに、ファイルへのリンクを張る最善の方法を調べるためだけに利用することもできます。
記事 2016/4/21
Linux の 101 試験対策: ファイルのパーミッションと所有権の管理
Linux ファイルシステムでのファイルの所有権とパーミッションを管理する方法を学んでください。このチュートリアルでは、suid、sgid、スティッキー・ビットなどのアクセス・モードについて解説し、これらの機能を使用してセキュリティーを強化する方法を説明します。このチュートリアルの内容は、Linux のシステム管理者として認定するための LPI 101 試験に備えて勉強するために利用することも、ファイルの所有権、パーミッション、セキュリティーについて学ぶためだけに利用することもできます。
記事 2016/4/21
Linux の 101 試験対策: シェル環境のカスタマイズと使用
Linux シェル環境をカスタマイズして、単純な bash 関数を作成する方法を学んでください。このチュートリアルの内容は、Linux のシステム管理者として認定するための LPI 102 試験に備えて勉強するために利用することも、楽しんで学習するために利用することもできます。
記事 2016/4/14
Linux の 101 試験対策: システムのブート
Linux システムのブート・プロセスを操作する方法を学んでください。このチュートリアルの内容は、2015年 4月に更新された LPI の試験項目のバージョン 4.0 に対応しており、Linux システム管理者認定用の LPIC-1 101 試験に備えて勉強するために利用することも、単にブート・プロセスについて学習するために利用することもできます。
記事 2016/2/11
Linux の 101 試験対策: Debian によるパッケージ管理
Linux システムでパッケージをインストール、アップグレード、および管理する方法を学んでください。このチュートリアルで焦点とするパッケージ管理システムは、APT (Advanced Packaging Tool) です。APT は、Debian、そして Debian から派生した Ubuntu などのディストリビューションで使用されています。このチュートリアルの内容は、Linux システム管理者認定用の LPI 101 試験に備えて勉強するために利用することも、新しいソフトウェアを追加してシステムを最新の状態に維持する最善の方法を知るために利用することもできます。
記事 2016/1/07
Linux の 101 試験対策: ブート・マネージャーのインストール
Linux システムのブート・マネージャーを選択する方法、そして選択したブート・マネージャーを構成する方法を学んでください。このチュートリアルの内容は、Linux システム管理者認定用の LPI 101 試験に備えて勉強するために利用することも、楽しんで学習するために利用することもできます。
記事 2015/12/17
Linux の 101 試験対策: ハード・ディスクのレイアウト
Linux システムにおけるディスク・パーティションの構成を設計する方法を学んでください。Linux Professional Institute LPIC-1: Linux Server Professional Certification 101 試験に備えるためや、自ら活用するために学ぶ上で、このチュートリアルの内容を活用してください。
記事 2015/10/15
bash 例解: 第 2 回 bash による初歩のプログラミングの続編
bash に関する第 1 回の記事では、Daniel Robbins が、このスクリプト言語の基本要素を取り上げて、bash を使用するべき理由を示しました。この第 2 回の記事では、前回の続きから始めて、条件 (if-then) 文やループをはじめとする、bash の基本的な構成体について説明していきます。
記事 2013/8/08
Linux の101 試験対策: ハード・ディスクのレイアウト
Linux システムにおけるディスク・パーティションの構成を設計する方法を学んでください。この記事の内容は、Linux のシステム管理者として認定するための LPI 101 試験に備えるためにも、自ら活用するために学ぶ上でも役立ちます。
記事 2013/1/17
Linux ビギナーのための基本タスク
Windows を使い慣れているユーザーにとって、初めての Linux システムは、今までとは少し勝手が違うと思うことでしょう。Linux システムでおそらく最初に行うことになるであろうタスクの 1 つが、IBM の Linux 向け拡張ソフトウェアを始めとする追加のソフトウェアをインストールすることです。多くの場合、Linux システムにソフトウェアをインストールするには、まずログインし、タスクによってはスーパー・ユーザー (または root) に切り替えてからターミナル・ウィンドウまたはシェル・ウィンドウを開き、CD-ROM ドライブ、DVD ドライブ、または USB ドライブをマウントしなければなりません。この記事では、このような Linux ユーザーとしての初めてのタスクを含め、Linux の基本的なタスクについて説明します。
記事 2012/8/23
LPI 試験対策: ネットワーク・クライアントの管理
このチュートリアルは、Linux での中級レベルのネットワーク管理について取り上げる全 7 回からなるシリーズの第 5 回目です。今回も引き続き、David Mertz が LPI (Linux Professional Institute) の LPIC-2 (中級レベルの管理) 202 試験に備えるためのお手伝いをします。今回のチュートリアルではいくつかのプロトコルを取り上げ、ネットワーク内のクライアントのネットワーク設定を集中化して構成する方法をプロトコル別に検討します。DHCP は、IP アドレスの割り当てをはじめ、クライアント・マシンとの基本ハンドシェークを確立するために広く使われているプロトコルです。上位レベルでは、ネットワーク上のマシンの間で任意の情報を共有するために、NIS と (NIS よりも一般的な) LDAP が使用されています。このチュートリアルでは、柔軟でネットワーク化されたユーザー認証システム、PAM についても説明します。
記事 2012/8/02
Windows システム管理者のための Linux: GNOME デスクトップ・ツールを使って Linux を管理する
Linux で作業するということは、コマンドライン・ツールしか使えないということではありません。確かに、経験豊富な Linux 管理者のほとんどは、管理上の利便性と効率性からコマンドライン・ツールを使用していますが、GNOME プロジェクトが提供している優れたツールを使用すれば、グラフィカル・ユーザー・インターフェース (GUI) で Linux サーバーを管理することもできます。これらのツールを使用すると、Microsoft Windows の経験を生かして比較的すんなりと Linux に転向できることがわかるはずです。
記事 2012/7/26
Linux カーネル 3.3 と 3.4 の紹介
2012年 3月、Linux カーネルのバージョン 3.3 がリリースされました (続いて 5 月にバージョン 3.4 がリリースされました)。これらのリリースでは、ちょっとした機能の追加やバグ修正が大量に行われたことに加え、いくつかの重要な変更が行われています。例えば、Google Android プロジェクトがマージされたこと、Open vSwitch がマージされたこと、ネットワーク機能に関する何点かの改善がなされたこと (チーミング・ネットワーク・デバイスなど)、ファイルシステム、メモリー管理、仮想化に関してさまざまな更新が行われたことなどが挙げられます。この記事では、バージョン 3.3 と 3.4 で行われた数多くの重要な変更について探り、バージョン 3.5 で予定されている変更についてもチラッと覗いてみましょう。
記事 2012/7/19
Windows システム管理者のための Linux: Linux 上で動作するアプリケーションの実行方法を理解する
アプリケーションを使用することは、Linux サーバーの第一の目的です。新しくインストールしたアプリケーションをデスクトップまたはコマンドラインのどちらから実行するにしても、Microsoft Windows の経験を生かして Linux でアプリケーションを実行する方法を素早く理解するには、この記事が参考になります。
記事 2012/5/31
オペレーティング・システムでもあり、汎用プラットフォームでもある Linux についての考察
Linux はあらゆるところで使われています。小型のものであればスマートフォンから、インターネットの仮想バックボーン、そして大型のものであれば最強のスーパーコンピューターに至るまで、Linux が使われています。これらのプラットフォームに期待される機能の多様さを考えると、これほどまで広範に使われるようになるのは大変なことです。この記事では、Linux がいかに幅広く使用されており、小型機器や大型機器、そしてその中間のあらゆる機器をどれほどサポートしているかを説明します。
記事 2012/4/12
Window システム管理者のための Linux: 第 1 回 拡張ファイルシステムの管理および監視
Windows と Linux はそれぞれに異なるファイルシステム・アーキテクチャーを使用しますが、幸い Windows での経験があれば、すぐに Linux の拡張ファイルシステムを管理、監視する作業もこなせるようになります。この記事を参考に、Linux の拡張ファイルシステム・ファミリーについて詳しく学んでください。
記事 2012/2/16
Linux におけるシェルの進化
コンピューターで行う日常的なタスクのほとんどには、ポイント・アンド・クリック式のインターフェースで十分ですが、他の環境に勝る Linux の強みをフルに活かすには、GUI の殻を破ってコマンドラインを利用することが結局必要となってきます。利用できるコマンド・シェルには、bash から Korn シェル、C シェル、そして各種の特異なシェルまで、さまざまにあります。この記事を読んでシェルについて学び、自分に最も適したシェルを見つけてください。[注: リスト 2 とリスト 3 に、マイナーな変更を加えました。]
記事 2012/1/20
Linux の 101 試験対策: vi によるファイルの編集
ほとんどすべての UNIX および Linux システムに備わっている vi エディターの使用方法を学んでください。この記事の内容は、Linux のシステム管理者として認定するための LPI 101 試験に備えるためにも、自ら活用するために学ぶ上でも役立ちます。
記事 2010/2/10
Linux の 101 試験対策: 正規表現を使用したテキスト・ファイルの検索
正規表現を使用する方法、そして正規表現を使ってファイルシステム上のファイルの中身を検索する方法を学んでください。この記事の内容は、Linux のシステム管理者として認定するための LPI 101 試験に備えるためにも、自ら活用するために学ぶ上でも役立ちます。
記事 2010/2/03
Linux の 101 試験対策: プロセスの作成、モニター、およびプロセスへのシグナル送信
Linux でのプロセス管理について学んでください。この記事では、プロセスをフォアグラウンドとバックグラウンドとの間で切り替える方法、実行中のプロセスを調べる方法、プロセスへシグナルを送信する方法、そしてログアウト後も引き続きプロセスを実行させる方法を説明します。この記事の内容は、Linux のシステム管理者として認定するための LPI 101 試験に備えるためにも、自ら活用するために学ぶ上でも役立ちます。
記事 2010/2/02
Linux の 101 試験対策: プロセス実行の優先度
アプリケーションが必要とする処理時間を十分確保できるように、プロセスの優先度を設定および変更する方法を学んでください。この記事の内容は、Linux のシステム管理者として認定するための LPI 101 試験に備えるためにも、自ら活用するために学ぶ上でも役立ちます。
記事 2010/2/02
Linux の 101 試験対策: テキスト・ストリームとフィルター
テキストの操作には、カット・アンド・ペースト以外にもたくさんありますが、特に GUI を使用していないとなれば、テキスト操作の数の多さは尚更のことです。テキスト操作について、Linux Professional Institute Certification (LPIC) 101 試験に備えるため、または自ら活用するために学んでください。この記事では、Ian Shields が GNU テキスト・ユーティリティー・パッケージに含まれるフィルターを使用して Linux でテキストを操作する方法を手ほどきします。この記事を読み終わる頃には、エキスパートのごとくテキストを操作できるようになっているはずです。[注意深い読者からご指摘いただき、リスト 7 の最初の行を修正しました (編集者より)]
記事 2010/1/26
Linux の 101 試験対策: ストリーム、パイプ、リダイレクト
ストリーム、パイプと聞いて、Linux のエキスパートはまるで配管工のようだと思っているのなら、これを機会にストリームとパイプについて学んでください。今回の記事ではストリームをリダイレクトする方法と複数の出力に分割する方法、さらにストリームをコマンドの引数として使えるようにする方法も説明します。この記事の内容は、Linux のシステム管理者として認定するための LPI 101 試験に備えるためにも、自ら活用するために学ぶ上でも役に立ちます。
記事 2009/10/14
Linux の 101 試験対策: ファイルとディレクトリーの管理
皆さんもご存知だと思いますが、Linux では何もかもがファイルです。そこで、ファイルとディレクトリーの検索や表示、移動、コピー、アーカイブなど、管理の基礎をしっかり身に付けることが正しい道に踏み出すための一歩となります。この記事の内容は、Linux のシステム管理者として認定するための LPI 101 試験に備えるためにも、自ら活用するために学ぶ上でも役に立ちます。
記事 2009/10/06
Linux の 101 試験対策: Linux コマンドライン
GUI も確かに優れてはいるものの、Linux の真の実力を発揮させるのにコマンドラインに代わるものはありません。この記事では、Ian Shields が LPI 認定のための重要な機能を中心に、bash シェルの主要な機能の一部を紹介します。記事を読み終わる頃には、echo や exit などの基本的な Linux コマンドを使いこなせるだけでなく、環境変数の設定やシステム情報の収集も難なく行えるようになっているはずです。[リスト 8 に続く「注:」の最初の 2 つに記載されている ID (PID) を正しい ID に更新しました (編集者より)]
記事 2009/8/31
分散型の Web 開発の様相を変える Git
アプリケーション、Web サイト、オペレーティング・システムのどれを作成する場合であれ、バージョン管理システムは大部分の開発プロジェクトのコア・コンポーネントです。ほとんどのプロジェクトには複数の開発者が関係し、また多くの場合、そうした人達は物理的に遠く離れた場所で作業を行います。分散型のバージョン管理システムは決して新しいものではありませんが、Git バージョン管理システムは開発者同士のやり取りや共同作業をサポートする独特の機能を持っています。
記事 2009/8/25
コア・パートナー: 第 4 回 PlayStation 3 Wi-Fi ネットワークを管理する
Terra Soft Solutions 社の IT マネージャーである Aaron Johnson が、Cell Broadband Engine をベースとした Sony PlayStation 3に組み込まれた Wi-Fi ネットワークを構成し、暗号化する方法をステップバイステップで紹介します。さらに、PS3 で無線ネットワークを有線ネットワークに切り替える方法を説明する簡単な 16 のステップも学んでください。
記事 2008/6/17
Completely Fair Scheduler によるマルチプロセッシング
Linux 2.6.23 カーネルには、モジュール構成のスケジューラー・コアと、スケジューリング・モジュールとして実装される CFS (Completely Fair Scheduler) が付属しています。この記事では CFS の主な機能を紹介し、その動作を調べ、また少し先回りし、2.6.24 リリースで予定されている変更のいくつかを紹介します。
記事 2008/1/08
Linux on board: Nokia N800 のカメラにアクセスする
今回の「Linux on board」の 3 回からなるシリーズでは、カメラ機能を使ってウェブカメラを作成する実際の例をとおして、アプリケーションの作成をどのように始めればよいかを説明します。今回の記事では、Nokia N800 に搭載されているウェブカメラに GStreamer を使ってアクセスし、カメラ・アプリケーションの作成を始める手順を説明します。(この作業は皆さんが想像するほど大変なものではありません。その理由は何といっても既存のアプリケーションを利用しているためです。)
記事 2007/11/27
POSIX ファイル・ケイパビリティー root の権限を分配する
Linux は長年、ケイパビリティーを使用してきましたが、POSIX ファイル・ケイパビリティーが備わったのは最近のことです。POSIX ファイル・ケイパビリティーは root ユーザーの権限を、例えばファイルを読み取る機能や、別のユーザーが所有するプロセスをトレースする機能などの特権に分割します。このようなケイパビリティーをファイルに割り当てることで、特権を持たないユーザーでも、指定されたこれらの特権によってファイルを実行できるようにすることができます。この記事で、ケイパビリティーを使ったプログラミングの手法、そしてシステムの setuid root バイナリーがファイル・ケイパビリティーを使用できるようにする方法を学んでください。
記事 2007/10/16
マウント名前空間を適用する
ユーザーがシステム管理者の決めた構造に制約されることなく、独自のファイルシステムをセットアップできるようにすれば、ユーザーが自分のファイルシステムのツリーを部分的にエクスポートしたり、他のユーザーがエクスポートしたファイルシステムのツリーを自分のツリーにインポートしたりできるようになります。この記事では、マウント・プロパゲーションという手法を使って、Linux システム管理者がユーザーによるこのようなエクスポートとインポート操作を可能にする方法を順を追って説明します。
記事 2007/9/17
Linux通へのステップバイステップ: 第1回 ちょっぴりLinuxが語れるようになる基礎知識
Linuxディストリビューションは数多く、どれを選ぶか悩むところです。特にここ最近で各ディストリビューターやプロジェクトに動きがあり、数年前とは状況が変わってきています。ディストリビューション選びのポイントとなる部分を整理し、Linuxディストリビューションのいまを掌握していきましょう。
記事 2007/4/27
Linux通へのステップバイステップ: 第1回 ちょっぴりLinuxが語れるようになる基礎知識
記事 2007/4/27
Linux テキスト・ユーティティーでデータ抽出を簡易化する
Linux には UNIX で生成されたデータ抽出ユーティリティーが豊富に用意されています。例えば、head、tail、grep、egrep などです。この記事では実環境の例を用いて、これらの単純なコマンドライン・プログラムでシステム管理者としての手腕を上げる方法を紹介します。
記事 2006/8/09
Linuxメモリー・モデルの探究
これはLinux メモリー・モデルの概要についてのガイドです。ここでは、メモリーの構成方法と管理方法についての基礎を学習します。このガイドでは、セグメント制御ユニットとページング・モデルについて説明するとともに、物理メモリー・ゾーンについても詳しく見ていきます。Linuxで使われているメモリー・モデルを理解することは、Linuxの設計と実装について把握するための第1ステップです。
記事 2006/1/24
ブート・ローダー対決: LILO と GRUB について
ここでは、一般的なブート・ローダーの中から LILO と GRUB の 2 つの長所と短所について説明するとともに、お使いのマシンを最大限に活用するための各種設定について提案します。
記事 2005/8/24
なぜFreeBSDか
FreeBSDオペレーティング・システムは、フリー・オペレーティング・システムの未知の巨人です。386BSDプロジェクトから始まり、Intelチップとそのクローンを主な用途とした、きわめて高速なUNIXライクなオペレーティング・システムです。
記事 2005/7/19
独自のLinuxディストリビューションを作成する方法
この記事では、ソースでLinuxの基本を学び、自分専用のLinuxを作成する方法を学びます。
記事 2005/5/24
POWER アーキテクチャー開発者用ガイド
スーパーコンピューター、ゲーム機、サーバー、そして携帯電話などでPOWERプロセッサーは活躍しており、全てが共通のアーキテクチャーから形成されています。
記事 2004/3/30
Windows から Linux へのロードマップ: 第 1 回 Linux で考える
読者の運用スキルを Windows 環境から Linux 環境へ移行する道案内をしていきます。今回はまず、Linux と Windows の相違点と類似点を調べ、どうしたら何度も再起動を繰りかえさずにすむかを学びます。
記事 2003/11/11
Windows から Linux へのロードマップ: 第 8 回 バックアップと復元
今回は、システムに入っているものを保管します。復元とセキュリティを考慮した定期的なバックアップをどのように計画し、実行するかを説明します。
記事 2003/11/11
Windows から Linux へのロードマップ: 第 7 回 ネットワーキング
今回は Linux が最高に力を発揮する部分である、ネットワーク関連の機能に関して説明します。
記事 2003/11/11
Windows から Linux へのロードマップ: 第 5 回 Linux でのロギング
今回の記事では、セキュリティ面と情報源としての面からログの追跡や操作、置き換えについて説明します。
記事 2003/11/11
Windows から Linux へのロードマップ: 第 4 回 ユーザー管理
今回は Webmin インターフェースとコマンドラインの両方を使って、ユーザーとグループの追加と削除の仕方を見て行きます。
記事 2003/11/11
Windows から Linux へのロードマップ: 第 3 回 Webmin 入門
今回は Webmin をインストールし、その使い方を紹介します。Webmin はブラウザ・ベースの管理ツールで、これを使うことで Linux 等のプラットフォームでの管理・運営業務がグラフィカルなインターフェースから行えるようになります。
記事 2003/11/11
Windows から Linux へのロードマップ: シリーズの概要
IBM e ビジネス・アーキテクトである Chris Walden が、9 回の developerWorks シリーズで読者の運用スキルを Windows 環境から Linux 環境へ移行する道案内をしていきます。
記事 2003/11/11
Windows から Linux へのロードマップ: 第 6 回 パーティションとファイルシステムを扱う
今回は Linux の階層ディレクトリ構造について説明し、またデバイスのマウントについて調べます。
記事 2003/11/11
Windows から Linux へのロードマップ: 第 2 回 コンソール集中コース
今回は各種のシェルと、Linux コマンドのうち最も重要なもののいくつかを説明します。
記事 2003/11/11
ヒント: uniqを使って、重複する行を削除する
多くの場合、重複する行があっても問題とならないのですが、ときどきそれが問題となることがあります。uniq コマンドを使って、そのためのフィルターを作成するのに時間と手間を節約する方法を解説します。
記事 2003/4/03
ヒント: trを使ってファイルをフィルターにかける
sedの一番基本的な機能の多くは、trを使えば、非常に簡単に手に入れることができます。この記事では、その方法を紹介します。
記事 2003/3/12
ヒント: sortとtsortを使ってファイルを並べ換える
sort と tsort を使って、時間を節約し、頭痛の種を解消しましょう。PerlやAwkを利用した複雑な解決策に頼る必要はありません。この記事では、その方法をお教えします。
記事 2003/3/06
ヒント: headとtailを使って、テキスト・ストリームを切り分けて読む
今回の紹介するのは、head と tail の2つのコマンドです。これらのコマンドは、静的なファイルであろうと動的なファイルであろうと、データを一定量に切り分けて処理してくれます。
記事 2002/11/01
bash 例解: 第 3 回 ebuild システムの探訪
最後の bash 例解 の記事で、Daniel Robbins 氏は Gentoo Linux ebuild システムを取り上げています。これは bash のパワーを示す優れた例となっています。ebuild システムがどのように実装されるかを段階的に示し、数多くの手ごろな bash の技法や設計戦略に触れています。記事の終わりまでには、本格的な bash ベースのアプリケーションの製作に何が関係しているかを十分に把握し、独自の自動ビルド・システムのコーディングを始めることができるでしょう。
記事 2000/5/01
bash 例解: 第1回 Bourneシェルの生まれ変わり(bash)による初歩のプログラミング
bash スクリプト言語によるプログラミングを習得すると、Linux での日常的な作業がとても楽しく、一層生産的になるばかりか、これまで愛用してきた標準的な UNIX 構成体 (パイプラインやリダイレクションなど) をさらに拡張することも可能になります。この 3 回シリーズの連載記事では、Daniel Robbins 氏が bash プログラミングについて実例をまじえながら説明します。まずは初心者のために基本中の基本ともいうべき事柄を取り上げてから、少しずつ詳しい機能を織り混ぜてゆくことになるでしょう。
記事 2000/3/01

1 - 58 件のうちの 58 件 概要の表示 | 概要の非表示 検索結果に登録(RSS)