製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

(0 製品)

(85 トピック)

(0 インダストリー)

(3 種類)

1 - 213 件のうちの 100 件 | 次へ
概要の表示 | 概要の非表示
結果の表示
タイトル up 種類 none 日付 none
.NETアプリをLinux対応にするMono
この記事では、Monoをシステムにインストールする手順と、LinuxとMicrosoft(R) Windows(R)の両方で動作する、Monoによってコンパイルされた初めてのサンプルC#アプリケーションを開発する手順を説明します。
記事 2005/9/19
4 KB セクター・ディスクで Linux を使用する: 実用的なアドバイス
Advanced Format ディスクでは、より一般的な 512 バイトのセクターではなく、4,096 バイトのセクターが使用されます。この違いは、オペレーティング・システムのために 4,096 バイトの物理セクターを 512 バイト単位の論理セクターに分割するファームウェアによって表面的にはわからなくなっていますが、より大きなサイズの物理セクターを使用するということは、ディスクのレイアウトやシステムのパフォーマンスにも影響があるということです。この記事ではその影響について、いくつかの一般的な Linux ファイルシステムに実際に及ぶ可能性のある影響を示すベンチマーク・テストを交えて検討します。Advanced Format ディスクが標準的になっているなか、最適ではない構成による深刻なパフォーマンスの低下を回避したければ、これらのディスクに対処する方法を理解していることが不可欠のスキルとなります。
記事 2014/6/19
4KB セクター・ディスクで Linux を使用する: 実用的なアドバイス
2009年 12月以降、ハード・ディスク・メーカーは通常の 512 バイトのセクターではなく、4096 バイトのセクターを使用するディスクを導入するようになっています。この変化は、オペレーティング・システムのために 4096 バイトの物理セクターを 512 バイト単位の論理セクターに分割するファームウェアによって表面的にはわからなくなっていますが、サイズが大きくなった物理セクターを使用するということは、ディスクのレイアウトやシステムのパフォーマンスに影響をもたらします。この記事ではその影響について、一般的な Linux ファイルシステムに考えられる実際の影響を示すベンチマーク・テストを交えて検討します。2010年以降、4096 バイトのセクターを使用するディスクが普及するにつれ、これらの新しいディスクに対処するためのストラテジーがますます重要になってくるはずです。
記事 2010/4/27
64 ビット Linux での Power Architecture の Time Base Register
Power Architecture 技術の Time Base Register を使用し、PowerPC および Cell/B.E. (Cell Broadband Engine) マイクロプロセッサーで動作する Linux で、ナノ秒レベルの時刻を測定してください。この精度の高い時刻測定が役に立つアプリケーションとしては、トランザクション (通常は暗号化されるか、またはデジタル署名が付いた 1 回だけ使用されるメッセージ) へのタイムスタンプ付与、コードのプロファイル作成、そして微小時間の正確なソフトウェア遅延の実装などがあります。
記事 2007/4/04
Apache Pig でデータを処理する
Apache Pig は、Hadoop および MapReduce プラットフォームを使用して大規模な半構造化データ・セットに対してクエリーを実行するための手続き型高級言語です。Pig では分散されたデータ・セットに対して SQL のようなクエリーを使用できるようにすることで、Hadoop を簡単に使用できるようになっています。この記事を読んで Pig の背後にある言語を探り、単純な Hadoop クラスターで Pig を使用する方法を学んでください。
記事 2012/3/29
Apache Proxy のディレクティブ (mod_proxy) を使って LAMP セキュリティーを改善する
この記事では Nick Maynard が、Apache の mod_proxy モジュールを使って LAMP セットアップのセキュリティーを改善する方法の概要を説明します。この記事は Linux のみを対象としますが、ここで説明する原則のいくつかは、他のオペレーティング・システムにも適用することができます。
記事 2006/11/29
bash 例解: 第 2 回 bash による初歩のプログラミングの続編
bash に関する第 1 回の記事では、Daniel Robbins が、このスクリプト言語の基本要素を取り上げて、bash を使用するべき理由を示しました。この第 2 回の記事では、前回の続きから始めて、条件 (if-then) 文やループをはじめとする、bash の基本的な構成体について説明していきます。
記事 2013/8/08
Beagle Board で Linux をブートする
Beagle Board はオープン・ハードウェアによるシングルボード・コンピューターであり、安価であると同時に、満足できる程度の速さで Linux を実行することができます。この記事では、Beagle Board について学ぶと同時に、Linux 開発環境を安価で手に入れる方法も学びましょう。
記事 2009/8/18
Bluetooth と Serendipity サーバーを使ったモバイル・ロケーション・アウェアネス
ワイヤレス技術によって、私達 1 人 1 人のつながりは増えました。それと同時に、どこででも携帯電話が鳴るおかげで、私達の注意はそがれてしまうようになりました。もし、ワイヤレス技術によって、注意がそがれる程度を軽減できるとしたらどうでしょう。Bluetooth ベースの WPAN (wireless personal area network) と、Serendipity サーバーのようなソーシャル・ネットワーキング技術を使えば、それが可能なのです。
記事 2006/8/29
Cell/B.E. コンテナーの仮想化: 第 1 回 概念とアーキテクチャー、そしてツール
この 3 回連載の記事では、コンテナー仮想化 (オペレーティング・システム仮想化) として知られる、ハードウェア・リソースを中心としたソフトウェア仮想化について説明し、オープンソースのプロジェクトである OpenVZ を介してコンテナー仮想化の例を示します。ソフトウェアによる手法を使った Cell/B.E. プロセッサーの仮想化に必要なコンポーネントと手法のすべてを包括的に概説する連載の第 1 回目では、Cell/B.E. プロセッサーの仮想化に関連する基本概念、そして OpenVZ および Cell/B.E. アーキテクチャーの特徴と Cell/B.E. 上で OpenVZ がどのようにして動作するかを説明するとともに、OpenVZ ツールの一部を紹介します。
記事 2007/12/11
Cfengine を使用してインフラ管理を自動化する: 第 1 回 サーバーとクライアントをインストールする
Cfengine はデータ・センターの自動化ソリューションとして、世界のさまざまな組織で一般的に使われています。Cfengine は非常にスケーラブルであり、ラップトップ PC やデスクトップ PC、組み込み機器からメインフレームに至るまで、何万台ものマシンに対応することができます。この多用途で柔軟な技術を使用してデータ・センターの問題を解決する方法を学びましょう。
記事 2011/6/03
Cobbler によるシステム・インストールの自動化と管理
Cobbler はインストール・サーバーのセットアップと管理に必要なタスクを一元化することで、システムのプロビジョニングを容易に行えるようにします。この記事では、Cobbler に備わっている機能の一部を取り上げて紹介するとともに、Cobbler をインストールする方法、複数のクライアント・マシンを自動的にインストールするのに適した構成を作成する方法を説明します。
記事 2013/7/04
coLinux による仮想化
最近の仮想化には、VmWare、Xen、そして KVM (Kernel-based Virtual Machine) が盛んに使われていますが、Linux と Microsoft Windows を連携させて実行できることをご存知でしたか? この記事では Cooperative Linux (coLinux) に焦点を当て、仮想化の簡単な紹介から始めて、coLinux による仮想化の手法、そして Windows 上で coLinux を起動して動作させる方法を説明していきます。
記事 2007/3/31
coLinuxとopenMosixで異機種混合のクラスターを構成する
この記事では、coLinuxとopenMosixを組み合わせることによって、異機種混合環境においてハイ・パフォーマンスのクラスター・ミドルウェアを構築する方法について学びます。
記事 2005/2/01
DD-WRT に関する高度なヒントと手法を活用し、Linux の強力さを無線 LAN ルーターに追加する
DD-WRT は安価な無線 LAN ルーターに Linux ネットワーク・スタックのあらゆる機能を提供することで、コンシューマー向けのルーターを強力なネットワーク装置に変えます。DD-WRT をインストールしてセキュリティーを設定する方法について、また DD-WRT の GUI の背後にある強力で柔軟なコマンドラインについて学びましょう。
記事 2012/6/07
DD-WRT に関する高度なヒントと手法を活用し、Linux の強力さを無線 LAN ルーターに追加する
記事 2012/6/07
ext4 へのマイグレーション
歴代の Linux ファイルシステムのなかで最新の Ext4 は、今までのファイルシステムと同じように重要かつ人気のファイルシステムになりそうです。Linux システム管理者としては、その利点と欠点、そして ext4 にマイグレーションする際の基本手順を認識しておかなければなりません。この記事では、ext4 を導入するタイミング、従来のファイルシステム・メンテナンス・ツールの使い方を ext4 に適応させる方法、さらにこのファイルシステムを最大限利用する方法を説明します。
記事 2008/4/30
Fedora Live CD を作成する
Fedora Linux は一般的で成熟した Linux ディストリビューションであり、多くの人が Fedora をベースとした Live CD ディストリビューションを作成していますが、Fedora プロジェクト自体は 2006年の12月まで、最初の正式な Live CD をリリースしませんでした。Fedora Live CD 作成ツールである Pilgrim をリライトしたものを使って、使いやすい、独自のカスタム Live CD を作る方法を学びましょう。
記事 2007/2/28
Firefox 拡張機能を利用して Google カレンダーに暗号化機能を組み込む
最近の Web アプリケーションは、オンライン・ストレージ、オンライン・アクセス、オンライン・コラボレーションにさまざまなメリットをもたらしています。しかし、一部のアプリケーションは別としても、ユーザー・データを暗号化するアプリケーションはほとんどありません。この記事では、よく使われるオンライン・カレンダー・アプリケーションのユーザー・データに基本的な暗号化サポートを追加するために必要なツールとコードを紹介します。Firefox 拡張機能の非常に優れた柔軟性と Gnu Privacy Guard を利用して、Google のカレンダー・アプリケーションに暗号化された予定に関する記述のみを保存し、適切な復号化キーを持つユーザーには、この記述をプレーン・テキストで表示する方法を説明します。
記事 2008/7/15
Git を使ってソース・コードを管理する
Git は、Linus Torvalds が開発した、Linux カーネルの開発を管理する上で役立つオープン・ソースのリビジョン・コントロール・ソフトウェアです。ダウンロードして、独自のカーネル・ハッキング、または自分自身のソフトウェア開発プロジェクトのために使うことができます。
記事 2006/7/06
gKrypt を使用して瞬時にデータを保護する: 第 1 回
データの暗号化に GPGPU (General-Purpose computation on Graphics Processing Units) を使用する世界初のパッケージである gKrypt エンジンについて理解しましょう。gKrypt エンジンは情報セキュリティーの重要なツールであり、AES (Advanced Encryption Standard) ベースの 256 ビット・ブロック暗号を使用することで堅牢なセキュリティーを実現しています。この記事は全 2 回からなる連載の第 1 回目として、AES についての詳細、Rijndael アルゴリズムを Linux 用に GPU へポーティングする方法、AES アルゴリズムの並列化、そして NVIDIA ベースの GPU 用 CUDA をサポートする gKrypt エンジンの使用について説明します。
記事 2012/5/24
gKrypt を使用して瞬時にデータを保護する: 第 2 回
データの暗号化に GPGPU (General-Purpose computation on Graphics Processing Units) を使用する世界初のパッケージである gKrypt エンジンについて理解しましょう。gKrypt エンジンは AES (Advanced Encryption Standard) ベースの 256 ビット・ブロック暗号を使用します。この記事は AES 暗号化と gKrypt エンジンについて説明する全 2 回からなる連載の第 2 回目です。第 1 回では、まず gKrypt を紹介し、続いて AES アルゴリズムの詳細と、AES の並列処理、そして CUDA (Compute Unified Device Architecture) を使用した大規模な GPU アーキテクチャーに AES の処理を割り当てる方法を説明しました。この第 2 回では CUDA 上に AES を実装する方法について説明します。
記事 2012/6/07
GNOMEnclature: GNOME 2 に備える: 第1 回
developerWorks は、Linux ゾーンで好評の GNOMEnclature コラムを再開します。今回のコラムでは、CodeFactory のMikael Hallendal と Richard Hult の両氏が、新たな GNOME 2 プラットフォームを最大限に活用するために必要な内部情報を提供します。このシリーズによって、皆さんは GNOME 2 で使うことのできる改良された新しいライブラリーの使い方を学び、独自の Nautilusビュー、panel アプレット、その他さまざまなものの作成ができるようになるでしょう。今回の記事では、Mikael Hallendal 氏と Richard Hult氏が、GNOME 2 デスクトップ環境の新たな基盤である GTK+ 2 を分かりやすく紹介し、この連載を再開します。この記事を読み終える頃には、皆さんは、GTK+ 2 のサンプル・プログラムを記述し、コンパイルを行い、GTK+ 1 から GTK+ 2 への進化によって追加されたたくさんの機能を十分に理解することができるでしょう。
記事 2002/1/01
GNUプロファイラーによるコード処理速度の向上
アプリケーション性能の向上が無駄な作業に終わることはまずありませんが、プログラム実行時にどの部分で最も時間を費やしているのかは、常に明確になっているわけではありません。gprofを使用して、ユーザー空間およびLinux のシステム呼び出しの双方において、性能のボトルネックになっている部分を突き止める方法を説明します。
記事 2006/4/03
Hadoop による分散データ処理: 第 3 回 アプリケーション開発
xHadoop を単一ノードのアーキテクチャーと複数ノードのアーキテクチャーの両方で構成、インストール、そして使用する方法を習得できていれば、早速、Hadoop インフラストラクチャー内のアプリケーションを開発する作業に取り掛かれます。この連載の最後の記事では、Hadoop の API とデータ・フローについて詳しく探り、その使い方について、マッパー (mapper) とリデューサー (reducer) からなる単純なアプリケーションを例に説明します。
記事 2010/7/14
Hadoop のスケジューリング機能
この記事では、Hadoop のスケジューリング機能について説明し、今日利用できる 2 つのアルゴリズムである、フェア・スケジューリングとキャパシティー・スケジューリングについて詳しく探ります。また、これらのアルゴリズムの調整方法と、これらのアルゴリズムがどのようなシナリオに適しているのかについても説明します。
記事 2012/1/20
hostapd を使用した簡単な方法で WiFi に強力な暗号化を実装する
無線 LAN のセキュリティーは単純なものにしましょう。hostapd (Host Access Point デーモン) は企業レベルの規準を満たす確実な WiFi 暗号化を実現しますが、FreeRADIUS を実行することによるオーバーヘッドは一切ありません。この記事では、hostapd についての概要と、hostapd を環境に組み込む方法について説明します。
記事 2012/5/17
IBM AIX と Linux on Power の間でのプロセッサー使用率の違い ― 同一条件での比較
この記事では、IBM AIX と Linux on Power との間でプロセッサー使用率を比較するために、ネットワーク・ワークロードを利用して行った事例研究について説明します。また、同じワークロードを実行する場合でも、AIX プラットフォーム上で実行する場合と Linux on Power プラットフォーム上で実行する場合とでは、IBM Power ハードウェア上でレポートされるシステム全体でのプロセッサー使用率が著しく異なる理由についても探ります。
記事 2015/12/17
IBM BusyBox を使って組み込み Linux システムを単純化する
BusyBox は、多くの標準的な Linux® ユーティリティーを 1 つの実行可能プログラムとして実装したものです。BusyBox には、cat や echo のような単純なユーティリティーの他、grep や find、mount、telnet など、もっと大がかりで複雑なツールも含まれています (ただし、従来のバージョンよりもオプションは少なくなっています)。
記事 2006/8/15
IBM Cloud での高可用性アプリケーション
アプリケーションの開発者やアーキテクトは、IBM Cloud の新しい機能を利用することで、アプリケーションの単一障害点を解消することができます。この記事では、これらの新機能について詳細に説明します。具体的には、IBM Cloud に採用されている手法 (仮想 IP アドレスのサポートの追加) や、この機能を利用できるようにクラウドのインスタンスを準備する方法、高可用性 Web サイトを構築する方法、そしてそのサイトをテストする方法について説明します。
記事 2011/1/10
IBM Cloud と IBM Containers を利用して、Linux ベースのチェス・アプリをクラウド上に配置する
WebSocket を使用して既存の Linux CLI チェス・エンジンをクラウド・サービスとして公開する Docker コンテナーを作成してください。このチュートリアルでは、Docker コンテナーを作成し、それを実行中のコンテナーとして IBM Containers for IBM Cloud にデプロイするプロセスをステップ・バイ・ステップで説明します。チュートリアルにはサンプル・コードの他、ブラウザー内で実行されて WebSocket ベースのサービスを使用する方法を説明する JavaScript チェス・ゲームも付属しています。ここでデモする手法を適用すれば、ほぼすべてのパイプ・ベースの Linux アプリケーションをコンテナー化し IBM Cloud 上でクラウド・サービスとして利用することができます。
記事 2017/11/24
IBM Installation Toolkit: Linux on POWER をロードする
IBM Installation Toolkit for Linux on POWER によって、仮想化された Power マシンでも仮想化されていない Power マシンでも Linux のインストールを簡単なものにすることができ、ブート可能なレスキュー DVD を作成することができます。そしてこのツールキットは Power プラットフォームのすべてを活用するために必要なソフトウェアを提供しています。このツールキットを使って、Red Hat Enterprise Linux と SUSE Linux Enterprise Server を IBM System p マシンと System i5 マシンにインストールする方法を学びましょう。
記事 2007/9/26
IBM Power Systems 上で稼働する場合の Scylla のパフォーマンス
Scylla は、Apache Cassandra との互換性を備えたオープンソースの NoSQL データベースです。スケーラビリティーやパフォーマンスという重要な点で、Scylla は Cassandra よりも優れています。IBM POWER8 プロセッサー・ベースのサーバーを使用して Scylla をテストしたところ、データベースの読み取り処理と書き込み処理の両方で、卓越したスループットを発揮しました。この記事では、IBM POWER プロセッサー・ベースのサーバーを使用して行ったテスト、そのパフォーマンス結果、そして IBM POWER プロセッサー・ベースのサーバーで Scylla を実行する価値について説明します。
記事 2019/1/10
IBM Power Systems 上の Hortonworks で利用できる ISV ソリューション・エコシステム
この記事では、IBM Power System 上の Linux で稼働する Hortonworks Data Platform (HDP) の機能を増補するために利用できる ISV ソリューションをリストアップします。これらのソリューションのカテゴリーは、ビジネス・インテリジェンス (ツール) から先進的なアナリティクスまで、多岐にわたります。
記事 2018/12/25
IBM POWER8 上で稼働する Hortonworks Data Platform (HDP) を使用した SAS ソフトウェア
この記事では、SAS が Hortonworks Data Platform (HDP) 上に保管されているデータにアクセスし、そのデータを分析できるようにするために、SAS/ACCESS Interface to Hadoop を使用して環境をセットアップする方法を説明します。この環境は、IBM POWER8 プロセッサー・ベースのサーバー上で稼働します。
記事 2017/11/16
IBM SmartCloud Enterprise についてのヒント: Linux Logical Volume Manager を構成する
この記事では、Linux LVM (Logical Volume Manager) を使用して 64-bit Linux インスタンスをセットアップする方法 (Bronze オファリングから始めます)、プライベート・イメージを取得して、そのイメージから新しいインスタンスを異なるオファリング (Platinum オファリング) としてデプロイする方法、そして LVM ボリュームとファイルシステムを拡張して新しい物理ボリュームを収容する方法を説明します。さらにLinux LVM タイプのパーティションを使って LVM を複数の物理ボリュームにわたって構成し、管理する方法についても説明します。
ヒント 2011/6/17
IBM System p での SLES (SUSE) と RHEL (Red Hat) の比較
大半のシステム管理者は、IBM System p に Linux をインストールしようと計画すると重要な問題に突き当たります。それは、どの Linux ディストリビューションをインストールするべきかという問題です。そこで、この記事では Red Hat と Novell による 2 つのディストリビューションを比較し、それぞれの利点と欠点を検討します。さらに、LoP (Linux on POWER) について取り上げ、2 つのディストリビューションの歴史とその IBM との関わり、そして決定プロセスのなかで考慮しなければならない要素について説明します。そして最後に、論理ボリュームを作成する際に欠かせない SLES (SuSE Linux Enterprise Server) と RHEL (Red Hat Enterprise Linux) の比較検討を行います。
記事 2008/11/18
IBM XL コンパイラーにおける OpenMP サポート
Fortran および C/C++ 用の Linux on Power リトルエンディアン対応 IBM XL コンパイラーは、OpenMP API V3.1 の機能に加え、V4.0 から選り抜いた一部の機能をサポートしています。これにより、コンパイラーでマルチコア・ハードウェアを利用してパフォーマンスを高めることが可能になっています。この記事では、最新の XL コンパイラーでサポートされている OpenMP の機能について説明します。さらに、これらの新しい機能を使用する利点を明らかにする例も記載します。
記事 2015/9/10
IBM z Systems の IBM XL C/C++ コンパイラーとインライン・アセンブリーを使用してパフォーマンスを向上させる
IBM XL C/C++ for Linux on z Systems コンパイラーのバージョン 1 が 2015年にリリースされました。Linux on z Systems 向けの IBM コンパイラーでインライン・アセンブリー機能がサポートされたのは、今回が初めてです。インライン・アセンブリーを利用すると、ソフトウェア技術者はアプリケーションの中で最もパフォーマンスに影響する部分をアセンブラーでハンドコーディングすることで、アプリケーションの実行にかかる時間をさらに縮めることができます。この機能は、IBM z Systems のハードウェアの優位性とプログラマーの才能を最大限活かすことで、ハイパフォーマンス・アプリケーションの開発を実現します。この記事は、z Systems のインライン・アセンブリーで使用するアセンブラー命令について紹介することを目的としています。対象とする読者は、IBM XL C/C++ for Linux on z Systems コンパイラーが提供している最適化の範囲を超えて、z Systems 上の高速なアプリケーションの中で最もパフォーマンスに影響するコード部分を微調整したいと思っている上級ソフトウェア技術者です。
記事 2015/10/22
Informix Dynamic Server MACH 11 のための Linux 共有ディスクを構成する
IBM Informix Dynamic Server (IDS) Version 11.50 用の真の共有ディスクを構成する方法を学びましょう。この記事では IDS の SD (Shared Disk) セカンダリー・サーバーを Ubuntu Linux 上にセットアップして稼働させる方法を説明します。ここで説明する方法は他の Linux ディストリビューションにも容易に応用することができます。
記事 2009/3/05
iptables を使用してファイアウォール機能を稼働させ、セキュリティーを制御する
iptables は Linux の標準的なファイアウォール・アプリケーションです。iptables は構成や管理が容易な一方、ハイエンドのファイアウォール・アプライアンスに期待されるような制御を行える強力さも備えています。この記事では、iptables を使用するにあたっての基本事項と、ファイアウォール・アプライアンスの障害時にファイアウォールの機能を回復する方法、さらにスモール・オフィスで iptables を使用する方法を説明します。
記事 2012/1/27
Kprobesによるカーネルのデバッグ
Kprobesを2.6カーネルと組み合わせることによって軽量で影響を与えない強力な機構ができ、printkを動的に挿入できるようになります。
記事 2004/8/19
KVM 仮想化を使用する
ほとんどの Linux システムでは、仮想マシン (VM) を作成およびサポートするためのデフォルトのオープンソース・メカニズムを、これまで使用していた Xen からカーネルベースの仮想マシン (KVM: Kernel-based Virtual Machine) へと大々的に置き換えています。こうした変化の背景にあるのは、技術に関する問題ではなく、主にビルドやサポートに関する問題ですが、仮想化に関心を持つ多くの企業の IT グループは現実問題として、KVM に使用される管理コマンドや制御ツールについて学ぶ必要があります。同様に、既に Xen 仮想化に投資をしていて KVM に移行しようとする IT 企業は、VM を作り直すのではなく、可能な限り既存の VM を KVM でサポートされるフォーマットに変換する必要があります。
記事 2014/4/24
LAMP アプリケーションのパフォーマンス・チューニングを行う 5 つの簡単な方法
現在使用されている Web サーバー・アーキテクチャーのなかで、LAMP (Linux, Apache, MySQL, and PHP) アーキテクチャーは最も高い人気を集めている選択肢の 1 つです。この記事では、著者の John Mertic が、あらゆる LAMP アプリケーションでパフォーマンスを最適化するために実践するとよい 5 つの方法について詳しく説明します。
記事 2011/1/25
LAMP アプリケーションを Bluemix にマイグレーションする
昔ながらの LAMP アプリケーション (Drupal) を IBM Bluemix にマイグレーションする方法を学んでください。
記事 2015/11/12
LAMP システムを調整する: 第 1 回 LAMP アーキテクチャーを理解する
LAMP (Linux, Apache, MySQL, PHP/Perl) アーキテクチャーを使ったアプリケーションは次々と開発され、デプロイされています。しかし多くの場合、アプリケーションはサーバー管理者以外の人が作成したものであるため、サーバー管理者はアプリケーション自体をほとんどコントロールできません。この 3 回シリーズの記事では、アプリケーションのパフォーマンスを向上させる、あるいは低下させる、サーバー構成上のさまざまな項目について説明します。今回の第 1 回は、LAMP のアーキテクチャーと、測定を行うための方法、そして Linux のカーネルやディスク、ファイル・システムなどの基本的な調整方法について説明します。今後の記事では、Apache と MySQL、PHP のコンポーネントの調整方法について調べます。
記事 2007/3/31
LAMP システムを調整する: 第 2 回 Apache と PHP を最適化する
LAMP (Linux、Apache、MySQL、PHP/Perl) アーキテクチャーを使ったアプリケーションは次々と開発され、デプロイされています。しかし多くの場合、アプリケーションはサーバー管理者以外の人が作成したものであるため、サーバー管理者はアプリケーション自体をほとんどコントロールできません。この 3 回シリーズの記事では、アプリケーションのパフォーマンスを向上させる、あるいは低下させる、サーバー構成上のさまざまな項目について説明します。今回の第 2 回は、Apache と PHP を最適化するために必要なステップに焦点を当てます。
記事 2007/4/30
LAMP システムを調整する: 第 3 回 MySQL サーバーを調整する
LAMP (Linux、Apache、MySQL、PHP/Perl) アーキテクチャーを使ったアプリケーションは次々と開発され、デプロイされています。しかし多くの場合、アプリケーションはサーバー管理者以外の人が作成したものであるため、サーバー管理者はアプリケーション自体をほとんど制御することができません。この 3 回シリーズの記事では、アプリケーションのパフォーマンスを向上させる、あるいは低下させる、サーバー構成上のさまざまな項目について説明します。シリーズ最終回の今回は、最大の効率を実現するためにデータベース・レイヤーを調整する方法について説明します。
記事 2007/6/07
Lexとyaccでコードをビルドする 第1回: 導入
この記事は2回構成の第1回として、lexやyaccがどんなことをするものなのかを説明し、またこれらを使って簡単な作業を行う方法を紹介します。
記事 2004/8/11
libvirt と Linux 監査サブシステムを使用して KVM のゲストを追跡する
libvirt は Linux ホスト上の仮想環境を管理するための重要なツールです。監視、コンプライアンス、科学的犯罪捜査、その他の目的のために、libvirt の実行中にホストで発生するイベントの監査証跡が必要になる場合がしばしばあります。この記事では、libvirt によって行われた処理をホスト上の Linux 監査サブシステムを使用して追跡する方法、それらのイベントと他のホストのイベントとを関連付け、libvirt を通じて行われた変更を一貫性のある包括的な方法で表示する方法について説明します。
記事 2012/7/05
Linux on POWER のパフォーマンスを評価する
コンパイル言語 (C または C++) 環境に焦点を当てた Linux on POWER のパフォーマンス問題を評価する方法を学んでください。この記事では、POWER7 の CPI モデルを解説し、一般に入手できる Linux ツールを使って潜在的な CPU ストール、パイプライン・ハザード、そしてパフォーマンス問題を明らかにする方法を具体的に紹介します。最後のセクションでは、POWER7 のアルゴリズムを分析し、最適化を行います。
記事 2012/7/12
Linux on Power への移植: 妥当な移植結果を最良の移植結果に変えるための 5 つのヒント
Linux on x86 から Linux on Power に移植するのは通常は簡単なことです。けれども開発者は、コンパイル、リンク、またはランタイムのエラーやパフォーマンスの問題を顕著にする可能性のある、この 2 つの間の違いを認識しておく必要があります。この記事では、こうした違いをリストアップし、修正、改善、対処する際の手法を説明します。Linux on x86 と Linux on Power の間の違いとその軽減手法を認識しておくと、可能な限り短時間で、移植作業から最良の結果を出せるようになります。
記事 2019/1/24
Linux on POWERにEclipseをインストールし、使用する
この記事では、Eclipseのインストールと使い方の解説として、特にIBM POWERプロセッサー・ベースのシステムで実行するLinuxにEclipseをインストールし、使用する方法を学びます。また、サンプルのJava プログラムとCプログラムを通して、Eclipseを使ってアプリケーションをコンパイルし、実行する方法も学びます。
記事 2006/5/05
Linux on POWERの動的論理パーティショニング
この記事は、Linux on Powerシステム管理者またはアプリケーション開発者を対象として、Linuxで動的LPARを有効にする方法、動的LPARを使用してパーティションのリソースを制御する方法、およびこれらのリソースの変化を調べる方法を解説します。
記事 2005/9/29
Linux on x86 から Linux on Power へのアプリケーション移植ガイド
この記事では、わかりやすいステップ・バイ・ステップのプロセスに沿って、Linux C/C++ アプリケーションを x86 プラットフォーム (Intel または AMD) から IBM PowerLinux に移植する方法を説明します。まず、この移植を行うための準備として何が必要かを説明してから、32 ビットまたは 64 ビットの x86 コードを PowerLinux 上で実行する場合の実装のヒントを紹介します。
記事 2014/10/09
Linux OS を SmartCloud for Enterprise にインポートする方法
IBM SmartCloud Enterprise 2.0 でイメージ取り込み機能が使えるようになり、Linux システムのイメージをクラウドに取り込めるようになりましたが、作業を効果的に進めるには、正式に提供されている情報に加えて、この記事で紹介されている秘訣が役に立ちます。IBM SmartCloud for Enterprise に CentOS や Ubuntu のいろいろなバージョンを取り込んだ経験に基づき、イメージやメタデータの準備の仕方、必要なツール、作業環境の構築方法、作業上のトラブル対応のための秘訣をご説明します。
記事 2012/4/05
Linux PD-障害発生時の金科玉条: 第6回 PDツールでシステムの内部情報に迫れ(後編)
過負荷状態となったとき、OSの内部ではどのような動作が行われているのでしょうか。ここでは、幾つかのツールを使用して、ステータスの解釈やデータ分析を行ってみましょう。問題を解決するには、まず問題を知れ、です。
記事 2007/4/27
Linux での Bugzilla を使用したバグの追跡
この記事では、Linux システムに Bugzilla をインストールするための段階的なガイドを示します。
記事 2005/3/18
Linux におけるシェルの進化
コンピューターで行う日常的なタスクのほとんどには、ポイント・アンド・クリック式のインターフェースで十分ですが、他の環境に勝る Linux の強みをフルに活かすには、GUI の殻を破ってコマンドラインを利用することが結局必要となってきます。利用できるコマンド・シェルには、bash から Korn シェル、C シェル、そして各種の特異なシェルまで、さまざまにあります。この記事を読んでシェルについて学び、自分に最も適したシェルを見つけてください。[注: リスト 2 とリスト 3 に、マイナーな変更を加えました。]
記事 2012/1/20
Linux によるクラウド・コンピューティング
クラウド・コンピューティングとストレージは、物理リソース (プロセッサー、ストレージなど) をインターネットで拡張可能かつ共有可能なリソース (「サービス」としてのコンピューティングとストレージ) に変身させます。この物理リソースのサービスへの変換は、仮想化によって一段とスケーラブルかつ効率的になります。ここで言っている仮想化は新しい概念というわけではなく、サーバーを仮想化して物理システムを共有できるようにするということです。クラウド・コンピューティングでは、ユーザーは実際のリソースがどこにあるのか、そしてリソースがどのように構成されているのかを知らなくても、大量のコンピューティング・リソースやストレージ・リソースにアクセスすることができます。ここで大きな役割を果たすのは、ご想像のとおり Linux です。この記事を読んで、クラウド・コンピューティングについて、そして雲の向こうにどうしてペンギンがいるのか (インターネットの向こうになぜ Linux が必要なのか) を理解してくだい。
記事 2009/2/11
Linux の 101 試験対策: Debian によるパッケージ管理
Linux システムでパッケージをインストール、アップグレード、および管理する方法を学んでください。このチュートリアルで焦点とするパッケージ管理システムは、APT (Advanced Packaging Tool) です。APT は、Debian、そして Debian から派生した Ubuntu などのディストリビューションで使用されています。このチュートリアルの内容は、Linux システム管理者認定用の LPI 101 試験に備えて勉強するために利用することも、新しいソフトウェアを追加してシステムを最新の状態に維持する最善の方法を知るために利用することもできます。
記事 2016/1/07
Linux の 101 試験対策: Linux コマンドライン
GUI も確かに優れてはいるものの、Linux の真の実力を発揮させるのにコマンドラインに代わるものはありません。この記事では、Ian Shields が LPI 認定のための重要な機能を中心に、bash シェルの主要な機能の一部を紹介します。記事を読み終わる頃には、echo や exit などの基本的な Linux コマンドを使いこなせるだけでなく、環境変数の設定やシステム情報の収集も難なく行えるようになっているはずです。[リスト 8 に続く「注:」の最初の 2 つに記載されている ID (PID) を正しい ID に更新しました (編集者より)]
記事 2009/8/31
Linux の 101 試験対策: LPIC-1 のロードマップ
このロードマップを利用して、基本的な Linux タスクの習得および復習に役立つ IBM developerWorks のチュートリアルを見つけてください。プロフェッショナルの Linux システム管理者として認定されることを目指しているとしたら、このロードマップで紹介するチュートリアルは、Linux Professional Institute の LPIC-1: Linux Server Professional Certification 101 試験および 102 試験に備えるためにも役立ちます。このロードマップは、101 試験と 102 試験の 43 の項目に従って編成されています。LPIC-1 の認定を取得するには、この 2 つの試験に合格する必要があります。
記事 2016/6/30
Linux の 101 試験対策: RPM および YUM によるパッケージ管理
Linux システム上でパッケージをインストール、アップグレード、そして管理する方法を学んでください。このチュートリアルで焦点とするパッケージ管理ツールは、Red Hat によって開発された RPM (Red Hat Package Manager) と、当初はデューク大学物理学部で Red Hat Linux システムを管理するために開発された YUM (Yellowdog Updater Modified) です。このチュートリアルの内容は、Linux のシステム管理者として認定するための LPI 101 試験に備えて勉強するために利用することも、単に新しいソフトウェアを追加してシステムを最新の状態に維持する最善の方法を探るために利用することもできます。
記事 2016/7/07
Linux の 101 試験対策: vi によるファイルの編集
ほとんどすべての UNIX および Linux システムに備わっている vi エディターの使用方法を学んでください。この記事の内容は、Linux のシステム管理者として認定するための LPI 101 試験に備えるためにも、自ら活用するために学ぶ上でも役立ちます。
記事 2010/2/10
Linux の 101 試験対策: シェル環境のカスタマイズと使用
Linux シェル環境をカスタマイズして、単純な bash 関数を作成する方法を学んでください。このチュートリアルの内容は、Linux のシステム管理者として認定するための LPI 102 試験に備えて勉強するために利用することも、楽しんで学習するために利用することもできます。
記事 2016/4/14
Linux の 101 試験対策: システム・ファイルの検索と配置
Linux システムでのファイルシステム階層標準 (Filesystem Hierarchy Standard: FHS) に従った正しいファイルの配置場所について学び、重要なファイルとコマンドを検索する方法を覚えてください。このチュートリアルの内容は、Linux のシステム管理者として認定するための LPI 101 試験に備えて勉強するために利用することも、単にファイルの編成および管理について調べるために利用することもできます。
記事 2016/5/26
Linux の 101 試験対策: テキスト・ストリームとフィルター
テキストの操作には、カット・アンド・ペースト以外にもたくさんありますが、特に GUI を使用していないとなれば、テキスト操作の数の多さは尚更のことです。テキスト操作について、Linux Professional Institute Certification (LPIC) 101 試験に備えるため、または自ら活用するために学んでください。この記事では、Ian Shields が GNU テキスト・ユーティリティー・パッケージに含まれるフィルターを使用して Linux でテキストを操作する方法を手ほどきします。この記事を読み終わる頃には、エキスパートのごとくテキストを操作できるようになっているはずです。[注意深い読者からご指摘いただき、リスト 7 の最初の行を修正しました (編集者より)]
記事 2010/1/26
Linux の 101 試験対策: ディスク・クォータの管理
個々のユーザーが許容されている容量以上のスペースを使用することや、ファイルシステム全体が思いがけずフルになることがないように、Linux ファイルシステムにディスク・クォータを設定してチェックする方法を学んでください。このチュートリアルの内容は、Linux のシステム管理者として認定するための LPI 101 試験に備えて勉強するために利用することも、クォータについて学ぶためだけに利用することもできます。
記事 2016/4/28
Linux の 101 試験対策: ハードウェア設定の構成
コンピューター・ハードウェアを Linux 用にセットアップする方法と、ハードウェアに関する情報を Linux のコマンドとツールで調べる方法を学んでください。このチュートリアルの内容は、Linux システム管理者認定用の LPIC-1 101 試験に備えて勉強するために利用することも、楽しんで学習するために利用することもできます。
記事 2017/6/29
Linux の 101 試験対策: ハード・ディスクのレイアウト
Linux システムにおけるディスク・パーティションの構成を設計する方法を学んでください。Linux Professional Institute LPIC-1: Linux Server Professional Certification 101 試験に備えるためや、自ら活用するために学ぶ上で、このチュートリアルの内容を活用してください。
記事 2015/10/15
Linux の 101 試験対策: ハード・リンクとシンボリック・リンクの作成および変更
Linux システム上でファイルのハード・リンクとシンボリック・リンクを作成し、管理する方法を学んでください。このチュートリアルの内容は、Linux のシステム管理者として認定するための LPI 101 試験に備えて勉強するために利用することも、ハード・リンクとソフト・リンク (別名、シンボリック・リンク) の違いを探り、ファイルをコピーする代わりに、ファイルへのリンクを張る最善の方法を調べるためだけに利用することもできます。
記事 2016/4/21
Linux の 101 試験対策: パーティションおよびファイルシステムの作成
ディスク・ドライブにパーティションを作成する方法、そしてパーティションをフォーマットして、Linux システムでスワップ領域またはデータ領域として使用する方法を学んでください。Linux Professional Institute の LPIC-1: Linux Server Professional Certification 101 試験に備えて勉強するためや、単にパーティションと Linux ファイルシステムについて学んで自分で使用するために、このチュートリアルの内容を利用してください。
記事 2016/4/21
Linux の 101 試験対策: ファイルのパーミッションと所有権の管理
Linux ファイルシステムでのファイルの所有権とパーミッションを管理する方法を学んでください。このチュートリアルでは、suid、sgid、スティッキー・ビットなどのアクセス・モードについて解説し、これらの機能を使用してセキュリティーを強化する方法を説明します。このチュートリアルの内容は、Linux のシステム管理者として認定するための LPI 101 試験に備えて勉強するために利用することも、ファイルの所有権、パーミッション、セキュリティーについて学ぶためだけに利用することもできます。
記事 2016/4/21
Linux の 101 試験対策: ファイルシステムのマウント、アンマウントの制御
Linux ファイルシステムをマウントする方法、USB や IEE 1394 などのリムーバブル・デバイスを構成して使用する方法、そしてフロッピーディスク、CD、DVD に正しくアクセスする方法を学んでください。この記事の内容は、Linux のシステム管理者として認定するための LPI 101 試験に備えるためにも、Linux ファイルシステムにアクセスする方法を学ぶ上でも役立ちます。
記事 2010/10/20
Linux の 101 試験対策: ファイルシステムのマウント、アンマウントの制御
Linux ファイルシステムをマウントする方法、USB や IEE 1394 などのリムーバブル・デバイスを構成して使用する方法、そしてフロッピーディスク、CD、DVD に正しくアクセスする方法を学んでください。このチュートリアルの内容は、Linux のシステム管理者として認定するための LPI 101 試験に備えて勉強するために利用することも、単に Linux ファイルシステムにアクセスする方法を学ぶために利用することもできます。
記事 2016/4/28
Linux の 101 試験対策: ファイルシステムの整合性の維持
Linux ファイルシステムの整合性をチェックする方法、空きスペースを監視する方法、そしてファイルシステムでの単純な問題を修復する方法を学んでください。Linux のシステム管理者として認定するための LPI (Linux Professional Institute) 101 試験に備えて勉強するために、そしてシステムが損傷した後や電源断が発生した後は言うまでもなく、単にファイルシステムをチェックして、良好な状態に保つために、このチュートリアルの内容を利用してください。
記事 2017/8/10
Linux の 101 試験対策: プロセスの作成、モニター、およびプロセスへのシグナル送信
Linux でのプロセス管理について学んでください。この記事では、プロセスをフォアグラウンドとバックグラウンドとの間で切り替える方法、実行中のプロセスを調べる方法、プロセスへシグナルを送信する方法、そしてログアウト後も引き続きプロセスを実行させる方法を説明します。この記事の内容は、Linux のシステム管理者として認定するための LPI 101 試験に備えるためにも、自ら活用するために学ぶ上でも役立ちます。
記事 2010/2/02
Linux の 101 試験対策: プロセス実行の優先度
アプリケーションが必要とする処理時間を十分確保できるように、プロセスの優先度を設定および変更する方法を学んでください。この記事の内容は、Linux のシステム管理者として認定するための LPI 101 試験に備えるためにも、自ら活用するために学ぶ上でも役立ちます。
記事 2010/2/02
Linux の 101 試験対策: ランレベル、ブート・ターゲット、シャットダウン、リブート
Linux システムをシャットダウンまたはリブートする方法、ユーザーにシステムが停止することを警告する方法、そしてシステムの使い方にさまざまなレベルで制限を設けるためのランレベルを切り替える方法を学んでください。このチュートリアルの内容は、2015年 4月に更新された LPI の試験項目のバージョン 4.0 に対応しており、LPIC-1: Linux Server Professional Certification に備えて勉強するために利用することも、単にシャットダウン、リブート、そしてランレベルの変更について学ぶために利用することもできます。
記事 2016/7/07
Linux の 101 試験対策: 共有ライブラリーの管理
どの共有ライブラリーに Linux の実行可能プログラムが依存しているのかを判断する方法、またそれらのライブラリーをロードする方法を学びましょう。このチュートリアルの内容は、Linux システム管理者認定用の LPI 101 試験に備えて勉強するために利用することも、楽しんで学習するために利用することもできます。
記事 2015/12/17
Linux の 101 試験対策: 正規表現を使用したテキスト・ファイルの検索
正規表現を使用する方法、そして正規表現を使ってファイルシステム上のファイルの中身を検索する方法を学んでください。この記事の内容は、Linux のシステム管理者として認定するための LPI 101 試験に備えるためにも、自ら活用するために学ぶ上でも役立ちます。
記事 2010/2/03
Linux の 302 (Mixed Environment) 試験対策: Active Directory との統合
Windows 2000 のリリースを機に、Microsoft ではディレクトリー・サービスとして Active Directory を導入しました。その後のバージョンで、Active Directory は Active Directory Domain Services (AD DS) と改名されています。AD DS は、リソース管理には定評のある LDAP を利用し、認証には Kerberos を用い、名前解決の際には DNS と密に連携します。現在すでに AD DS を使用している場合、そこに Linux サーバーを連携させれば、Linux のプリント・サービスおよびファイル・サービスの ID 管理と保守を一元化するのに役立ちますが、Linux サーバーと AD DS との連携はそう簡単には行かない可能性があります。幸い、ディレクトリー・サービスを変更することなく Linux と AD DS を連携させるためのソリューションがあります。それが Samba です。[注: 読者からのフィードバックを基に、リスト 4 のキャプションを修正し、「net コマンドを使用する」セクションの内容をわかりやすくしました。]
記事 2012/1/20
Linux の 302 (Mixed Environment) 試験対策: CIFS 連携
Linux コンピューターは、Windows ネットワークでサーバーとして機能するだけではありません。クライアントを兼ねることも、あるいはサーバーではなくクライアントとして機能することもできます。その場合、ftp のようなプログラムによってファイルを転送してサーバーを変更するか、Samba またはWindows サーバー・マシンから Linux コンピューターに共有をマウントして、通常のプログラムがサーバー上のファイルに直接アクセスできるようにします。けれどもそうするには、オリジナルの SMB プロトコルとその拡張である CIFS の特徴に留意しなければなりません。このことは特に、Windows Server マシンにアクセスする場合に当てはまります。Windows Server マシンの場合、Linux コンピューターがサポートするすべてのファイルシステム機能にアクセスできるとは限らないからです。
記事 2011/11/25
Linux の 302 (Mixed Environment) 試験対策: NetBIOS と WINS
SMB/CIFS ネットワークでの命名方法は他とは異なります。最近のクライアントはインターネット・ドメイン名を使用して互いを参照できるようになっていますが、古いクライアントは、WINS (Windows Internet Name Service) サーバーとして知られる Microsoft 独自のシステム、つまり NBNS (NetBIOS Name Server) に依存していたからです (WINS と NBNS は同義語です)。従って、名前解決のために Samba を適切に構成することが重要となります。さらに、サーバーが特定のサーバー上で使用可能な共有を知るためのメカニズムであるブラウジングの構成も同じく重要です。
記事 2011/12/09
Linux の 302 (Mixed Environment) 試験対策: Samba セキュリティー
システム管理者のための LPIC (Linux Professional Institute Certification) の LPI-302 試験に備えるために、Samba をセキュアに構成する方法と、Samba のセキュリティーに関する問題をトラブルシューティングする方法を学んでください。
記事 2012/1/27
Linux の 302 (Mixed Environment) 試験対策: Windows クライアントの操作
UNIX および Linux マシンを Samba サーバーのクライアントにすることはできるものの、Samba サーバーのクライアントのほとんどが実行するのは Windows です。したがって、Windows クライアントから Samba サーバーに接続できるようにするための Windows の機能の使用方法を知っておく必要があります。また、例えば問題が発生した場合には、Linux マシンで特定の Samba コマンドを使用すると、問題のデバッグに役立ちます。
記事 2012/1/13
Linux の 302 (Mixed Environment) 試験対策: ユーザー・アカウントとグループの管理
ユーザー・アカウントとグループ・アカウントを管理しているとしたら気付くと思いますが、複数の OS が混在する環境では、ユーザーがこれらのアカウントを常にシームレスに使用できるとは限りません。これはユーザーにとっても、システム管理者にとっても、苛立たしい事態です。幸い、Samba スイートにはアカウントの管理プロセスを支援するツールがあります。この記事で、混在環境でのユーザー・アカウントとグループ・アカウントを管理する方法を学んでください。
記事 2011/11/18
Linux の 302 (Mixed Environment) 試験対策: 国際化
複数の OS が混在する環境で英語以外の文字を使用する場合、ロケールが関係してくるため、文字コードとコード・ページについて理解する必要があります。さらに、Linux 環境と Windows 環境では、名前空間を同じように解釈しないことも理解していなければなりません。Samba は国際化をサポートしますが、古い Windows クライアントや Samba 2.x で作業している場合、あるいは Unicode 以外の特定の文字セットを使用しなければならないとしたら、構成を多少調整する必要があります。環境でどのロケールを使用するかによっては、変換ライブラリーを作成したり、変換ライブラリーにパッチをあてたりする必要が生じる場合もあります。この記事から、Linux 環境で国際化を行う方法を学んでください。
記事 2011/11/04
Linux の 302 (Mixed Environment) 試験対策: 認証と承認
システム管理者のための、LPIC (Linux Professional Institute Certification) の LPI-302 試験に備えるために、パスワードをセットアップして保存する方法、Samba と LDAP を統合する方法、そして ACL を使用して Linux インストール済み環境を保護する方法を学んでください。
記事 2011/11/11
Linux の101 試験対策: ハード・ディスクのレイアウト
Linux システムにおけるディスク・パーティションの構成を設計する方法を学んでください。この記事の内容は、Linux のシステム管理者として認定するための LPI 101 試験に備えるためにも、自ら活用するために学ぶ上でも役立ちます。
記事 2013/1/17
Linux のコマンド・ラインを使用して IBM Cloud にインスタンスを作成する
Linux のコマンド・ラインを使用して IBM SmartCloud Enterprise 環境にインスタンスを作成する方法を学びましょう。この記事では、単純なスクリプトを使用して複数のインスタンスを作成する方法についても説明します。
記事 2011/1/05
Linux のヒント: Bash のテスト関数と比較関数
皆さんは、Bash シェルの膨大なテスト・オプションや比較オプションで混乱していないでしょうか。このヒントでは、さまざまなタイプのファイル・テストや算術テスト、文字列テストの神秘を解き明かします。このヒントによって、どういう場合に test や [ ]、[[ ]]、(( ))、あるいは if-then-else といった構成体を使うべきかを理解できるはずです。
記事 2007/2/20
Linux のヒント: cron と at を使ったジョブ・スケジューリング
皆さんはシステム使用率が低い真夜中にジョブを実行しなければなりません。あるいは毎日、あるいは毎週ジョブを実行しなければならないかもしれません。しかし皆さんは、そんなことをするよりも眠りたい、あるいは他の方法で人生を楽しみたいと思うはずです。そういうときにジョブをスケジューリングすると役立ちますが、ジョブをスケジューリングすると、ルーチン・タスクを自動的に行わせることができたり、またタスクを必ず毎回同じ方法で処理することができます。このヒントでは、定期的に、あるいは将来のある時点で、ジョブが実行されるようにスケジューリングするために、cron 機能と at 機能を使う方法について説明します。
記事 2007/7/18
Linux のヒント: CUPS を使って DVI ファイルを印刷する
皆さんは、Linux で DVI ファイルや他のファイルを印刷しようとして「unsupported format」メッセージを受け取ったことはないでしょうか。このヒントでは、既存のツールを組み合わせて DVI ファイル印刷用の CUPS プリント・フィルターを作成する方法を説明します。
記事 2007/2/07
Linux のヒント: スケジュール・ジョブの持続時間をコントロールする
例えば皆さんが、真夜中に 30 分間、いくつかのトレースを実行することで面倒な問題をデバッグしなければならない、あるいは単純に、Linux システムを目覚まし時計として使いたいとしましょう。このヒントは、cron や at の機能を使って開始したジョブを、一定時間実行した後に、あるいは他の判断基準を満たした時に、停止する方法について説明します。このヒントは AppleTalk ネットワーキング・パッケージ (Netatalk) での timeout コマンドに関する情報を含むように変更されました (編集者より)。
ヒント 2007/8/02
Linux アプリケーションを Amazon クラウドにマイグレーションする: 第 1 回 初期マイグレーション
クラウド・コンピューティングと IaaS (Infrastructure as a Service) については、十分なドキュメントがありますが、稼働中のアプリケーションをクラウド環境に移す方法について説明したドキュメントはほとんどありません。この連載で、アプリケーションをクラウドに移す方法、そしてクラウドが提供する機能を利用する方法を学んでください。第 1 回では、物理サーバーからクラウド・サーバーに直接マイグレーションする方法を説明します。
記事 2010/7/13
Linux アプリケーションを Amazon クラウドにマイグレーションする: 第 2 回 アプリケーションの信頼性の向上
この記事では、Linux アプリケーションを Amazon クラウドにマイグレーションする方法を説明する連載の第 2 回として、ロード・バランサーと永続ディスクを取り入れることによって、アプリケーションをより堅牢なものにします。複数のサーバーを使用して、データを安全にバックアップする方法を学んでください。
記事 2010/8/03
Linux アプリケーションを Amazon クラウドにマイグレーションする: 第 3 回 スケーラビリティーの確立
この連載ではこれまで、サンプル Linux アプリケーションをクラウドにマイグレーションし、信頼性に関する基本的な機能を構成してきました。アプリケーションを Amazon クラウドにマイグレーションする方法について説明する連載の第 3 回目となる今回は、いよいよクラウドが持つ動的な性質を利用します。その方法は、負荷に応じてインフラストラクチャーを拡大縮小することです。さらに、静的アセットの一部をクラウドのエッジに保管するようにアプリケーションを更新します。
記事 2010/10/06
Linux カーネル 3.3 と 3.4 の紹介
2012年 3月、Linux カーネルのバージョン 3.3 がリリースされました (続いて 5 月にバージョン 3.4 がリリースされました)。これらのリリースでは、ちょっとした機能の追加やバグ修正が大量に行われたことに加え、いくつかの重要な変更が行われています。例えば、Google Android プロジェクトがマージされたこと、Open vSwitch がマージされたこと、ネットワーク機能に関する何点かの改善がなされたこと (チーミング・ネットワーク・デバイスなど)、ファイルシステム、メモリー管理、仮想化に関してさまざまな更新が行われたことなどが挙げられます。この記事では、バージョン 3.3 と 3.4 で行われた数多くの重要な変更について探り、バージョン 3.5 で予定されている変更についてもチラッと覗いてみましょう。
記事 2012/7/19
1 - 213 件のうちの 100 件 | 次へ
概要の表示 | 概要の非表示